新世紀エヴァンゲリオン

シン・エヴァンゲリオン劇場版で明かされる謎・伏線・考察まとめて解説!エヴァに残された謎とは?

エヴァンゲリオン新劇場版シリーズの最終章である、シン・エヴァンゲリオン劇場版の公開に向けて、エヴァに残された謎や伏線、考察をまとめて紹介していきます!

シン・エヴァンゲリオン劇場版の予習にもなりますので、ぜひ最後までご覧ください!

エヴァの世界に残された謎・伏線まとめ

空白の14年間で何が起きたのか

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

エヴァ「破」とその次作「Q」には14年間の空白の期間が存在しています。

エヴァ「破」のラストでは、エヴァ初号機が綾波レイ(リリスの魂) を取り込んで、疑似シン化第2形態になりサードインパクトを起こしかけたところを、エヴァMark6に乗っ現れたカヲルが、カシウスの槍で初号機のコアを貫いて停止させました。

カシウスの槍で貫かれた初号機引用:(C)カラー/EVA製作委員会

その後に流れた次回予告では、下記の通りに語られています。

  • レイとシンジを取り込んだまま凍結されるエヴァ初号機
  • 廃棄される要塞都市
  • 幽閉されるネルフ関係者
  • ドグマへと投下されるエヴァ六号機
  • 胎動するエヴァ八号機とそのパイロット
  • 遂に集う運命を仕組まれた子供達
引用:(C)カラー/EVA製作委員会

いつものミサトの語りによる次回予告ですが、エヴァ「破」を見終えた人は、この詳細がエヴァ「Q」で描かれることを期待したと思いますが、世界は一気に14年後の世界に飛んでしまい、主人公の碇シンジ同様に、視聴者も浦島太郎状態になりました。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

上述の内容が実際に起こったのか保証はありません。破とQには公開までに3年の期間があり、その間に脚本を変えた可能性も否定はできません。

また、シンジが引き起こした『ニアサードインパクト』が止められており、実際に世界を崩壊させた『サードインパクト』は、ドグマに投下されたエヴァMark6とリリスの接触によって起きたものという説も存在しています。

ただ、いずれの説も明確な根拠はなく、推測の域を出ません。

ただ、この空白の14年間がシン・エヴァンゲリオンの世界を作っており、この14年間に触れずにこれ以上突き進むと視聴者をどんどん置いてけぼりにしてしまうので、早期の説明が待たれます・・・

エヴァの呪縛の正体とは?

アスカ©カラー/EVA製作委員会

エヴァ「Q」においてアスカの口から「エヴァの呪縛」という新しいワードが飛び出しました。

14年の歳月が経過しているにも関わらず、アスカは全く外見が変わっていませんでした。アスカはそれを「エヴァの呪縛」と語っていました。

真希波・マリ・イラストリアスも見た目がほとんど変わっていないことから、エヴァパイロット特有の症状と見られます。

今現在、「エヴァの呪縛」の正体は、エヴァとの融合が進み過ぎて、人間ではない人外の存在になってしまうことと推察されます。

アスカは「破」でバルディルに侵食された3号機に搭乗していた際に、人間ではいられなくなる危険水域である、プラグ深度100まで降下していました。

バルディル侵食の一件で、アスカは、使徒の精神汚染の可能性を踏まえて隔離されることとなり、14年後のQではすでにエヴァの呪縛にかかっている状態でした。

14年経っても見た目の年齢が変わらなかったり、時折、目が青い光を放つなど、人外の特徴を備えている点からも、エヴァの呪縛は人を使徒など人外のものに変えるものなのでしょう。

アスカ©カラー/EVA製作委員会

アスカが人のことを『リリン』と呼んで、まるで自分とは異なる存在であるかのように、語っている点も根拠になります。

このエヴァの呪縛は物語の核心に迫る重要な概念であり、詳細の説明が待たれます・・・!

ネブカドネザルの鍵の正体とは?

ネブカドネザルの鍵引用:(C)カラー/EVA製作委員会

エヴァ「破」で、加持リョウジは碇ゲンドウに「ネブカドネザルの鍵」なるものを渡していました。

旧劇場版で加持さんがゲンドウに渡したのは『アダム』であり、ここで旧劇と新劇で差異が生まれています。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

加持さんがゲンドウに渡す際に『予備として保管されていたロストナンバー。神と魂を紡ぐ、道しるべですね。』と語っていました。

ゲンドウと加持リョウジ引用:(C)カラー/EVA製作委員会

旧劇場版では、ゲンドウが自らが主導で人類補完計画を実行するために、加持リョウジから託されたアダムを手に移植して、綾波レイ(リリス)との禁じられた融合によるサードインパクトの発動を試みました。(綾波レイに拒絶されて失敗しました)

そのため「ネブカドネザルの鍵」も、ゲンドウが碇ユイ再会のために使用する何かであることは間違いなさそうです。

加持リョウジの言う、「神と魂をつなぐ」というのは、「神」はアダム、リリス、もしくはアダムから作られたエヴァとも解釈ができます。「魂」は人(ゲンドウ)の魂、アダム・リリスの魂とも解釈できます。

このことから「神(エヴァ)と魂(ゲンドウ)をつなぐ」を解釈すれば、エヴァにダイレクトエントリーできる鍵が「ネブカドネザルの鍵」と解釈することができます。

また、ゼーレのモノリスに、「ネブカドネザルの鍵」らしきものが突き刺さっているような描写もあり、「ロストナンバー」とはモノリスの欠番という説もあります。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

「ネブカドネザルの鍵」は「Q」では一切触れられておらず、空白の14年間の間に何らかの用途で使用されて用済みとなっている可能性もありますが、シン・エヴァンゲリオンで真相が明かされることが待たれます。

AAAヴンダーの真の実力

AAAヴンダー引用:(C)カラー/EVA製作委員会

葛城ミサトを艦長とする巨大戦艦ヴンダーがエヴァ「Q」から登場しました。

元々は、アダムスの器である「エヴァMark.09」がその主でしたが、ヴィレが操縦する際は、「エヴァ初号機」をメインエンジンとして組み込み利用しているようです。

アダムスとは複数形で語られていることから、セカンドインパクトのシーンで現れた4体の巨人のことと推測されます。

エヴァ「Q」では初陣でネーメズィスシリーズと戦って見事に勝利していました。ネーメズィスシリーズはパターン青であったことからも使徒に近い存在であり、ヴンダーは少なくとも使徒を殲滅できる力をもっているようです。

ヴンダーは、ATフィールドを用いた体当たりも可能で、その戦闘能力は「神殺しの力」と呼ばれており、ヴィレの主戦力であることは間違いありません。

エヴァ初号機がメインエンジンになっているということで、今後碇シンジがヴンダーの操縦に関わってくることは間違いなさそうです。

「神殺し」の力がどれほどのなのか、真の実力がシン・エヴァンゲリオンで明らかになることでしょう。

エヴァ世界のループ説の真実

渚カヲル引用:(C)カラー/EVA製作委員会

エヴァという物語大きな仮説がこのループ説です。

エヴァの世界は何度も繰り返しており、そのたびに世界が徐々に異なる様相を呈し来ているという仮説です。

旧テレビシリーズと新劇場版では、キャラクターの設定や行動まで微妙な差異が見られており、ループのたびに世界が徐々に変化してきていることの影響と推察できます。

このループ説の根拠が劇中における渚カヲルの発言です。

例えば、新劇場版では、初対面のはずのシンジに対して『また3番目とはね。変わらないな、君は。逢える時が楽しみだよ、碇シンジ君』『さぁ、約束の時だ。碇シンジ君』『今度こそ君だけは、幸せにしてみせるよ。』などと、すでに何度も出会っているかのような発言をしています。

また、「序」で月面の棺から目覚めた渚カヲルは、9つ並んだ棺桶のうち左から5番目の棺桶から目覚めました。左側の4つの棺桶はすでに開いている状態でした。これは今回のループが5回目のループであるとことの示唆とも考えらえます。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

このループ説はエヴァの考察の中でも、エヴァ世界の根本にかかわる大きな問題なので、シン・エヴァンゲリオンで何かしらの答えがでることを願うばかりです。

登場人物に関して残された謎・伏線・考察まとめ

碇ユイの真意・目的

碇ユイ引用:(C)カラー/EVA製作委員会

エヴァの世界の黒幕ともいわれる碇ユイも未だ多くの謎に包まれたキャラクターです。

旧劇場版などの情報も踏まえると、碇ユイは『人の生きた証を永遠に残す』ため、自らエヴァ初号機に取り込まれたと考えられています。

また旧TVシリーズにおいて、碇ユイには、秘密結社「ゼーレ」のバックボーンがあったとされており、ゲンドウがユイに近づいたのも「ゼーレ」とのコネクションがあったからでした。

ただ、この設定は旧シリーズのものであり、新劇場版で引き継がれているかどうかは不明です。

新劇場版:Qで、冬月がシンジに対して、ユイがエヴァの実験で消失した事実、綾波レイがユイのコピーであり、ユイと同じくレイも初号機に保存されており、すべては碇ゲンドウの計画だと語りました。

一しきり語り終えた後で冬月が『これでいいんだなユイくん』と呟いていました。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

碇ユイが、シンジに父親の計画や想いも含めて事実を知ることを望んでおり、その意向をなぜか知っていた冬月がシンジに真実を告げる役目を果たしたと推察できます。

新劇場版における、碇ユイの願いや目的はどこにあるのか、未だ謎のままです。

物語の重要な核を握る人物の一人なので、碇ユイについての詳細な描写が待たれます・・

アスカの眼帯の正体とアスカの使徒化説

アスカの顔©カラー/EVA製作委員会

エヴァ「破」の3号機の実験事故で、アスカは使徒による精神汚染の可能性を考慮して、隔離されることとなりました。

その次に登場したエヴァ「Q」では左目に眼帯をした状態でした。

アスカがなぜ眼帯をしているのか、空白の14年間の間に何かが起きた可能性もありますが、真相は未だ謎のままです。

また、時折この眼帯の奥が青く光っており、その光の模様が「破」で登場した「使徒封印呪詛文様」に近い模様をしており、左目に使徒を封印しているのではないかという説が浮上しています。

【エヴァQ】アスカはなぜ眼帯をしている!?眼帯の真相を徹底考察!新劇場版「Q」において、多くのファンが気になるアスカの装着している眼帯の謎。 今回は、アスカがなぜ眼帯を装着しているのか、劇中にお...
目が青く光るアスカ式波・アスカ・ラングレー (引用:(C)カラー/EVA製作委員会)

アスカは、エヴァ3号機の実験の際に、侵食型の使徒であるバルディルに3号機を乗っ取られ、そのまま「人ではいられなくなる」危険水域であるプラグ深度100まで下降してしまいました。

このときに、プラグ深度100まで下降したことで、エヴァの呪縛にかかり、さらに、使徒バルディルに侵食されていたことで、その身に使徒を宿してしまった可能性もあります。

エヴァ「Q」で、アスカはシンジと14年ぶりに再会した際に、ガラスの壁を殴りました。するとガラスの壁にひびが入っていました。およそ14歳の少女と外見が変わらないアスカにしては異常な力といえます。

ガラスも鏡のような感じではなく「ドン」という鈍いが音がしており、防弾に近い高硬度の材質のようだったので余計に異質です。

ガラスを殴るアスカ©カラー/EVA製作委員会

アスカが搭乗した3号機を侵食したバルディエルは、侵食した対象の身体能力を向上させる力があります。アスカの怪力がこのバルディルによる身体能力の向上のせいとも考えられます。

また、エヴァ「Q」のラストでアスカが、使徒であるカヲルと同じように、人間のことを「リリン」とまるで自分とは異なる存在であるかのうように読んでおり、この点もアスカの使徒化説を裏付ける有力な根拠になっています。

眼帯の理由、光る眼、怪力、エヴァの呪縛など、アスカに関してもかなり謎が多い状況です。

アスカ
【エヴァ】アスカは死亡!?寄生されて使徒になった!?徹底考察!新世紀エヴァンゲリオン新劇場版:破において、使徒に乗っ取られたエヴァ3号機は、ダミープラグで操られたエヴァ初号機によって、アスカを乗せた...

真希波・マリ・イラストリアスの正体

真希波・マリ・イラストリアス引用:(C)カラー/EVA製作委員会

マリの正体も新劇場版シリーズにおいて非常に大きな謎です。

マリは、そもそも製作者サイドの意図として、エヴァ「序」まで旧TVシリーズと同様の展開を見せていた新劇場版シリーズの流れを破壊するために投入されたとされており、新劇場版の物語の展開に重要な役割を果たすのは間違いないのです。

マリの正体については、碇ユイと関係の深い人物ではないかという説が有力視されており、その根拠は、綾波レイに対して『あんたのオリジナルはもっと愛想があった』と、まるでオリジナルの碇ユイと面識があるような口ぶりをしていました。

また、碇ゲンドウを『ゲンドウ君』と君づけで呼ぶなど、ゲンドウともかつて親しい仲であったかのような態度を見せていました。

実際、漫画版のエヴァの最終巻で、マリは16歳の時に飛び級で大学に進学し、碇ユイやゲンドウたちと同じ研究室で研究をしていたという過去が描かれていました。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

漫画版のエヴァの設定が、どこまで新劇場版シリーズに関係しているかは不明ですが、マリが物語の超重要人物の碇ユイと関係の深い人物であることはかなり濃厚な状況です。

真希波・マリ・イラストリアス
真希波・マリ・イラストリアスの正体を考察!エヴァの核心に迫る!?真希波・マリ・イラストリアスの正体を徹底考察していきます! 真希波・マリ・イラストリアスは作中において、碇シンジの母親、碇ユイとの...

渚カヲルの真意とループ説

渚カヲル引用:(C)カラー/EVA製作委員会

渚カヲルの正体自体は、第17使徒ダブリスであり、アダムの魂を持つ点で第1使徒である、ということで明らかになっていますが、なぜ渚カヲルが碇シンジに好意をもって親しく接するのか、渚カヲルの真意については深く語られていません。

旧TVシリーズにおける渚カヲルは、碇シンジと最初は友好関係を築きましたが、途中は使徒の本分を果たすため、セントラルドグマのアダムと接触してサードインパクトを引き起こそうとしました。

しかし、新劇場版における渚カヲルは、終始シンジの味方であり続けるなど、そのキャラクター性に変化が見られました。

渚カヲルが単なる個人的な興味と好意からシンジの手助けするのか、それとも何かもっと特別な理由が存在するのか、渚カヲルの真意は定かではありません。

また、前述したとおり、渚カヲルは唯一記憶を保持したままエヴァの世界のループを経験しているという説があります。

新劇場版において初対面であるはずのシンジに対して、『また3番目とはね。変わらないな、君は。逢える時が楽しみだよ、碇シンジ君』『今度こそ君だけは、幸せにしてみせるよ。』などと既知の仲であるかのような発言をしている点が、根拠として考えられます。

世界のループ説を含めて、渚カヲルは真意や本当の目的は、エヴァという物語の根幹に関わるものであり、多くのエヴァファンが気になる謎になっています。

かっこいい渚カヲル
【エヴァ】渚カヲルの正体とは?縁を導く使者?ループ説も考察!新世紀エヴァンゲリオンの考察の中でも、最もエヴァという物語の核心に迫るであろう、渚カヲルの正体、そして渚カヲルのループ説について徹底解説...

シンジは誰と結ばれるのか?

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

碇シンジが、最後に誰と結ばれるのか、はたまた、だれとも結ばれずに終わるのかも、エヴァファンにとっては大きな関心ごとではないでしょうか。

最有力候補としては、旧劇場版においてサードインパクト後の世界で唯一残ったアスカ、次点では、綾波レイですが実質母親のユイのコピーなので微妙かもしれません・・・

そして大穴は、渚カヲルという『カヲシン』ファン歓喜のエンドも可能性としてはゼロではありません。渚カヲルは碇シンジの絶対的な味方であり、シンジもそんなカヲル好いているようでした。

新劇場版になった、式波は旧劇場版と比べても明確にシンジに対する好意を見せており、それゆえに、純粋な人間であるアスカとシンジが結ばれるような、ニュアンスを残して終わるような気がしますが、果たしてどうなるか・・・

エヴァの恋模様がどう決着するのかも非常に楽しみな点であります。

おわりに

エヴァには未だ多くの謎が残されており、そのすべてをシン・エヴァンゲリオン劇場版で解消するのはおそらく無理だと思います。

多くの謎、考察の余地を残すのがエヴァという作品であり、すべての謎・疑問に答えを提示してしまうのはエヴァらしくありません。

「結局あれは何だったの?」「どういう意味だったのか?」という点は残り、また多くの考察がネット上で賑わうことになるのでしょう。

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。