新世紀エヴァンゲリオン

【エヴァ】渚カヲルはゲンドウだった!?渚司令の謎と併せて徹底解説

シン・エヴァンゲリオン劇場版において、渚カヲルは碇ゲンドウではないかと推察されるシーンが明確に描写されました。

今回は、新劇場版における渚カヲルや碇ゲンドウの描写をあげつつ、渚カヲル=碇ゲンドウ説を徹底解説していきます。

渚カヲル=碇ゲンドウと言われる根拠

渚カヲル引用:(C)カラー/EVA製作委員会

シン・エヴァンゲリオン劇場版において、渚カヲル=碇ゲンドウ説を裏付ける描写を挙げていきます。

製作者サイドが、「渚カヲルは碇ゲンドウなんですよ」と、理解させる意図があるかのようなあからさまな描写がされています。

碇ゲンドウはピアノが好きだった

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

マイナス宇宙で、シンジとゲンドウが対峙した際、ゲンドウがシンジに対して、自分自身の本心や過去について語るシーンが描かれました。

碇ゲンドウは、子供の頃から他人と関わることを極度に恐れる人間であり、他人を避け続けて生活をしていました。。この辺りは昔のシンジと似ていますね。

碇ゲンドウは、その中でも好きなこととして挙げたのは、知識とピアノでした。

決して自分を裏切ることのない知識を吸収することが、碇ゲンドウの楽しみでありました。

その次にゲンドウが挙げたのがピアノでした。調律されたピアノもまた、期待通りの音程を返してくれ、知識同様に自分を裏切らない。そんな音楽をピアノで奏でることがゲンドウの好きなことでした。

自分を他人がいる外界から遮断し、音の世界に浸ることでができるという意味で、イヤホンで音楽を聴くこともゲンドウは好きだったようです。

エヴァQにおいて、ネルフ本部になぜかピアノがあり、渚カヲルがそのピアノを軽々弾いていたという伏線が、シン・エヴァンゲリオン劇場版において回収されたのです。

ネルフ本部にピアノを置いたのは、おそらくゲンドウだったのでしょう。

また、渚カヲルが音楽が好きという描写も多くあり、例えば、TVシリーズで登場した際『ベートーヴェンの交響曲第九版』を口ずさんでおり、エヴァQでは『歌はいいね、歌は心を潤してくれる。リリンが生みだした 文化の極みだよ。』とシンジに語っていました。

【エヴァ】渚カヲルの名言を心理学で解説!残酷な社会を生きる知恵が満載!その甘いルックスで多くの女性ファンをもつ、新世紀エヴァンゲリオンの人気キャラクター渚カヲル。 作中の渚カヲルは、引っ込み思案でネガ...

第13号機のポーズの一致

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

アディショナルインパクトを止めるため、ゲンドウが搭乗した第13号機とシンジが搭乗するエヴァ初号機が戦闘した際。

エヴァ初号機が、TVシリーズの第一話と同様の流れで、仮想のネルフ本部から地上に出撃した際、エヴァ第13号機はビルの上に腰かけて待っていました。

その時のエヴァ第13号機のポーズが、TVシリーズの「最後の使者」で渚カヲルが初登場した際のポーズと酷似していたのです。

渚カヲルは片方の膝を立てつつ、もう片方の足を垂らして座るという、ちょっとキザな座り方をしていましたが。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

シン・エヴァンゲリオン劇場版では、エヴァ13号機がこれと同じポーズをしていたのです。

一瞬見た感じだと、ゲンドウの搭乗しているエヴァのくせになんだかアンニュイなポーズだと思ったのですが、これは渚カヲルのポーズをトレースしていたのです。

これは製作サイドが碇ゲンドウ=渚カヲル説を、視聴者にわからせるための演出だと考えられます。

渚司令の登場

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

さらに決定的だったのが、碇シンジがガイウスの槍で世界を創りなおしていく中で、アスカ、レイ、カヲルたちの心を補完していった際に、現れた渚司令の描写です。

渚司令は唐突に現れました。加持リョウジが、まるで碇指令に話しかけるように、渚カヲルを渚司令と呼んだのです。

ゲンドウと似たような制服を身にまとい、ゲンドウと同じようなポーズで座るは渚カヲルは、これでもかとゲンドウ=渚カヲルですよと説明してくるかのようです。

渚司令と加持リョウジの会話の中で、加持リョウジは渚司令に「あなたはシンジ君を幸せにしたいんじゃない。それにより、あなたが幸せになりたかったんです。」と語りました。

ゲンドウは、シンジを自分から遠ざけることがシンジにとっての幸せだと思い込んでいる節がありました。遠ざけることこそがシンジにとっての幸せだと思う反面、むしろシンジを遠ざけることが、自分にとっては楽で、むしろ自分が幸せになりたかったがための行動だったのです。

渚司令が実在したのかどうかは定かではありません。精神世界における想像上の存在なのかもしれません。

ただ、この渚司令の描写を製作者側が用意した意図は、ゲンドウ=渚カヲルをわからさせるためだと考えられます。

【エヴァ】加持リョウジがかっこいい!心理学的にモテる要素が満載!?新世紀エヴァンゲリオン一の色男キャラの加持リョウジ。 作中でも渋い大人の魅力で多くの女性ファンを釘付けにします。その魅力には、現実...

カヲルくんは父さんに似ている

渚カヲル引用:(C)カラー/EVA製作委員会

カヲルの心を補完するなかで、シンジは「カヲルくんは父さんと似てるんだ。だから同じエヴァに乗ってたんだね。カヲルくん、君の13号機を処分しようと思う」とカヲルに語りました。

「カヲルくんは父さんと似てるんだ」というのある意味、ゲンドウ=渚カヲル説を裏付ける決定的なセリフといえます。

正直、見た目にも、性格的にも、対局といっても過言ではない、似ても似て付かない、カヲルがゲンドウに似ているというセリフを碇シンジに言わせるというのは、これも製作サイドがゲンドウ=渚カヲルをわからさせるための描写と考えられます。

エヴァ13号機を処分しようとするシンジに対し、カヲルは「エヴァを捨てるか。すまない。僕は君の幸せを勘違いしていた」と語りました。

これは、ゲンドウがシンジを遠ざけることがシンジの幸せだと勘違いしていたのと同じです。

このシンジの幸せを勝手に推し量り、その勘違いに最終局面で気付くという点も、ゲンドウとカヲルの共通点です。

クズ親父!?碇ゲンドウはサイコパスなのか!?心理学的に徹底考察!新世紀エヴァンゲリオンの主人公碇シンジの父親、碇ゲンドウの言動からは、大量殺人鬼の特徴でもあるサイコパスとの類似点が見られます。本記事では、碇ゲンドウとサイコパスの共通点を解説し、彼が本当にサイコパスなのかどうか科学的な研究も参考にしつつ考察していきます。 ...

綾波レイとカップリング

シン・エヴァンゲリオン劇場版のラスト、駅ホームのシーンで、渚カヲルと綾波レイらしき人物が描かれました。

私服の一般人らしい恰好をしており、シンジが創りだしたエヴァの存在しない世界で、一般人として生きる渚カヲルと綾波レイと考えられます。

この二人の描写によって、渚カヲルと綾波レイのカップリング説がささやかれていますが、綾波レイがユイのクローンであることを考えると、ある意味納得のカップリングなのかもしれません。

【エヴァ】カップリングが最終決着!カップリングの理由と恋模様を考察!エヴァンゲリオンという作品は難解なストーリーを考察するのも醍醐味ですが、各キャラの恋模様やカップリングを考察するのも醍醐味です。 ...

渚カヲルの正体は結局何なのか?

では、実際のところ、渚カヲルの正体とは一体何なのでしょうか?

碇ゲンドウのクローン説

渚カヲル引用:(C)カラー/EVA製作委員会

TVシリーズにおいて、渚カヲルは、ゼーレの少年として、ネルフ本部に送られてきました。精神崩壊した、アスカに代わるフィフスチルドレンでした。

シンジと交友を深めて友達になったと思いきや、その正体は第1使徒アダムの魂をベースに作られた第17使徒でした。

魂はアダムでしたが、渚カヲルの肉体は人型の男性の肉体が与えられたとされていますが、明確に何がベースになっているかは明らかになっていません

ゼーレ側が、碇ゲンドウのDNA情報などを使用して肉体を創った可能性も考えられます。ただ、綾波レイが碇ユイとそっくりであるのに対して、ゲンドウとカヲルは全く似ていません・・笑

カヲルがゲンドウのクローンであるという説も、明確な根拠がないために推測の域を出ませんが、可能性はゼロではないです。

渚カヲルはゲンドウの父性の権化

碇ゲンドウ引用:(C)カラー/EVA製作委員会

渚カヲルは、アニメのストーリー的にゲンドウの接点があるわけではなく、メタ的に庵野監督がゲンドウの父性を具現化させたような存在として渚カヲルを創ったという可能性もあります。

今回の、シン・エヴァンゲリオン劇場版における上記の描写は、そのメタ的な設定が反映されただけなのかもしれません。

母性や父性の欠如は、子供の精神に大きな不安定さを生み出し、逆に母性や父性の存在が、子供の心を強くするということをエヴァはわかりやすく描写してきました。

シンジは、母性と父性が欠如したことで、他人と関わることを恐れる性格になりました。しかし、父親から認められる中で、自信を得てエヴァパイロットとして大きく飛躍しました。

碇シンジ
碇シンジがいかに可哀想な主人公かを徹底解説!可哀想過ぎて同情を禁じ得ない!?新世紀エヴァンゲリオンの碇シンジは、非常に恵まれない可哀想(かわいそう)な主人公です。 そのあまりにも可哀想(かわいそう)な境遇や...

アスカも、母親の自殺から他者の承認を強く求める不安定な性格になり、一時は精神崩壊にまで至りました。しかし、エヴァの中に母を感じることで、復活してエヴァ量産型を一時は圧倒するほどの力を見せました。

アスカが精神崩壊する過程と理由を心理学的に考察!心の弱さの原因とは?新世紀エヴァンゲリオンの人気ヒロインの惣流・アスカ・ラングレー。 元祖ツンデレキャラとしても有名な彼女ですが、作中で精神崩壊を起こ...

エヴァQで、失意のどん底にいたシンジの心に安定をもたらしたのは、渚カヲルでした。心の安定をもたらす父性の役割を渚カヲルが果たしたといえます。

渚カヲルは、碇シンジがどれだけふさぎ込んでいても、決して見捨てたりせずに、シンジのすべてを肯定して優しく包み込み、導いていました

渚カヲルと碇シンジ引用:(C)カラー/EVA製作委員会

シンジを冷たく突き放すようなゲンドウの態度とは真逆と言っていいです。

渚カヲルは、ゲンドウから抜け落ちた父性そのものであり、冷たく突き放すようなゲンドウのような要素はなく、優しい父性的な面しか持ち合わせていないのです。一方でゲンドウは、優しい父性的な面は渚カヲルとして切り離してしまっていたので、シンジに優しくすることができないのです。

渚カヲルはゲンドウが夢見る理想の姿

渚カヲルと碇シンジ引用:(C)カラー/EVA製作委員会

渚カヲルは、息子のシンジに対して優しく接することができ、コミュニケーション能力も高いです。

渚カヲルという存在は、ゲンドウが無意識に持つ、自分の理想像とも解釈することができます。

深層心理において、ゲンドウは、カヲルのようにシンジに対して優しく接する父親になりたかったのかもしれません。

しかし、碇ユイ以外の他人と関わることを恐れるゲンドウは、息子のシンジすらも恐れており、その関わりを避けてしまいました。

ゲンドウは、避けること自体は、本意ではなく、本心ではちゃんと向き合いたかったのです。しかし、怖くてできなかった。そんな弱い自分を認めることができなかったのです。

引用:(C)カラー/EVA製作委員会

シンジがゲンドウとの対話の中で「弱さを認める強さ」説いて、ゲンドウは諭されていました。

他人を避けて、自分の弱さを認められないゲンドウの、理想像が形になったのが渚カヲルだったのかもしれません。

渚カヲル
シンジも惚れた!渚カヲルのかっこいい魅力を心理学で解説!かっこいいシーンもまとめて紹介新世紀エヴァンゲリオンに登場する渚カヲルのかっこいい魅力を心理学の知見をまじえつつ徹底解説していきます! 碇シンジに語りかけるその...

おわりに

シン・エヴァンゲリオン劇場版において、製作者サイド側が、あからさまにわからせるような描写もおおく、ゲンドウ=渚カヲル説が確定といっても過言ではないでしょう。

ただ、それが作中上の設定なのか、あくまでメタ的な象徴としての設定なのかは定かではありません。

今後、庵野監督のインタビューなどで語られるといいですね・・・

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。