新世紀エヴァンゲリオン

【エヴァ】ゴルゴタオブジェクトとは?マイナス宇宙との関係と併せて解説

シン・エヴァンゲリオン劇場版において、新しく登場した概念であるゴルゴタオブジェクト。

碇ゲンドウが目論むアディショナルインパクトのために必要とされたキーアイテムですが、唐突に現れた難解な用語ゆえにゴルゴタオブジェクトが何のか理解できた人は少ないのではないでしょうか。

本記事では、ゴルゴダオブジェクトとは何か、役割や目的、その元ネタや名前の由来を含めて解説していきます!

ゴルゴタオブジェクトの作中の描写

碇ゲンドウがユイと再会を果たすために画策したアディショナルインパクトに必要なアイテムとして登場しました。

アディショナルインパクトは、ゼーレのシナリオにもないゲンドウのオリジナルのインパクトでした。

ゲンドウは、ゴルゴタオブジェクトは、人のならざるものが6本の槍とともに世界に遺したものであり、すべての始まりの場所、約束の地であり、人の力ではどうにもならない運命を変えらえる唯一の場所、ユイもそこにいたと語りました。

ゴルゴタオブジェクトの運命を変えらえるほどの絶大な力によって、全人類の魂が一つになり他者が存在しない、それゆえに差別や争いがない平和な世界を創り、そこでユイと再会しようとしたのです。

まさに他人を恐れて他人を避け続けてきたゲンドウにとって都合のよい世界に作り変えようとしたのです。

そして、そのゴルゴタオブジェクトはマイナス宇宙の中に存在していました。

ゴルゴタオブジェクトにはエヴァンゲリオンイマジナリーが磔になっており、そのエヴァンゲリオンイマジナリーに槍を刺すことでアディショナルインパクトは発動してしまいました。

マイナス宇宙とは?

マイナス宇宙とは、ガフの扉の向こう側に存在する、AAAヴンダーでも侵入できない領域でした。

マイナス宇宙は基本的に人間の五感では近くすることのできない別次元の領域であり、そのマイナス空間で見せられる世界は、LCLによって生み出された仮想の空間なのです。

ゲンドウは、エヴァ13号機に搭乗しマイナス宇宙に侵入し、シンジはエヴァ初号機に搭乗して後を追いました。

マイナス宇宙内で戦闘をした第13号機と初号機は、最初は第三新東京市内で戦闘を開始したと思ったら、次々と場面が転換し、葛城ミサトの散らかった部屋の中、綾波レイの殺風景の部屋の中、シンジの中学校の教室など、現実ではあり得ない状況で戦闘をしました。

さらに、ミサトの部屋で13号機に吹っ飛ばされた初号機は、ミサトの部屋を突き破ってしまいました。すると、そこは撮影スタジオのような場所で、ミサトの部屋が張りぼてのセットとして描かれており、エヴァの世界が架空であることをアニメの世界で描くという、もはや何でもあり過ぎて、ちょっと笑ってしまう展開を見せました・・・笑

ゲンドウはこれを「おまえの記憶の世界」と語っていました。

つまり、マイナス宇宙とは、その人物の記憶によって構成される巨大なバーチャル空間と考えられます。

ちなみに、庵野監督が好きなウルトラマンにも「マイナス宇宙」が出てくるそうで、ウルトラマンにおける「マイナス宇宙」は、地球とは別次元に存在し、光速以下では侵入できない世界だそうです。

もし、エヴァにもこの設定が引き継がれているのであれば、ヴンダーが侵入できないのは物理的に光速を超えるスピードを出せないからなのかもしれません。

ゴルゴタオブジェクトごの名前の由来とは?


「ゴルゴタ」の名前は新約聖書において、キリストが十字架にかけられた、エルサレムのゴルゴタの丘から来ていると考えられます。

一説には、この「ゴルゴタの丘」には、人祖アダムの遺体が埋葬されており、キリストによってアダムがよみがえり、すべての人が生かされるといわれているそうです。

ゲンドウが語っていた「すべての始まりの場所」「人の力ではどうにもならない運命を変えらえる唯一の場所」という呼び名に相応しい神聖な場所なのです。

庵野監督が大好きなウルトラマンの世界にもマイナス宇宙に存在する「ゴルゴタ星」が登場しており、そこでイエスキリストのように、ウルトラマンが磔にされていました。

エヴァでも、ゴルゴタオブジェクトでエヴァンゲリオンイマジナリーが磔にされている描写があり、庵野監督がウルトラマンの設定をエヴァに持ってきていることがわかります。

おわりに

ゴルゴタオブジェクトとは、端的にいえば「すべてをリセットして、運命を書き換える場所」と言えます。

マイナス宇宙に存在したゴルゴタオブジェクトに磔になっていた、シンジには、黒いリリスに見えたエヴァンゲリオンイマジナリー。

ゲンドウは、これを想像上・架空のエヴァンゲリオンと呼んでいました。

このエヴァンゲリオンイマジナリーに槍を刺すことで、マイナス宇宙からエヴァンゲリオンイマジナリーが現実世界に顕現し、アディショナルインパクトが始まりました。

現実世界に顕現したエヴァンゲリオンイマジナリーは、黒いリリスから、リアルな綾波レイの顔に変わりましたが、これはあくまでマイナス宇宙におけるシンジのイメージが黒いリリスだったためです。

そして、綾波レイの顔をした巨大なエヴァンゲリオンイマジナリーが、旧劇場版同様に人類の補完をスタートさせました。

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。