-エヴァ×心理学-

アスカがシンジを好きになったのは心理学的に必然!?好きが加速する条件とは?

新世紀エヴァンゲリオンの完璧美少女、惣流・アスカ・ラングレー(新劇場版では式波・アスカ・ラングレー)。

勝気で天才美少女のアスカがなぜ、内気で平凡な碇シンジをなぜ好きになったのか、皆さん不思議に思ったことはありませんか?

実は、心理学的にシンジを好きなってもおかしくない多くのシチュエーションがありました。

今回は、エヴァの作中のシーンからアスカがシンジにを好きになった理由を、恋愛心理学の観点から考察をしていきます!

管理人
管理人
現実でも役立つ恋愛心理学を紹介しますので、意中の人と恋愛関係になりたいと思っている人は是非ご覧ください
委員長ちゃん
委員長ちゃん
それではいってみよ~

アスカとシンジの関係とは?

まずは、アスカとシンジの関係についておさらいです!

勝気でプライドの高い!惣流・アスカ・ラングレー


アメリカ生まれの帰国子女で、エヴァンゲリオンの二人目の適格者でセカンドチルドレン。

エリートとして幼少期から英才教育を受けており、14歳で大学を飛び級で卒業。英語、ドイツ語と語学堪能で、シンジがわからないと頭を悩ませていた数学の問題をすらすら解いてしまうなど、優秀な頭脳の持ち主。しかも美少女。胸も結構大きい(笑)

管理人
管理人
どこかの誰かさんみたいだな・・・
委員長ちゃん
委員長ちゃん
私はここまですごくないけどな・・・

レッドカラーが特徴的なエヴァ二号機を操り、操縦するアスカのプラグスーツもレッドカラーで、赤色はアスカのイメージカラーにもなっています。実は、この赤色は男性を引き付ける効果を持っておりアスカが男性ファンを引き付ける一つの理由にもなっています。

口癖は「あんたばかぁ」。性格は勝気でプライドが高い。同じパイロットであるシンジや綾波レイに常に、敵意むき出しで張り合ってきます。特に、同じくシンジに好意を寄せる綾波レイに敵意むき出しにします。

勝気で負けず嫌いな反面、内面は非常に脆い一面を持ち合わせています。それには過去に母親がエヴァの実験の事故で精神を病み、首つり自殺をしたという過去がありました。

そういった内面の脆さもあり、シンジにシンクロ率で追い抜かされたり、使途との戦いで敗れるなど、自らの存在を否定されるような出来事が重なり精神崩壊をするまでに至りました。こういった脆さがアスカの魅力の一つになっています。

ツンデレ可愛い!惣流・アスカ・ラングレーが男を魅了する理由を心理学で解説「あんたバカぁ?」のセリフでお馴染み、新世紀エヴァンゲリオンのヒロイン、惣流・アスカ・ラングレー。(新劇場版では「式波・アスカ・ラングレ...
アスカが精神崩壊する過程と理由を心理学的に考察!心の弱さの原因とは?新世紀エヴァンゲリオンの人気ヒロインの惣流・アスカ・ラングレー。 元祖ツンデレキャラとしても有名な彼女ですが、作中で精神崩壊を起こ...

内気で引っ込み思案!碇シンジ


新世紀エヴァンゲリオンの主人公。エヴァンゲリオン初号機のパイロットで、サードチルドレン。

父親は特務機関NERVの司令官で碇ゲンドウ。母親の碇ユイをエヴァの実験で亡くしている。幼少期に母親を失ったことで家族の絆や愛情を知らず、内向的で引っ込み思案な性格。他人との関わりを持とうとしない一方で自分の居場所は求めており、それゆえに表面的で取り繕った態度をとり、ミサト等大人の命令に従順に従いがち。

赤木リツコには「人の言うことにはおとなしく素直に従う、それが、あの子の処世術じゃないの」なんて言われよう・・・

委員長ちゃん
委員長ちゃん
アスカちゃんとは真逆の性格だね・・・

住まいは葛城ミサトの家で、アスカと同居しています。家事を一切しないミサトの代わりに、家事のほとんどを担当するなど家庭的な一面を見せています。家族というものを知らないシンジにとっては、葛城ミサトは非常に大きな存在となります。

管理人
管理人
シンジもアスカも家族の愛情を知らないというのは大きな共通点になります。また、一つ屋根の下で暮らすことも心理学的に好意が高まりやすくなります。この点については後述します。

アスカがエヴァに乗ることに喜びを感じているのに対し、碇シンジはエヴァに乗ることに対して恐怖や躊躇いを強く感じています。

それでもエヴァンゲリオンに乗るのは、父親の碇ゲンドウに認められたいからという理由からです。初登場時にいきなり連れてこられて、ゲンドウから初号機に乗って使途と戦えと命令されたときに、自らの恐怖と闘いながら「逃げちゃだめだ」と言い聞かせるセリフは、碇シンジの名言です。

碇シンジの名言『逃げちゃダメだ』は逆効果!?正しいセルフ・トークとは?新世紀エヴァンゲリオンの主人公の碇シンジ。 碇シンジといえば、『逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃...

アスカはシンジのことが好き?


実はTV放映版では、アスカがシンジのことを好きであるという明確な描写はないのです。このアスカがシンジを好きであるという設定は、TV放映終了後の後付けの設定なのです。(設定上は・・・)

このアスカがシンジを好きという設定について、アスカの声優の宮村優子さんは下記のように述べています。

TV版ではアスカはシンジに対し恋愛感情なんか出していなかったのに、そのあとの映画やゲームなどでアスカはシンジが好きという設定になってて違和感を覚える

アスカのシンジへの好意を示す描写は下記があります。

シンジの息が切れるほどキスする


第15話「嘘と沈黙」でアスカは遊びと称してシンジにキスをするシーンがあります。

アスカは、キスをしたあとすぐに洗面所に駆け込み「やっぱ暇つぶしにやるもんじゃないわ」と言って、わざとらしくうがいをしています。

このシーンに対して、アスカの声優の宮村優子さんがラジオ番組にて下記のように語っていたそうです。

『退屈しのぎとは言っているけれど、実際はシンジと本気でしたかったキス』

管理人
管理人
実際、全く好意の人間とはキスなんてできないでしょう・・・シンジへの好意を示す重要なシーンです。

夫婦喧嘩と茶化される


第17話で、アスカがお弁当を作り忘れたシンジに詰め寄って怒っている時に、トウジに「何や?また夫婦喧嘩かいな?」と茶化されて周囲に笑われるシーンがあります。

この際、アスカとシンジ二人して、顔を真っ赤して「違う!」と否定します!この「違う!」もタイミングピッタリでシンクロしていてまさに夫婦です。(笑)

シンジのために料理をする


こちらは新劇場版:破における描写。TV放送版と新劇場版でアスカは、惣流から式波に名前が変わるだけではなく、その行動も異なっており、よりシンジへの好意や独占欲を見せています。

アスカだけではなく、レイにも弁当を渡すシンジに露骨にやきもちを見せたり、手料理をふるまう予定の綾波レイに対抗して、下記のようなセリフをつぶやきながら、シンジ好みの手料理をするなどの超デレシーンを見せています。

「うーん……バカシンジだともう少し薄味のほうがいいのかな……」

委員長ちゃん
委員長ちゃん
これは可愛いね~

綾波への苛立ち

こちらも「新劇場版:破」より、アスカと綾波レイのNERV本部内での会話で、綾波レイがシンジに対して特別な感情を持っていることを察したアスカは、以下のような問いかけをします。

「ひとつだけ聞くわ。あのバカをどう思ってるの?」

それに対して綾波レイは下記のように答えています。

「わからない。ただ、碇君と一緒にいると、ポカポカする。私も……碇君に、ポカポカして欲しい。碇司令と仲良くなって、ポカポカして欲しいと……思う」

アスカは、綾波レイの前では「….分かった」といってエレベータを出るが、その後感情を抑えられずに下記のセリフを吐きます。

「ホンット、つくづくウルトラバカねっ!それって、好きってことじゃん!」

綾波レイが恋敵であることが明確にわかり、感情が大きく揺さぶられるアスカが何とも可愛いです(笑)

あんたのすべてを私のものにしたい発言


旧劇場版における人類補完計画によって、シンジとの一体化が進む中、下記のようなアスカの心の言葉が発せられます。

『あんたが全部私のものにならないなら私何もいらない。』

アスカのシンジに対する強い独占欲が顕れている言葉です。

委員長ちゃん
委員長ちゃん
これは決定的な告白の言葉といっても言いかもしれないね・・・それにしてもすごい独占欲・・・

・アスカがシンジを好きという設定はTV放映版終了後の後付けに近い

・TV放映時から行為をうかがわせるシーンは多く、新劇場版ではより好意や独占欲が明確に

・キスをする、料理を作る、綾波レイへの嫉妬、独占発言など好意を表す描写は多い

シンジはアスカのことをどう想っている?


シンジはアスカを異性として意識をしているものの、あくまで思春期の男子としての女性への興味に留まり、アスカでなければならないというほどではない模様・・・

(病院で半裸で寝るアスカの横で自慰行為をして、自己嫌悪に陥るなどの黒歴史を残しています。)

それゆえに、アスカに対する態度は曖昧なものとなり、元々の引っ込み思案も相まってアスカを苛立たせる。旧劇場版では、シンジが自らにとって都合の良い逃避先として、消去法でアスカを求めてきたときは拒絶をしています

委員長ちゃん
委員長ちゃん
これはひどいね・・・アスカちゃんも拒絶するよね

そん絶妙な関係のシンジとアスカですが、旧劇場版のラストでは人類補完計画でシンジと一つになることを拒絶したアスカだけが唯一の他人として世界に残りました。そして、シンジとアスカ、二人だけの世界でまさに「アダムとイブ」といってもいい存在になるのです。

管理人
管理人
旧劇場版のラストは解釈が諸説ありますが、アスカがシンジとの一体化を拒絶したのは、シンジが好きだからこそ他人として存在したかったという説があります。

恋愛心理学で解説!アスカがジンジを好きになる理由

アスカはシンジに一目ぼれしたわけではないと思います。シンジと共に過ごす中で徐々に、惹かれていったと考えられます。

その中で、徐々に好意が強まるような心理効果が環境によって作用していきました、以下でその心理効果を解説していきます。現実世界でも活用できる恋愛心理学の中でぜひ参考にしてください。

理由①:同居による接触回数の増加


心理学では単純接触の原理がというのがあります。ポーランド生まれのアメリカの社会心理学者ザイアンスが名付けた心理効果で「ザイオン効果」とも呼ばれています。例えば毎日、同じ電車に乗り合わせる人がいると、その人がいない日は「体調でも悪いのかな?」などと気になったりする現象をします。

つまり、人間は、接触回数が多くなるほどその人に対して好意を抱きやすくなるのです。

また、アメリカの心理学者カーンの実験では、男性被験者と向かい合わせにし、女性Aは50㎝の距離、女性Bは2m離れた椅子に座らせ、話し合いをさせた結果、より近い距離で話をした女性Aに対して高い好感度を示す結果となりました。

アスカとシンジは、葛城ミサトの家で同居をしています。さらに学校のクラスも一緒、またNERVでも一緒と常に行動を共にしていると言っても過言ではありません。さらに、第10話では寝ぼけたアスカがシンジのすぐ隣に寝始めて、あと数センチでキスしてしまうほどの距離感でした。(15話では実際に、遊びと称してキスをするまでの仲に・・・)

管理人
管理人
赤の他人であった、シンジと生活を共にする中で、徐々に好意を抱いても何の不思議はないのです。

さらに単純接触により好意が高まれば、自己開示が少しづつ行われるようになります。自己開示によって、個人情報を開示すればするほど、他者からの好感度がアップすることが心理学的な実験によってわかっていま。さらに、自己開示をすると「自己開示の返報性の法則」が働き、相手も自己開示をしてくるようになります。これにより互いに好感度を高めることができます。

アスカとシンジは、互いに「自分たちが何のためにエヴァ」に乗るかや、家族関係の話など、深い会話を徐々にするようになっています。こういった自己開示は好感度を高める効果があるのです。

・接触回数が多いほど好意は大きくなる(単純接触の原理)

・好意が増すと自己開示が行われ、自己開示は好感度を高める

・アスカとシンジは同居して寝食を共にするなど接触回数は圧倒的

・エヴァに乗る理由、家族関係の話など自己開示は進んでいた

理由②:ユニゾン作戦によるミラーリング効果


人間には、相手に好意を持っていると、無意識のうちに相手のしぐさや話し方など真似してしまうという潜在心理があります。これを心理学では、ミラーリング効果シンクロニー現象といいます。

ミラーリング効果は、嫌いな人とはどんなに長い時間一緒にいても、こうした動作の一致は起こらないそうです。つまり、ミラーリング効果が発生するのは好意がある証拠とも言っていいのです。

自分のしぐさを真似る人は味方と認識してしまうので、相手の行動やしぐさを真似をすれば相手に好意を抱かせるきっかけとなりうるのです。これは営業でも効果があり、取引先の動作を自然にまねることは相手との距離を縮める効果があるのです。

第九話 「瞬間、心、重ねて」では、二体に分裂した使途と戦うために、アスカとシンジがシンクロして戦う必要がありました。

シンジとアスカは、曲に合わせた攻撃パターンを覚えるために、シンクロした動きを何度も行います服もペアルック、歯磨きにおけるブラッシング、うがいのタイミングも同じ、一つのイヤホンを二人で片耳つづ共有して聞くなど、徹底しています。

これだけの動作をシンクロして行うことは、かなりのミラーリング効果が働いていえます。これはアスカ登場初期の出来事であり、ある意味シンジとの距離を縮める良い作戦であったといえます。

委員長ちゃん
委員長ちゃん
これは意識するなって方が無茶な注文かも・・・

・ミラーリング効果・・・行為やしぐさを真似たり、真似されると好意が増す

・第9話のユニゾン作戦におけるシンクロ行動は、ミラーリング効果が高い

理由③:共通点を持つ類似性


人間には自分と類似する人間に好意を持つ心理があります。

アメリカの心理学者ニューカムが学生寮に入った学生に対する実験では、住み始めの頃は、隣同士など、近い部屋の学生同士が親しくなりましたが、しだいに考え方の似ているもの同士が親しくなっていくという結果が出たそうです。

また、アメリカを代表する社会心理学者ロバート・B・チヤルディー二氏は著書『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』で類似性について下記のように述べています。

私たちは自分に似ている人を好みます。この事実は、意見や性格特性、経歴、ライフスタイルなど、どのような領域の類似性においても当てはまるようです。したがたって、私たちから好意を獲得し、言うことを聞かせようとする人は、さまざまな方法で私たちと似ているように見せかけ、その目的を達することができます。・・・わずかな類似性でさえ他者に対する望ましい反応を作り出す効果があり見せかけの類似性は簡単にでっちあげられるのですから・・・『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』p280-282

アスカとシンジには多くの共通点があります。以下に列挙してみます。

  • 年齢(14歳)
  • 身長(157cm)
  • 血液型(A型)
  • 選ばれし適格者のエヴァパイロット
  • 住居(葛城ミサトの家)
  • 幼少期に母親を失っている
  • 家族の愛情を知らない

性格的な部分では正反対ですが、身体的特徴から生い立ちには近いものがあります。一番大きいのは、幼少期の境遇とエヴァパイロットであるという点でしょう。幼少期については互いに認知しているかは微妙ですが、かなり特殊な立場あであるエヴァパイロットであるという共通点は強烈なシンパシーを感じてもおかしくはありません。

委員長ちゃん
委員長ちゃん
身長も体重も、血液型も同じってすごいね・・・同じ境遇の人間を好きになるってのは心理学的にも合っているんだね・・・

・人は類似性が高いほど好意が増しやすい

・アスカとシンジには、身体的特徴から幼少期の暗い過去など共通点が多い

理由④:危険や困難を共にすることで生まれる心理


使途との戦いは命がけの戦いです。常に死と隣り合わせです。

そういった状況を共にすることで生まれるのが「吊り橋効果」と呼ばれる心理です。

吊り橋効果とは、カナダの心理学者のダットンとアロンによって提唱された心理効果で、ドキドキすると人は恋に落ちやすいというものです。グラグラする揺れる吊り橋を渡った恐怖によるドキドキが、女性に魅力を感じたためのドキドキだと思い込んでしまうのです。

なので、お化け屋敷は恋に落ちやすい場所といえます。付き合う前のデートやマンネリしたカップルは、お化け屋敷に行くかホラー映画を鑑賞するのは一つの手かもしれません。

また人間には、助けた相手を好きになるという心理があるとされています。これは心理学でいう「認知不協和」という効果が働いており、助ける理由がない時に「助けた=この人が好き」という整合性をとる心理が働くのです。

使途との戦いは、シンジ、アスカ、綾波レイとの共同作戦で、互いにサポートしながら戦いますこの助け合いは時に相手への好意につながる可能性を秘めているのです。

・吊り橋効果・・・恐怖によるドキドキと恋愛によるドキドキを勘違いして恋に落ちやすくなる

・認知的不協和・・・矛盾したものの整合性をとるために、因果関係をでっちあげる

・命がけの使途との戦いでは、吊り橋効果は発生しやすい。

・使途との戦いで、シンジやアスカは助け合っている。時には命を懸けて助ける必要があり、それだけの行為を行うことの合理性の説明として、その対象が好きであると認識しやすくなると考えられる。

委員長ちゃん
委員長ちゃん
危険や困難によるドキドキやその行為を恋愛感情と勘違いしてしまうんだね

理由⑤:シンジの顔は割りとイケメン!?


最後におまけですが、裏設定で碇シンジは実はイケメンという設定があります。体育の授業中に、水着の女子から黄色い声援を浴びている場面があります。

参考:碇シンジ-ニコニコ百科事典

女性も当然はイケメンが好きなのは言うまでもないでしょう・・・シンジが不細工であれば、あのプライドの高いアスカがキスをするなんてことはまずあり得ないはず・・・

シンジへの想いが垣間見える!アスカの名言

シンジへのあふれる好意が垣間見える、アスカのかわいい明言を紹介していきます。

見て!見て!シンジー!

第10話で、無邪気にプールで泳法を披露する際にシンジに呼びかけるアスカです。これは好きな男に見せる態度といっても過言ではありません。

バカ、無理しちゃって


同じく第10話のマグマダイバーで、マグマ内に投下したエヴァンゲリオン弐号機の命綱が切れた瞬間に、ギリギリのところをシンジが初号機で助けた瞬間に、安堵とともに漏れた名言です。

これは、吊り橋効果が働いて、シンジのことが好きになってもおかしくない状況ですし、ことの時のアスカの物言いはいつもの攻撃な言い方ではなく、特別なものを感じさせる言い方でした。

ホンット、つくづくウルトラバカねっ!それって、好きってことじゃん!


上記でも述べた、綾波レイが碇シンジのことを「ぽかぽかする」と話した時のセリフ。綾波レイへの敵意からシンジへの好意が垣間見れる名言です。

あんたが全部私のものにならないなら私何もいらない。

旧劇場版でのシンジへの告白といっても過言ではない名言です。アスカはシンジが好きであるがゆえに、シンジと一体化することを拒み、シンジの他人としてあり続けることを選びました。

気持ち悪い


旧劇場版の最後のアスカの一言。

人類補完計画において、アスカのみが唯一の他人としてシンジの前に顕れ、シンジは他人であるアスカに恐怖し、首を絞めます。シンジに殺されることを受け入れて、殺されてもいいと優しく頬をなでました。その他人のやさしさに触れてシンジは涙を流し、殺すことをやめます。
そして放たれるのが上記の名言です。突拍子のないセリフのために、多くの議論を巻き起こした発言です。※このシーンの解釈は諸説あります。

まとめ

アスカが碇シンジを好きになるにはこれだけの心理学的な条件が整っていたのです。

これは碇シンジ側にもいえることですが、彼は基本的に人間と深い関係を持つことを拒むタイプであり、またアスカ曰く相当の鈍感でもあるので、これだけの条件が整ってもアスカと恋することはありませんでした。(シンジにとっては、都合のよい逃避先)

【参考】
『男心・女心の本音がわかる 恋愛心理学』 匠英一
『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』ロバート・B・チャルディー二

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /