-エヴァ×心理学-

【エヴァ】赤木リツコの名言を心理学で解説!大人の女性に学ぶ人生訓とは

大人の女性の魅力漂わせ、どこかミステリアスな雰囲気のある新世紀エヴァンゲリオンの赤木リツコ

女性でありながら、NERVの技術者としてエヴァンゲリオンの開発を一手に担う天才エンジニアです。

その明晰な頭脳から語られる言葉は非常に聡く、含蓄があります。本記事では、そんな赤木リツコの名言を心理学的に解説にして生きる上での知恵を得ることを目的にしていますので、ぜひご覧ください!

天才女性エンジニア!赤木リツコとは?


NERVの技術開発部技術第一課所属し、エヴァンゲリオンの開発責任者。使徒が襲来した際には、その特性を分析して作戦をアシストするなど重要な役割を担っています。また、エヴァンゲリオンだけではなく、NERVに置かれているスーパーコンピューターシステムMAGIの管理運営を担うなど、NERV内における技術の要を担うスーパーエンジニアです。

母親は所属研究者であり、MAGI開発者の赤木ナオコ。

TV放送版では、碇ゲンドウと愛人関係にあった。母親の赤木ナオコも同様に碇ゲンドウの愛人であったこともあり、母親のことを科学者としては尊敬していたが、女としては憎んでいたと話しています。碇ゲンドウは親子揃って愛人にするとかド変態かよ・・・

またそれ故に碇ゲンドウの妻であるユイのコピーともいえる綾波レイには憎悪の感情を抱いていた。新劇場版では、碇ゲンドウとの愛人設定の描写がなく、綾波レイに対する赤木リツコの態度もテレビ放送版と新劇場版で異なっている。

心理学的に根拠があった!「綾波レイ」の魅力を解説新世紀エヴァンゲリオンのヒロイン「綾波レイ」は、みなさんご存知ですよね? クール系美少女キャラの元祖で、90年代に社会現象を巻き起...

性格は非常にクール。仕事に自分自身の感情を持ちここまない。コーヒーとタバコが好き。

葛城ミサトと加持リョウジとは大学時代の同級生である。葛城ミサトが感情的で行動派なタイプに対して、赤木リツコは冷静沈着で物事を常に俯瞰してみている印象があります。作中では、葛城ミサトに楽観的過ぎると揶揄するシーンもあり、NERVの作戦本部のブレインは、行動派と分析派で上手くバランスが取れているともいえます。

「新劇場版:破」の第14使途ゼルエル戦で、ゼルエルに取り込まれた綾波レイを助けるため、初号機が覚醒させ、シンクロ率が高まり過ぎた碇シンジに、赤木リツコはシンクロ率が高まりすぎた際のデメリットから碇シンジを止めようとするが、葛城ミサトは自分自身の思いで駆動するシンジの気持ちの面を重視して、シンジを後押ししてます。

また、 第12使徒レリエルの虚数空間に、エヴァ初号機は取り込まれ際は、シンジよりも初号機の機体の回収を優先する判断をするなど冷たい一面もあり、このとき、簡単にシンジを見捨てる発言をする赤木リツコに、ミサトは怒り、ビンタをしている。

この点にも、葛城ミサトと赤木リツコの性格的な違いが見て取れます。

【エヴァ】葛城ミサトの名言を心理学的に解説!強く生きるヒントがココに。新世紀エヴァンゲリオンの人気キャラクター葛城ミサト。 「サービス!サービス~!」の名言で有名な彼女。作中では、女性でありながらエヴ...
【エヴァ】加持リョウジに学ぶ!科学的にモテる男の特徴とは?新世紀エヴァンゲリオン一の色男キャラの加持リョウジ。 作中でも渋い大人の魅力で多くの女性ファンを釘付けにします。その魅力には、現実...

赤木リツコの名言を心理学的に解説!

それでは、天才エンジニア赤木リツコの名言を解説していきます!

今を維持しようとする力と変えようとする力、その矛盾するふたつの性質を共有しているのが生き物なのよ。

まさに理系女子らしい名言です。

生き物には現状を維持しようとする「ホメオスタシス」という恒常性維持の仕組みが備わっています。環境が変化しても体の状態を一定に保とうとする生体の動きです。

わかりやすい例としては、暑い場所にいったら汗をかいて体温を調節するなどが、ホメオスタシスの機能です。このホメオスタシスは生命維持に必要不可欠な機能であり、体温調節以外にも、ケガの治癒やウイルスへの抵抗力などはこのホメオスタシスによるものです。

人体に必要不可欠である一方で、人の変化を阻むというマイナスの側面があります。新しいことにチャレンジしたり、新しい習慣を作ろうと現状から飛び出そうとした際に、ホメオスタシスの恒常性維持機能によって現状に引き戻そうとする力が働いてしまうのです。人が習慣を辞めるのが難しかったり(喫煙や間食、夜更かしなど)、また新しい習慣を始める(運動、勉強)のに困難を伴うのはこのホメオスタシスの機能が働いていると言われています。

一方で、人は常に現状に不満を持ってしまう生き物と研究もあります。人は現状の幸福にはすぐに慣れてしまい効果は逓減していきます。一方で、過去は美化して昔はよかったと思いがちです。それゆえに、現状を変えてよりよくしていこうという意識が働くのです。

参考:人間はいつだって「今が一番不幸せ」

赤木リツコの言う通り、人間とは、「現状維持」と「変化」という矛盾した力学が内部で作用しあっている常に生物なのです。だらこそ人間は生き辛いのです。

男と女は分からないわ、ロジックじゃないもの


天才技術者でも男女のことは理解できないというのは、自分が碇ゲンドウと愛人関係にあることに起因しているといえます。論理的に考えれば、碇ゲンドウと関係を持つことには、メリットよりもデメリットが多いでしょう。

生物学的には碇ゲンドウは若さもなく、また同じ職場で愛人関係になるということはそれ相応のリスクが伴います。また、母親の元愛人と愛人関係を結ぶということ自体が常軌を逸している行為です。頭の良い赤木リツコであればこの程度の損得勘定はすぐに思考を巡らせることができるでしょう。それでも抑えきれないのだからこそ、ロジックではないという発言なのでしょう。

恋愛心理学で有名な心理学博士はジョン・グレイ氏は、男性は火星、女性は金星などと例えて、恋愛においていかに男女の思考がいかに違うかを説いてます。

参考:一人になりたい男、話を聞いてほしい女

男女の関係は、ロジックで考えようとすると上手くいかず、それぞれの観点からは違うメカニズム、ホルモンで駆動されるので、その構造を理解することが重要といえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アニメ界では珍しいエンジニア女子の名言には、女性ならではの視点があり面白いですよね!

ただ赤木リツコを含め、NERV内部は色恋沙汰でいろいろゴタゴタしており、人の人生を狂わせるのは色恋の問題であると改めて考えさせられます(笑)

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /