心理学で検証してみた

リヴァイ兵長の人気の理由はかわいいところ!?心理学的に解説!

『進撃の巨人』とは、突如出現した「巨人」と人類の生き残りをかけた戦いを描いたふダーク・ファンタジーです。

単行本の累計発行部数は全世界で1億部を超える超人気漫画。その進撃の巨人の中でも絶大な人気を誇るキャラクターが、調査兵団の兵士長、人類最強の戦士といわれるリヴァイ・アッカーマンです。

巨人との戦闘では圧倒的な存在感をみせるリヴァイは、普段は冷酷かつ不愛想な性格で相当近寄りがたい雰囲気を漂わせていますが、時折、異様にかわいく見える描写があり、そのギャップ効果が多くのファンを魅了してやまないのです。

本記事では、そのリヴァイの魅力について心理学のゲインロス効果という概念を用いて解説をしていきます!

本記事を読めばリヴァイがもっと好きになるなず・・・!?笑

人類最強の兵士!リヴァイ兵長とは?

人類最強!調査兵団の兵士長


リヴァイは、身長160㎝、体重65㎏と小柄ながらも、調査兵団の兵士長を務め、人類最強の兵士と称されるほどの高い戦闘力を持ちます。

その戦闘力は、一人で、約4000人程度の一個旅団に相当するといわれており、巨人2体を一瞬で切り倒すことができる。

また、身体を硬化させて再生する巨人のその再生速度を上回る速さで切り刻むという超人技をやってのけっている。

まさに作中において人類最強の兵士といっても過言ではないのがリヴァイです。

参考リヴァイ-ピクシブ百科事典

性格は冷酷で不愛想


基本的に性格は冷酷で不愛想で、近寄りがたい雰囲気を漂わせています。口調も非常に辛辣であり、容赦がありません。

巨人と化した主人公のエレンが裁判にかけられた際、感情的になったエレンやヒートアップした聴衆を鎮めるため、下記のセリフを放ち、エレンをボコボコしています。

これは持論だが、しつけに一番効くのは痛みだと思う

怖すぎですね・・・学校の教師が言ったら大問題になること必至のドS発言です。

巨人に対してはもっと容赦ありません。巨人の両目にブレードを突き刺して、その痛みに叫ぶ巨人に対して冷酷に言い放ちます。

おっと・・・おとなしくしてろ・・・そうしないとお前の肉を綺麗にそげねぇだろうが

兵士長として調査兵団を率いるリーダーとしてのリヴァイも中々の苛烈なリーダーっぷりを発揮します。

硬質化の能力を使ってエレンが壁の穴をふさぐという、アルミンとハイジの作戦に対して、硬質化を使いこなせないエレンがとまどっていを見せている時に、リヴァイ兵長は言い放ちます。

できそうかどうかじゃねぇだろ・・・やれ・・・やるしかねぇだろ

エレンの心配など無視しして、有無言わせず「やれ」というリヴァイ。男気を感じる一言ではありますが、現実世界に置き換えて無理難題を強要する上司は結構いやです・・・笑

CVは人気声優の神谷浩史さんが担当!

声は、ワンピースのトラファルガー・ローや、物語シリーズの阿良々木暦の声を担当している。人気声優の神谷浩史さんが担当しています。

冷酷で不愛想なリヴァイを非常に好演しています。神谷さんの声あってこそのリヴァイの人気ともいうことができます。

ギャップが魅力を増す!ゲインロス効果とは?

ゲインロス効果とは、ギャップ効果や、コントラスト効果ともいわれまして、最初に与えられた情報と次に与えられた情報に差があるほど、実際に以上にその差が大きく感じられるという心理現象です。

いわゆるツンデレキャラクターが魅力的に映るのはこのゲインロス効果が効いておりまして、普段ツンケンしたキャラが急に女の子らしくデレると異様に魅力的に見えたりするのはこのゲインロス効果なのです。

ツンデレのゲインロス効果については下記で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください!

ツンデレキャラに学ぶ!男を落とす「ゲインロス効果」とは?ツンデレキャラって魅力的ですよね? 普段は、素気なくても、たまに見せる「デレ」がすごい威力ですよね! そんな多くのアニメファ...

カッコかわいい!?リヴァイ兵長のギャップシーン

リヴァイの魅力もこのいわゆるゲインロス効果が聞いているといっても過言ではないのです。

冷酷で不愛想というのがリヴァイの基本で、これが読者や視聴者に与えられた最初のリヴァイの情報です。この情報と対比して、作中では、それに反するような、かわいい・優しいリヴァイの言動がみられるのです。

以下で具体的にその言動を挙げていきます。

お掃除姿のリヴァイ兵長


これはリヴァイ兵長が一気に可愛く見えるシーンですね。

リヴァイ兵長は実は潔癖症という側面があり、拠点についたらまず大掃除をするほどであり、戦闘中の巨人の返り血も嫌がります。

冷徹な人類最強の男が、頭巾をかぶってお掃除している姿は、掃除のおばちゃんの頭巾姿とは比べ物にならないほどのギャップ効果を生み出します。

掃除・頭巾は、家庭的・女性的というイメージがより強い情報になるので、先に冷酷な男という情報をもつリヴァイにこの情報が加わると、余計にかわいらしく映ってしまうのです。

お掃除姿のリヴァイがフィギュア化されている点からも、このギャップは非常にファンを魅了しているといえます!

他にも、ウォール・マリア奪還作戦の前日に、食事会の最中に喧嘩をしているエレンとジャンを蹴り倒して、リヴァイは下記のように言い放ちます。

「お前ら全員はしゃぎ過ぎだ。もう寝ろ。あと掃除しろ。」

喧嘩を抑えるカッコよさに加えて、掃除という何だか家庭的なワードが、ギャップを際立たせています。

実はおしゃべりなリヴァイ兵長


これはリヴァイ兵長の下記の名言に表れています。

エレンとの会話の中で、エレンが「兵長・・・今日は・・・よく喋りますね」というと、下記のように答えました。

「バカ言え、俺は元々よく喋る」

リヴァイにお喋なイメージは全くありません。「お喋り」という属性は、どちらかというと女性的なイメージの強い情報です。

冷酷な兵士というイメージをもつリヴァイに、「お喋り」という意外性のある情報を与えると、異様にかわいらしく見えてしまうのです。

以外と言葉遣いがかわいいリヴァイ兵長

「オイ」とか、「両足折るぞ」とか、「豚野郎」とか、基本的に口調が辛辣なリヴァイ兵長ですが、時折下記のようなかわいらしい言葉遣いを見せます。

「オイ・・・止まるな。迷子になっちまうだろうが・・・・」

「・・・てめぇ・・・びっくりしたじゃねぇか・・・」

「お前ら・・・ありがとうな」

一見なんてことのないセリフですが、あの冷酷で不愛想なリヴァイが言うからこそ、可愛らしさを感じてしまうセリフです。

ポイントはワードのチョイスにあるといえます。「迷子」「びっくりした」「ありがとうな」など、クールで冷酷なリヴァイとはかけ離れたイメージのワードであるがゆえに、ギャップ効果が効いているのです!

仲間想いのリヴァイ兵長

リヴァイは時折、仲間想いの兵長の姿を見せます。

巨人との戦闘で、死ぬ瀬戸際の兵士の手を握って、下記のように声をかけます。

「お前は十分に活躍した。そして・・・これからもだ。お前の残した意志が俺に”力”を与える。

約束しよう、俺は必ず!!巨人を全滅させる。」

普段不愛想で粗暴なリヴァイにこんなセリフいわれたら、堪らないですね。本当に憎い野郎です・・・笑

他にも、マーレとの戦いの際は、短いながら下記のように兵士たちに声をかけています。

「死ぬな。生き延びろ。」

これもリヴァイがいうからこそ、余計に仲間想いに思えてくるから不思議です・・・・

エレンをボコったりするなど、本当に冷酷で粗暴な印象のあるリヴァイですが、そんなリヴァイがちょっとでも優しい言動を見せれば、一般人の10倍くらい優しく見えてしまうのです・・・ズルい・・・

ヤンキーが、子犬を助けたら、あいつ本当はいいやつなんじゃ・・・と思われるのと全く同じ原理です(笑)

ギャップの前提にあるものが重要


リヴァイは、前提として、冷酷で不愛想という性格があり、また人類最強レベルの戦闘力をもつという非常にできる男なのです。

こいった確固たる前提があるからこそ、上記に挙げたような些細な言動がリヴァイをかわいらしく見せてしまうのです・・・!恐るべきゲインロス効果・・・!

リヴァイは、間違いないく男性版のツンデレキャラであり、近年の作品の中では、トップクラスに人気かつ、そのギャップ効果を有効活用しているツンデレキャラといえましょう。

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /