僕のヒーローアカデミア

轟焦凍がかっこいい!ヒロアカNo.1イケメンの魅力を心理学で解説!

雄英体育祭における轟焦凍がかっこいい

僕のヒーローアカデミアの公式人気キャラクター投票では、爆豪勝己、緑谷出久と並んでトップスリー常連の人気キャラクター轟焦凍(とどろきしょうと)

口数の少ないクールなキャラとして登場し、最初はミステリアスな雰囲気を漂わせていましたが、作品が進むに連れてその天然ぶりが明らかなっていきました。

その愛すべき人間性や悲しい過去が明らかになるにつれて、轟焦凍の人気は高まっていきました。

今回は、そんな轟焦凍のかっこいい魅力の正体を心理学の知見を交えつつ解説していきます・・・!最後に轟焦凍のかっこいいシーンも厳選して紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

心理学で最も信頼性が高いとされるビッグファイブ分析をベースに、あなたの性格に近いヒロアカのキャラクターを診断します。1分以内で回答ができて信頼性が高い内容なので、是非受けて見てください!

▼下記からヒロアカキャラ性格診断を受けてみる▼

【性格診断テスト】心理学的にあなたの性格に近いヒロアカのキャラは誰?心理学で最も信頼性が高いといわれるビッグファイブ分析をもとに、あなたの性格に最も近いヒロアカのキャラクターを診断します。 ビッグフ...

轟焦凍とは?

轟焦凍の基本データ

轟焦凍©堀越耕平・集英社
ヒーロー名ショート
個性半冷半燃
学校・学年雄英高校ヒーロー科1年A組15番
誕生日1月11日
身長176cm
血液型O型
担当声優梶裕貴

クールで近寄りがたい推薦入学のエリート

©堀越耕平・集英社

轟焦凍は、雄英高校ヒーロー科1年A組で推薦入学者の一人。父親に現No.1ヒーローをもつエリートです。

端正なルックスをもち1年A組の中ではNo1イケメンであり、その実力もクラスではNo1の呼び声も高く、爆豪と並んでツートップと称されています。

外観は、オッドアイに右が白髪、左が赤髪というハーフ&ハーフな外観。これは「炎」の個性をもつ父親と「氷」の個性をもつ母親の二人の能力を半分づつ受け継いでいることが影響していると考えられます。

「氷」の個性だけを受け継いだ姉・轟冬美(とどろき ふゆみ)は基本的に白髪がメインであり、「炎」の個性だけを受け継いだ兄・轟燈矢(とどろき とうや)は赤髪がメインのようでした。

轟焦凍と姉©堀越耕平・集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

性格は基本的にクールで感情を表に出しません。入学当初はクラスメイトに心を許す様子もなく近寄りがたい雰囲気を醸し出していました。

雄英体育祭の時は、初っ端から緑谷出久に対して敵意剥き出しにして挑発し、仲裁に入った切島鋭児郎の手を振り払って『仲良しごっこじゃねぇんだ、なんだっていいだろ』と冷たく言い放っていました。まるでエンデヴァーのようでした。

エンデヴァーに対する憎しみが、逆に自分をエンデヴァーに近づけていたとすると、なんだか皮肉ですね・・・

しかし、雄英体育祭における緑谷出久との戦いを経てからは、徐々にその性格も軟化していき、天然かつ仲間想いの一面を見せるようになっていき、それ以降、轟焦凍の人気は爆発的に高まっていくことに・・・!

轟焦凍の個性:半冷半燃

©堀越耕平・集英社

父親の「炎」と母親の「氷」の二つの個性を受け継いだことで、炎と氷の力両方扱えるというある意味チート級の能力です。

「炎」の能力は威力が高いものの使い過ぎると体内に熱がこもって身体能力の低下を引き起こすという弱点がありますが、氷の力で冷却することで「炎」の弱点を打ち消すことができます。

(エンデヴァー自身が、炎の個性の弱点を身を以て痛感していたからこそ、自分の子供には、その弱点を打ち消すことができる半冷半燃の個性を望んだのです。)

「氷」の個性を利用した「穿天氷壁(がてんひょうへき)」は最大出力では競技用のドームの屋根を超えるほどの大質量の氷を生み出すことができます。攻撃シーンも非常にかっこいいです。

「氷」の個性による攻撃は、大質量の氷で相手の動きを封じこめたり、氷の道を滑るように移動するなど、応用の幅や射程範囲も広く、中距離戦闘でより威力を発揮します。

雄英体育祭における緑谷出久との戦いでは、氷による中距離攻撃を繰り返し、近距離戦闘のタイプの緑谷出久は間合いを詰められず、氷の攻撃を防ぐだけの防戦一方になるなど、苦戦を強いられていました。

©堀越耕平・集英社

さらに、「氷」の個性で空気を冷やしたのちに、「炎」の個性を使うことによる熱膨張を発生させる「膨冷熱波(ぼうれいねっぱ)」は、緑谷出久の100%スマッシュを正面からねじ伏せる威力を見せました。

この緑谷出久との戦闘は、ヒロアカのベストバウトといっても過言ではないくらいにかっこいいシーンでした。

©堀越耕平・集英社

穿天氷壁(がてんひょうへき)」「膨冷熱波(ぼうれいねっぱ)」など広範囲・高威力の技を操る一方で、その強さゆえに「動きが大ざっぱ」と指摘されることもあり、先ほど述べた通り、近接戦闘よりも中距離戦闘に長けています。

これだけ能力に恵まれて入れば、動きが大雑把になるのもしょうがいないともいえますね。

轟焦凍は、初手でよくこの氷の個性による範囲攻撃を使用しますが、ある意味それが癖になってり、B組との交流戦ではその先方を読まれて対策を練られてしまっていました。

父・エンデヴァーとの確執と過去

轟焦凍©堀越耕平・集英社

轟焦凍は当初、父親を憎み、父親から受け継いだ「炎」の個性を頑として使おうとはしませんでした

その背景には轟家の暗い過去が影響しています。

万年No2ヒーローだったエンデヴァーは、No1ヒーローオールマイトに対して強いコンプレックスを持っており、自分では為し得なかった打倒オールマイトを、自分の子供の手で果たそうと考えました。

©堀越耕平・集英社

エンデヴァーはそのために、お金の力を使って丸め込んだ「個性婚」で、自分の「炎」の個性の弱点を補える「氷」の個性をもっていた轟焦凍の母親・轟冷(とどろき れい)を妻にし、「半冷半燃」の個性を持った子供作ろうとしました。

先に、3人の子供が生まれましたが、いずれも「半冷半燃」の個性を持ちえず、4人目にしてようやく「半冷半燃」の個性をもった轟焦凍が生まれました。

©堀越耕平・集英社

エンデヴァーは、待望の「半冷半燃」個性を持って生まれた轟焦凍を、No1ヒーローに育て上げるため、幼少期から徹底的に痛めつけて追い込み続けていました

4人目にしてようやく生まれた、自分が思い描く理想の個性を備えた子供ですから、その育成にも相当の力が入っていたようです。行き過ぎた指導は、体罰や暴力につながっていきました・・・

エデンヴァーと轟焦凍©堀越耕平・集英社

母親は、そんなエンデヴァーから轟焦凍をかばっていましたが、エンデヴァーはそんな母親にも暴力を振るっていました。

轟焦凍は当時の母親の様子を「記憶の中の母はいつも泣いている・・・」と語っていました。

エンデヴァーと同じ炎の個性が宿る焦凍の顔の左側が醜くく見えるほど、精神的に追い詰められていった母親は、ある日轟焦凍の顔の左側に煮え湯を浴びせてしまいました

ある種、錯乱状態で、轟焦凍に煮湯を浴びせたあと、我に帰った母親は、自らの氷の個性で慌てて轟焦凍の顔を冷やしました。しかし、その時の火傷の傷跡は、色濃く残ることになりました。(轟焦凍の左側の顔が赤くなっているのはこのため)

轟焦凍の過去©堀越耕平・集英社

そして母親は長らく精神病院に入院し、轟焦凍が成長して雄英高校に入学するに至っても入院生活を脱することができていませんでした。

轟焦凍は、母親をおかしくした原因となった父親を忌み嫌うようになり、父親から受け継いだ「炎」の個性を使用せず、母親から受け継いだ「氷」の個性だけでNo1ヒーローになることで、父親を完全否定することに固執するようになっていきました。

轟焦凍は、このようにして父親・エンデヴァーに対する憎しみや復讐心といった負の感情に支配されていきました。かつて、憧れていたヒーローになりたいという夢も次第に忘れ、ただひたすらにエンデヴァーを完全否定するためだけに強さを求めていきました。

轟焦凍が初登場時に、非常に近寄りがたい雰囲気を漂わせていたのは、強い復讐心という負の感情に囚われていたからなのです。

緑谷出久との戦いがきっかけで変わり始める

©堀越耕平・集英社

雄英高校に入学して当初は一貫して「炎」は使わず「氷」の個性だけで他を圧倒し続けていました。それが、父・エンデヴァーへの復讐になると考えていたのです。

しかし、雄英体育祭における緑谷出久との闘いの中、『君の力じゃないか』という言葉に触発されて「炎」の個性を使用して以降、父親から受け継いだ「個性」やその関係性ついても改めて向き合うようになりました。

轟焦凍は、純粋にヒーローになろうとする緑谷出久と闘う中で、自分自身の原点には、エンデヴァーへの復讐心ではなく、オールマイトのようなヒーローになりたいという純粋な想いがあったことを思い出しました。

自分自身のオリジンを思い出した轟焦凍は、エンデヴァーに対する復讐心を一時忘れ、「炎」の個性を使用したのです。(この時、炎を開放した轟焦凍は、めちゃくちゃかっこいいので、是非漫画やアニメで見て欲しいです。)

ヒロアカにおいては、自分自身の原点、オリジンを理解することで、限界を超えた力を引き出す描写が多々ありますが、心理学的にも自分自身が『生きる目的』『大切にしている価値観』を自覚できるとより、メンタルが安定し、寿命が伸びるということがわかっています

まさに、轟焦凍は、『オールマイトのようなヒーローになりたい』という自分自身の原点を思い出したことで、復讐心や迷いが一切消えて、純粋に緑谷出久を倒すために、フルパワーを発揮することができたのです。原点を理解して、迷わず突き進める人間は強いのです・・・!

©堀越耕平・集英社

エンデヴァーへの復讐心から脱却する糸口を見出した轟焦凍は、「自分だけ吹っ切れて終わりではいけない」と感じ、入院している母親に十年ぶりに会いに行くなど、過去の遺恨を清算しつつ感情の整理を進めていきました。

エンデヴァーに対しては、「許す気はない」としつつも、職場体験やインターンの現場としてエンデヴァー事務所へ向かうなど、その態度は確実に変わりつつあります。

また、エンデヴァー自身も、轟焦凍の成長やNo1ヒーローへの昇格を経て、家族に対する酷い行いを反省し償いをしようとするなど、その人間性に大きな変化が見られています。

エンデヴァ―
エンデヴァーのかっこいい魅力を心理学で解説!不器用なギャップに萌える!?現No1ヒーローエンデヴァー。190㎝を超えるガタイの良さに威圧感のある態度は、非常に近寄りがたい雰囲気を漂わせています。 当初は...
エンデヴァーと轟焦凍©堀越耕平・集英社

粗暴なドメスティックヴァイオレンス親父かと思いきや、不器用に家族に向き合おうとするエンデヴァーの姿には読者も惹きつけられ、エンデヴァー人気もグングン高まっているような状況です。

今後、バラバラになってしまった轟家は再び絆を取り戻すことができるのか。ヒロアカの注目ポイントの一つです。

轟焦凍のかっこいい魅力を心理学を交えて解説!

「半冷半燃」の二刀流の個性

©堀越耕平・集英社

「氷」や「炎」の能力は歴代のジャンプ漫画でも主要キャラが備えている能力

です。

ワンピースで「氷」は海軍大将・青雉、「炎」はエース。鬼滅の刃で「氷」は上弦の弐・童磨、「炎」は炎柱・煉獄杏寿郎など。しかもかっこいいキャラが大半です。

「氷」と「炎」は、それぞれ単体でもかっこよくかつ強力な能力です。

そんな能力を両方扱える轟焦凍がかっこよくないわけないですよね・・・!笑

しかもただ「氷」と「炎」を使うだけではなく、二つの能力を組み合わせて熱膨張を引き起こす膨冷熱波(ぼうれいねっぱ)という併せ技を使えるなど、二つの能力を一つの技に昇華させている点もかっこいいところです。

轟焦凍©堀越耕平・集英社

大きな人気を獲得するキャラクターには過去の作品の二番煎じでは終わらない魅力的な個性が備わっているものです。

「氷」と「炎」の二刀流というのは今までのジャンプ漫画のキャラにはないオリジナリティであり、こういった希少性こそがかっこいい魅力の一つです。

心理学には、希少性の原理という概念があり、人間は数が少ないものに、レアなものに魅力を感じてしまう心理があり、「半冷半燃」という二刀流は、ファンを惹きつけるかっこいい魅力なのです。

時折みせる熱い一面

©堀越耕平・集英社

轟焦凍は、基本的にクールな性格をしており愛想もよくありません。特に登場初期は馴れ合いを嫌い、クラスメイトを寄せ付けないような冷たい態度が印象的でした。

しかし、雄英体育祭における、緑谷出久との戦いを経て、父親や「炎」の個性と向き合い、過去を清算する中で、その性格や態度は徐々に変化していきました。

例えば、雄英体育祭後に実施された職場体験で、ヒーロー殺し・ステインに殺されかけていた飯田天哉と緑谷出久の助太刀に現れた際。

父親への復讐に固執していた自分と、兄の復讐に固執し続ける飯田の心情を重ねて、『止めてほしけりゃ立て!』『なりてぇもんちゃんと見ろ!』と熱い言葉で檄を飛ばし、復讐ではなく『ヒーローになりたい』という原点を思い起こさせていました。

©堀越耕平・集英社

普段はクールな轟焦凍が声を張り上げて、飯田を鼓舞する姿は普段とのギャップがあって非常にかっこいいです。クール系のキャラは、たまに熱い姿を見せるだけで、より魅力的に見えてしまうので、本当に役得です笑

轟焦凍のCVを担当しているのは、進撃の巨人で主人公のエレンを演じている梶裕貴さんですが、声を荒げるとエレンっぽさが出て個人的には、グッときます笑

また、期末テストで、八百万百(やおよろずもも)とペアで、相澤先生と対峙した際。

轟焦凍に遠慮して、作戦の進言をできない八百万百の心情を慮って『八百万何かあるんだよな!?』『悪い!聞くべきだった、これで言いかって』『そういうのはお前の方が適任だった!』『学級委員決めたとき一票は俺が入れた!そういうことに長けた奴だと思ったからだ!』と勇気づけていました。

©堀越耕平・集英社

もともとがクールで不愛想な轟焦凍だからこそ、こういった仲間を想う熱い一面は、より一層際立ってかっこよく映るのです。

轟焦凍は熱い想いや意志を内に秘めているタイプであり、表面に出てくる態度的には「冷:熱」の割合は「8:2」といったところでしょうか。

クールな態度が大半を占めるからこそ、時折見せる2割の熱い一面がかっこいいのです。

これを心理学におけるゲインロス効果という心理効果が関係しています。

ゲインロス効果とは、最初にネガティブなマイナスの印象を与えておくと、その変化量・差分の大きさで、よりポジティブな印象が際立って映る心理効果です。

轟焦凍は、初登場時から冷たく不愛想というネガティブな印象を読者に与えておいて、その後心境の変化とともに、徐々に仲間を想う熱い一面というポジティブな印象を見せていくことで、より一層轟焦凍が熱くかっこいい男に見えてしまうのです・・!

まさに役得です・・・!笑

実は天然でかわいい一面がある

©堀越耕平・集英社

轟焦凍は、実は天然でかわいい一面も持ち合わせています。

轟焦凍の天然が最初にさく裂したのは、雄英体育祭の時。オールマイトに気に掛けてもらい、また個性もオールマイトに似ている緑谷出久に対して『オールマイトの隠し子か何か?』と本気トーンで、斜め上の発言をしていました。

この発言には、さすがの緑谷出久も目をくりくりとして驚いていました。

©堀越耕平・集英社

他にも、雄英体育祭で戦った緑谷出久や、ステインと戦った飯田天哉らが、それぞれ腕に大きなダメージを負ったことを受けて『俺が関わると手が駄目になるみてぇな感じになっている・・・』『・・・呪いか・・・』『ハンドクラッシャー的存在に・・・』とクールな轟焦凍らしくないトンチンカンなことを言っていました。

轟焦凍©堀越耕平・集英社

また、雄英のヒーロー科が全寮制に移行した際に、入寮初日に自室をフローリングの洋室から畳張りの和室にリフォームしてしまい周囲の度肝を抜ていました。

当日即リフォームってどうやったんだ!?』と聞かれても真顔で『頑張った』というだけでした・・・笑

また、仮免補講で私立間瀬垣(マセガキ)小学校の生徒達と仲良くなるという課題を与えられた際、爆豪、轟、イナサ、ケミィたちは、捻くれたマセガキたちを手なずけるのに手こずっていました。

その際『俺がどういう人間なのか、まずそれを知ってもらわなきゃ何を言っても届きやしねぇ』『過去から目を背けるな』と決意を新たにしつつ、マセガキたちに向き合った轟焦凍。

すると、『俺はヒーロー志望の雄英生徒ショートだ』『現No1ヒーローのエンデヴァーを父に持つが』『俺はずっと奴を憎み、見返すためにヒーローを志してきた・・しかし・・・』と、斜め上の人物紹介ページみたいな語りから入り、『つまんねぇ』と総スカンを喰らい、ガチへこみしていました。

轟焦凍©堀越耕平・集英社

このように轟焦凍は、クールでかっこいいにも関わらず、どこか斜め上をいく天然っぷりを発揮します。

普段が天然とは真逆な、クールで不愛想な轟焦凍だからこそ、この天然でかわいい一面が、より一層際立って映り、轟焦凍というキャラクターにより親しみやすさを抱くのです。これも前述のゲインロス効果という心理効果が働いています。

へこむ轟焦凍©堀越耕平・集英社

ちなみに、女性は「かわいい系」の男性と「ゴツゴツした」男らしい男性を好む二通りの戦略があると、心理学の研究でわかっています。

轟焦凍は、天然でかわいい一面もあり、ルックス的にもゴツゴツとした男らしいタイプ(オールマイトやエンデヴァーみたいなタイプ)というよりも、中性的でかわいい系のルックスをしています。

轟焦凍©堀越耕平・集英社

心理学の研究によれば、轟焦凍のような、かわいい系の男性を好む傾向を持つ女性は、以下のような特性を持つそうです。

  • 自分自身の魅力に自信が持てない女性
  • 性行為への志向がそこまで強くない女性
  • 排卵期ではなく、妊娠可能性が低い時期

参考:法政大学心理学科教授 越智啓太『「美人の正体」外見的魅力をめぐる心理学」(実務教育出版,2013)

つまりかわいい系のキャラクターは、自分自身にあまり自信がなく、また性的な欲求がそこまで強くない女性から好まれていると考えられます。

基本的に無口でクールなイケメンだが、実は優しく、天然でかわいい一面もあるという、絶対モテるだろという要素を備えているのが轟焦凍なのです・・・

轟焦凍のかっこいいシーンを紹介

以下では、作中で登場する轟焦凍のかっこいいシーンを厳選して紹介していきます!

初期の戦闘訓練では周囲を圧倒

©堀越耕平・集英社

初期のオールマイト監修の授業における戦闘訓練で、建物を氷漬けにして、一瞬で勝負を決めたました。

その圧倒的な力の前に、あの爆豪勝己も強い嫉妬心を抱きました。この時の強キャラ感は凄まじいものがありました。コスチュームは若干ださかったですが・・・

今でこそ天然キャラが判明しましたが、初期の轟焦凍はまだ周囲に心を開いておらず、よりクールな印象が強いです。そこがまたかっこいいのですが・・・

氷壁を放つ

©堀越耕平・集英社

雄英体育祭でにおける障害物競争で、生徒たちの前に立ちはだかった巨大ロボットを氷漬けにした轟焦凍。

敢えてロボットの体勢が不安定な状態で凍らせることで、自分を追いかける後続の生徒の前で崩れるようにするという頭脳プレイを見せました。

こういった知的な戦術を組み立てられるところもかっこいいところです。

父・エンデヴァーに対する憎悪が隠しれきれない憎悪

©堀越耕平・集英社

初期の轟焦凍はエンデヴァーに対する復讐心に支配されていました。

周囲に対しても心を閉ざし、時折こういったヴィランのような表情を見せるなど、クールで近寄りがたい雰囲気を常に漂わせていました。

初期のクールで近寄りがたい轟焦凍があるからこそ、たまに現れるボケキャラ的な特性がより一層際立って映るのです。

緑谷出久との戦闘でその強さを見せつける

©堀越耕平・集英社

雄英体育祭で、緑谷出久と対峙した轟焦凍。

父親への復讐心から炎の個性を封印し、氷結の個性のみで闘うが、その圧倒的な質量と攻撃範囲で緑谷出久を終始圧倒。

未だ復讐心に囚われるクールな表情がかっこいいです。

炎の個性を開放

©堀越耕平・集英社

体育祭における緑谷出久との戦闘の中で、父親への復讐に取り憑かれるあまり忘れていた、本来なりたかった自分を思い出しました。

父親に対する復讐として使用しなかった炎の個性を解き放ち、半冷半燃による膨冷熱波の激しい爆風で緑谷出久を倒しました。

この体育祭における、緑谷出久VS轟焦凍は、ヒロアカの中でもベストバウトといっても過言ではない非常に見応えのある戦いでした。特に、葛藤の末、炎の個性を開放した姿が非常にかっこいいです。

服が破れた姿もまたかっこいい

©堀越耕平・集英社

緑谷出久との戦闘の中で、炎の個性を開放。

全力で飛び込んでくる緑谷出久に対して、冷え切った空気を瞬間的に熱することで、熱膨張による爆発を引き起こしました。

その威力は凄まじく、緑谷出久を場外に吹き飛ばしました。

その際の爆発で、服が破れた轟焦凍ですが、破れた服から鍛えあげられた筋肉質な体があらわとなりました。女性ファンが喜びそうなワンシーンです・・・

母親と向き合う

©堀越耕平・集英社

緑谷出久との戦いを経て、父親への復讐心から脱却する手がかりを得た轟焦凍。

父親への復讐心を乗り越え、なりたい自分を目指す上で、エンデヴァーから自分をかばって精神を病んでしまった母親・冷と向き合う決心をしました。

体育祭終了後すぐ、何年も訪れていなかった母親の病室を尋ねました。

普段なかなか私服姿を見せない轟焦凍ですが、黒いシャツがよく似合っていて、さすがかっこいいですね!

飯田を鼓舞する姿がかっこいい

©堀越耕平・集英社

兄のインゲニウムを襲ったヒーロー殺し・ステインへの復讐に駆られて独断専行した飯田天哉を、「なりてぇもんちゃんと見ろ」と熱く鼓舞した名シーンです。

あのクールな轟焦凍が声を荒げて訴えかけるところが非常に印象的でした。

仮免講習で登場したマボロキくん

©堀越耕平・集英社

仮免講習の際に、ケミィが子供たちに見せた、キザで臭いセリフを放つ轟焦凍の幻影。

『オイオイ 君の可愛い顔が見てぇんだ シワが寄ってちゃ台無しだぜ』

普段とは全く異なるギザで爽やかな轟焦凍に思わず、爆豪勝己も笑いを堪えきれず、珍しく爆笑していました。

こんなキザなセリフも平気で吐ける、そんな轟焦凍が現実にいたらモテまくりでしょう・・・笑

ハイエンドに大苦戦するエンデヴァーを見て珍しく強張る

引用:©堀越耕平・集英社

アニメ四期の最後で、九州にて、突如襲来したハイエンド脳無と闘ったエンデヴァー。その様子がテレビ中継にて流されていました。

強すぎるハイエンドの前に、ボロボロになって闘うエンデヴァーの姿を見て、珍しく強張った表情を見せました。

常に冷静で落ち着いている轟焦凍にしては珍しいシーンでした。

B組との交流戦で先手で穿天氷壁(がてんひょうへき)を放つ

引用:©堀越耕平・集英社

B組との交流戦で、B組鉄哲徹鐵、骨抜柔造、回原旋、角取ポニーと戦闘した、A組轟焦凍、飯田天哉、瀬呂範太、障子目蔵。

その戦闘の初手で広範囲攻撃の穿天氷壁を放った轟焦凍。放ったあとのクールな顔が相変わらずかっこいいですね・・・笑

体育祭における緑谷出久との戦闘など、これまでも基本的に、初手は、中距離から穿天氷壁でした。

その攻撃範囲と威力は凄まじいものがありますが、ある種ワンパターンの攻撃プラン。

何度も轟焦凍の戦闘を見ていたB組は、相手の戦闘スタイルを読み作戦を構築し、試合は両者が決め手を欠く、混戦の様相を呈していきました。

B組との交流戦で赫灼熱拳を放つ

引用:©堀越耕平・集英社

訓練によって非常に高い耐熱性能を身につけた、鉄哲徹鐵によって、轟焦凍は押さえ込まれて動きを封じられてしまいました。

鉄哲徹鐵を押し除けるために、火力を上げましたが、個性の弱点として、火力をあげるほど体への負荷が上がり、今にも限界を迎えそうな状態でした。

自分自身の火力で意識が朦朧とする中で、父・エンデヴァーの赫灼熱拳を思い出した轟焦凍は、周囲の炎を右手に集めて赫灼熱拳を放とうとしました。

しかし、直後乱入してきた、骨抜柔造らの妨害などもあり、赫灼熱拳を打ち損ねてしまいました。

管理人
管理人
原作漫画の描写における描写も非常にかっこいいですが、アニメにおける赫灼熱拳の描写は神懸かってかっこいいので、ぜひアニメも見てみてくだdさい・・・!

インタビューの予行演習で天然っぷりを連発

引用:©堀越耕平・集英社

授業の一環で、マウントレディを講師として、インタビューの予行演習を受けたました。

堅物で天然な轟焦凍は、マウントレディの質問に対して斜め上の回答を連発。天然ぶりを発揮しました。

最初は、そんな轟焦凍を、マウントレディもかわいいと思っていましたが、さすがに天然ぶりを連発し過ぎて、後半は呆れられてしました・・・笑

サンタクロース姿が意外と似合っている

A組で、クリスマス会を開いた際のワンシーン。赤色のサンタコスが非常に似合っている轟焦凍。

頑なにサンタコスを拒否した、爆豪勝己と比較してもこういった行事ごとに協力的なところも轟焦凍の魅力ですね。

文化祭の時も、バンド演奏の出し物を提案したりと、クールに見えて意外と協調性があるタイプは人気が出やすいです。

爆豪勝己と窃盗犯を迎え撃つ

引用:©堀越耕平・集英社

仮免取得した帰り道、オールマイトの運転する車で雄英高校に戻る最中に、街中で窃盗犯に遭遇しました。

仮免取得したばかりということもあり、オールマイトに止められた轟焦凍たちでしたが、2人は当然、止まることなく、窃盗犯の捕縛に向かいました。

力を失ったオールマイトを他所に、想像を遥かに超える動きで、迅速に窃盗犯を捕縛。この二人のコンビプレイは、非常にかっこいいですね・・・!

窃盗犯に膨冷熱波を放つ轟焦凍

引用:©堀越耕平・集英社

窃盗犯を捕縛する際に、膨冷熱波を放った轟焦凍。

体育祭における緑谷出久戦で見せたものよりは、威力は遥かに抑えられたものでしたが、一撃窃盗犯を弾き飛ばして無力化させました。

放つ時に学生服をまくり上げる仕草がかっこいいですね・・・!

素早い行動で夏兄を守る

©堀越耕平・集英社

轟焦凍は、エンデヴァーの事務所に、緑谷と爆豪と3人でインターンに訪れていました。

エンデヴァーの家で、夕食を食べて帰る途中、エンデヴァーに恨みのあるヴィランが夏兄を誘拐し、人質に取りました。

いち早く車から飛び出したエンデヴァーでしたが、一瞬、夏兄を救うことを躊躇してしまいました。

エンデヴァーは、家庭を壊した自分に対して恨みを持っていた夏兄を、自分が助けてしまうことで、夏兄に負い目を負わせるのではないかと考え、一躇してしまったのです。

その隙に、緑谷、爆豪、轟焦凍の3人は躊躇いなく飛び出し、見事なコンビネーションで夏兄を奪還しました。

やっぱり、この3人はかっこいいなと改めて思うシーンでしたね・・!

心理学で最も信頼性が高いとされるビッグファイブ分析をベースに、あなたの性格に近いヒロアカのキャラクターを診断します。1分以内で回答ができて信頼性が高い内容なので、是非受けて見てください!

▼下記からヒロアカキャラ性格診断を受けてみる▼

【性格診断テスト】心理学的にあなたの性格に近いヒロアカのキャラは誰?心理学で最も信頼性が高いといわれるビッグファイブ分析をもとに、あなたの性格に最も近いヒロアカのキャラクターを診断します。 ビッグフ...

轟焦凍はとにかく「かっこいい」と思われる要素が詰め込まれたキャラクター

轟焦凍は「半冷半燃」というオリジナリティのある個性に加えて、クールな性格をベースにしたギャップ効果でその魅力を高めています。

人気の高いキャラクターには必ずと言っていいほど、ギャップが備わっていますが、轟焦凍はヒロアカの中でも特にそのギャップを備えたキャラクターといえましょう。

管理人
のびぃ
大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ