僕のヒーローアカデミア

緑谷出久のかっこいい魅力を心理学で解説!正義を貫く姿勢がかっこいい!

緑谷出久(デク)のかっこいい顔

僕らのヒーローアカデミアの主人公・緑谷出久(デク)がいかにかっこいいか、かっこいい魅力を心理学の知見を交えつつ解説していきます!

公式人気投票では、ライバルの爆轟勝己に及ばず2位ですが、個性的な人気キャラクターが多く登場するヒロアカにおいて、2位というのは十分にすごいです。さすがは主人公。

陰キャっぽくてイケメンでもない緑谷出久(デク)ですが、2位にランクインするのにはそれ相応の魅力が備わっているのです。早速見ていきましょう・・!

のびぃ
のびぃ
厳選した緑谷出久(デク)のかっこいいシーンもまとめて紹介するので最後までご覧ください~

ヒロアカの主人公・緑谷出久(デク)とは?

緑谷出久(デク)の身長・誕生日・声優は?

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会
ヒーロー名/th>

デク
個性ワン・フォー・オール
学校・学年 雄英高校ヒーロー科1年A組18番
誕生日7月15日
身長166cm
血液型O型
担当声優山下大輝(TVアニメ・VOMIC)、渡辺明乃(幼少期)

No1ヒーローを目指して雄英高校ヒーロー科に進学

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久は、ヒロアカの主人公で、雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒。

幼少期からNo1ヒーロー・オールマイトに憧れてヒーローになることを夢見ていましたが、生まれつき個性を持たない無個性の人間であったため、ヒーローになるのは絶望的でした。

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

それでも、多くのヒーローを輩出している名門の雄英高校の進学を志したり、ヒーロー分析ノートを作るなど、夢を諦めきれずにいました。

そんなある日に、No1ヒーロー・オールマイトと偶然出会い、単身生身でヘドロヴィランに捕まった同級生の爆轟勝己を救出に飛び出したその正義感や行動力を見込まれ、代々継承されてきた超パワーの個性である『ワン・フォー・オール』を受け継ぎ、個性を獲得しました。

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

その後は、オールマイトのもとで、ワン・フォー・オールを使いこなすための厳しい特訓を重ねて、見事に雄英高校ヒーロー科への入学を果たしました。

個性:ワン・フォー・オール

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久の個性『ワン・フォー・オール』は、自らの意志で他者に譲渡ができる代々受け継がれてきた個性。

能力は超人的なパワーを生み出せるのみと単純だが、その分非常に強力。

先代の継承者であるオールマイトは、拳一振りで天候を変えたり、目で追えないほどの超スピードでの移動や、空を蹴ることで飛行するという、ぶっ飛んだパワーを見せつけていました。

しかし、緑谷出久の身体はそんな『ワン・フォー・オール』の超パワーに耐えうる強度を備えておらず、フルパワーを使えばすぐに腕や足がバキバキに折れてしまっていました。

自分の身を破壊しながら敵を倒しに行く戦闘スタイルは、ある意味狂気に満ちており、緑谷出久のかっこいいポイントでもあります・・笑

それゆえに、いきなりフルパワーを開放するのではなく、全身に一定の『ワン・フォー・オール』を分散させるように発動させることで、身体能力全体を強化する『フルカウル』を身に着けるなど、力のコントロールを徐々に習得しています。

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

また、初期にパンチスタイルに固執して腕を酷使してきたこともあり、もう2度,3度同様の大怪我を負えば腕が使えなくなると医師から忠告を受けたこともあり、足技である『フルカウル・シュートスタイル』も編み出して、戦闘スタイルの幅を広げています。

歴代継承者の個性が発言する

ワン・フォーオール©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久には『ワン・フォー・オール』の歴代継承者の個性が発現しています。

現在は、五代目継承者万縄大悟郎の『黒鞭』、七代目志村菜奈の『浮遊』、四代目継承者の持っていた『危機回避』の3つが発現しています。

緑谷出久©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

残り3つの歴代継承者の個性の発現可能性があり、今後さらなあるパワーアップの可能性を秘めているのが緑谷出久のかっこいい魅力でもあります。

同級生・爆轟勝己との関係

緑谷出久と爆豪©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

爆轟勝己とは小さい頃からの幼馴染。無個性であった緑谷出久とは違い、『爆破』という強力な個性を持っていた爆轟勝己は、ガキ大将のような存在でした。

緑谷出久はそんな爆轟勝己に憧れて後ろからついていくだけの子供でした。

爆轟勝己は、小さい頃から緑谷出久が時折見せる強い正義感や行動力を『理解できない気味の悪いもの』と感じ、緑谷出久にきつく当たり遠ざけていました。

緑谷出久のヒーローネームの『デク』は、もともと爆轟勝己が役立たずの『木偶』という意味を込めて呼んでいた蔑称が元になっています。

それを、麗日お茶子から『「デク」って…「頑張れ!!」って感じで なんか好きだ私』と言われたことで、ヒーローネームにしていました。

そんな明らかに格下と思っていた緑谷出久(デク)が『ワン・フォー・オール』を手に入れて、名門の雄英に入り、いつの間にか自分に匹敵する強さを身に着けてきたことが我慢ならず、度々緑谷出久を叩き潰そうとして、衝突を繰り返してきました。

しかし、衝突を繰り返す中で、関係には改善の兆しが見られており、現在では良いライバル関係を築きつつあります。

緑谷出久(デク)のかっこいい魅力を心理学で解説!

次からは、緑谷出久のかっこいい魅力を心理学の知見を交えつつ解説していきます!

自分の体を犠牲にしても正義を貫く姿がかっこいい

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久は、作中の中でも正義感の強さは群を抜いて強く、自分の身をなど顧みずに人を助けようとします

その正義感の強さは『ワン・フォー・オール』の個性を授かる前から一貫しており、雄英の入学前にヘドロヴィランに捕まった爆轟勝己を救出しようと、無個性にも関わらず単身敵前に飛び込むという向こう見ずな行動力を見せました。

そんな無鉄砲な行動をした理由を問われた際は『君が助けを求める顔をしていた』という有名な名言を残しています。

緑谷出久©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久は、『助けを求める人』を決して捨て置くことはしない男なのです。

林間合宿襲撃の際は、ヒーロー嫌いの洸汰くんを救出するために、各上のマスキュラー相手取って、自らを腕を犠牲にしてでも『ワン・フォー・オール』の100%スマッシュを放ち、それでも尚倒れないマスキュラーに対し、涙を流して痛いのを我慢しながら、さらに壊れた腕で100%スマッシュを放つという、凄まじい執念を見せました。

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

また、死穢八斎會 (しえはっさいかい)のオーバーホールのもとからエリちゃんを助け出す際、エリちゃんが内心では『自分を助けるために多くの人が傷つくなら救い出さなくていい』と語っても、『そうだとしても・・・』『余計なお世話だとしても・・・君は泣いているじゃないか』『誰も死なせない・・・君を助ける!』と救い出すことを諦めませんでした。

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

助けを求める人は自分の身を犠牲にしてでも助ける』この姿勢を、作中初期から一貫して貫き続けているのが緑谷出久です。

世界的な有名な社会心理学者のロバート・B・チヤルディーニは、名著『影響力の武器』の中で、「行動や思想に一貫性のある人間」はより魅力的な人間に見えると述べており、行動や思考の一貫性は魅力的なキャラクターの重要な要素なのです。

作中の初期から、自分の身など顧みずに人を助けようとする。そんな姿勢を貫き続ける、一貫性のある姿勢や生き様こそが、緑谷出久のかっこいい魅力なのです。

とにかく優しくていい奴

緑谷出久とエリちゃん©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久はとても優しい性格をしています。

自らの身を犠牲にしてでも人を助けようする時点で、いい奴なのは間違いないのですが、ヒーローとしての活動時以外、友達などに対してもその優しさが溢れています。

雄英高校の入学試験の際には、、瓦礫にはさまって動けなくなっていた麗日お茶子を見て、当時は全く面識がなかったにも関わらず、自分の合格の可能性がなくなるというリスクを負ってでも助けに走りました

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

また、体育祭で轟焦凍と戦った際、父親との確執から自分の『半熱半冷』の個性のうち、父親から受け継いだ『熱』の力を使おうとせず、心にわだかまりを残していた轟焦凍の悲しげな顔を見て、『君の力じゃないか』と檄を飛ばすというお節介からくる優しさを見せました。

この緑谷出久の言葉をきっかけに、自分の本当になりたかった『モノ』を思い出して『熱』の個性を使用した轟焦凍の前に、緑谷出久は敗れてしまい、結果として敵に塩を送ることになっていました。

自分の勝敗よりも相手の心情に配慮してしまう、緑谷出久の不器用ながらも優しい一面が現れたシーンでした。

デクと轟©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

また轟焦凍が、父親と向き合い始める中で、父親とどう接していいか悩んでいました。そんな轟焦凍に対して、『轟くんはきっと許せるように準備してるんじゃないかな』『本当に嫌いなら「大嫌い」でいいと思う』『でも君はとても優しい人だから待ってるように見える・・・』と気遣うように語り掛ける優しさを見せていました。

©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久は根っから優しく思いやりのある人間なのです。

心理学の研究で、他人を思いやる優しい性格はモテるといことがわかっています。

スイス・チューリッヒ大学の論文で、もっともモテる要素をランキング付けしたところ、他人対する優しさを表す『親切さ・共感力』が1位になり、西オーストラリア大学の実験で「どんな人を魅力的だと思うか?」を尋ねて、モテやすい要素のランキングを出した実験でも『親切さ』が1位になりました。

進化心理学の研究で、優しい男がモテるのは、女性がその優しさを子育てに向けてくれることを本能的に期待するからとしており、やっぱり優しい男はモテるのです・・・!

緑谷出久の優しいところは、特に女性ファンを惹きつけるうえで重要な魅力の一つのなのです。

状況分析の能力が高く実は頭脳派な点

緑谷出久©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

ドラゴンボールの悟空、ワンピースのルフィ、NARUTOのナルトなど、他のジャンプバトル漫画の主人公と比べて、緑谷出久は、珍しく頭脳型の主人公でもあります。

超パワーの個性で霞がちですが、戦闘においての状況分析やここぞという時の判断能力は、No1ヒーローのオールマイトにも評価されています。同級生の飯田天哉も『ここぞというときの胆力や判断力は他を牽引するに値する』と、緑谷出久を評価していました。

緑谷出久が高い分析能力を持つのは、長年書き溜め続けていた『ヒーロー分析ノート』のおかげでもあります。

緑谷出久©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

無個性という現実を突きつけられても諦めずに、書き続けていた『ヒーロー分析ノート』が、『ワン・フォー・オール』という超パワーの個性を得て、その真価を発揮したのです。

頭脳派で知性的な男はより魅力的に映るというが心理学の研究でわかっています。

前述の、 西オーストラリア大学の実験で「どんな人を魅力的だと思うか?」を尋ねて、モテやすい要素のランキングを出した実験で1位だったのは『親切さ』ですが、2番目のモテる要素としてランクインしたのは『知性』でした。

知性』は現代において『生きるための能力』として判断され、より生存能力が高い魅力的な男性として判断される重要な指標になるのです。

公式人気投票で5連覇している不動の人気No1キャラの爆轟勝己(ばくごうかつき)も、あの粗暴な態度とは裏腹に、 1学期中間試験の学力ランキングでは3位と緑谷出久を上回り、戦いの中でも冷静な判断力や分析力を見せるなど、高い知性を備えているという点も人気の秘訣なのです・・・!

ひたむきに努力する姿がっこいい

緑谷出久(デク)©堀越耕平・集英社/僕のヒーローアカデミア製作委員会

緑谷出久は、王道のジャンプ漫画らしく、友情・努力・勝利の三拍子がそろった主人公です。

緑谷出久は、無個性という残酷な現実を前にしても、諦めたり腐ったりせず、ヒーロー分析ノートを書いたり、名門の雄英に入るために勉強を継続していました。

ワン・フォー・オールを譲渡された後も、自らの肉体を徹底的に痛めつけ、鍛えぬき、自分の理想とするNo1ヒーローを目指して努力を重ねてきました。

そして、どれだけピンチで危険な状況でも決して逃げずに立ち向かい、勝利をつかみ取ってきました。

そんなひたむきに頑張る緑谷出久の姿を見て、麗日お茶子もいつしか好意を抱くようになっていました。

ひたむきに頑張っている人間が嫌いな人はいませんよね。

過酷な現実にもめげず、夢に向かって努力する緑谷出久の姿に、読者は心打たれて応援したくなるのです。

まさに『がんばれ!って感じのデク』なところが、かっこいい魅力なのです!

厳選!緑谷出久(デク)のかっこいいシーンまとめ

頑張れって感じのデクだ!

緑谷出久©堀越耕平・集英社

雄英での授業で初めて爆豪と戦った際、爆豪の後ろをついて回るだけだったかつての自分とは違うと言い放った名シーンです。

もともと「デク」という呼び名は、爆豪が役に立たない木偶という意味からつけた不名誉なあだ名であり、緑谷出久も「デク」と呼ばれるのが好きではありませんでした。

しかし、麗日お茶子(うららか おちゃこ)から『デクって頑張れっ!!て感じでなんか好きだ私』という言葉をかけられたことで、「デク」という呼び名をポジティブに捉えられるようになりました。

その緑谷出久の気持ちの変化や、爆豪と向き覚悟の気持ちが現れた象徴的なシーンです。

ヒーロー名をデクにした緑谷出久

ヒーロー名をデクにする緑谷©堀越耕平・集英社

麗日お茶子の言葉で、「デク」という呼び名にポジティブな意味を見出した緑谷出久は、授業の一環でヒーロー名を決める際に、「デク」をヒーロー名にすると宣言したのです。

この宣言には爆豪も驚きの様子でしたが、麗日お茶子の与えた言葉の影響は非常に大きかったようです。

爆豪の小手を使用しする緑谷出久がかっこいい

爆豪の小手を使う緑谷出久©堀越耕平・集英社

期末試験の一環で、爆豪とコンビでオールマイトと戦った緑谷出久。

序盤は、仲たがいをして噛み合わなかった緑谷出久と爆豪でしたが、爆豪が「勝利」優先するために緑谷出久との協力を了承。爆豪のコテを借りて、オールマイトに爆撃を喰らわせました。

緑谷出久がコテを放つ姿が結構様になっていてかっこいいです。

“轟に全力でこいと宣言するかっこいい緑谷出久

轟に全力でかかってこいと宣言するかっこいい緑谷出久©堀越耕平・集英社

雄英体育祭における轟焦凍と戦った際の名シーンです。

父親に対する復讐心から炎熱の個性を使おうとしない轟焦凍に対して、まだまだ自分は轟焦凍の技ではダメージを受けていない、全力でかかってこいと挑発したシーンです。

轟焦凍の氷壁でダメージは受けてないものの、それを防ぐために「ワン・フォー・オール」の力を使って指がボロボロの満身創痍の常態。それでも轟焦凍の全力を引き出そうとする緑谷出久がかっこいい名シーンです。

轟焦凍との戦闘で本気を出す緑谷出久がかっこいい

雄英体育祭におけるかっこいい緑谷出久©堀越耕平・集英社

緑谷出久の言葉で炎熱の個性を開放した全力の轟焦凍。

全力の轟焦凍に対して、緑谷出久もフルパワーで迎え撃とうとする名シーンです。

完全に悪人面になっている緑谷出久ですが、本気すぎる緑谷出久がかっこいい名シーンです。

出水洸汰 (いずみこうた)を守る覚悟を決めた緑谷出久

 出水洸汰 (いずみこうた)を守る緑谷出久©堀越耕平・集英社

林間合宿で、マスキュラーから出水洸汰 (いずみこうた)を守る覚悟を決めた緑谷出久。

圧倒的に各上の相手であるマスキュラーに対して、一歩も引かずに迎え撃とうとする姿勢がかっこいいです。

爆豪にシュートスタイルを放つ緑谷出久

爆豪にシュートスタイルを放つ緑谷出久©堀越耕平・集英社

爆豪と戦った際に、身に着けたばかりのシュートスタイルを、放った緑谷出久。

爆豪は、オールマイトと緑谷出久の関係性に気づき、また自分自身がヴィラン連合に捕まったことが、オールマイト引退の原因になったと思い悩んでいました。

憧れのヒーローから力を継承した、かつては落ちこぼれだった緑谷出久と、そんな憧れを引退させてしまった自分。

嫉妬、焦燥感、罪悪感、様々な感情で心をかき乱されていた爆豪は、その想いを緑谷出久にぶつけようとしました。

そんな爆豪の想いを受け入れつつも、決して手を向かない緑谷出久は、全力を出して応戦。

身に着けたばかりの、ワン・フォー・オールのシュートスタイルを放ちました。

爆豪とも互角に近い戦闘ができるまでに成長した緑谷出久がかっこいいシーンでした。

オーバーホールにトドメを刺しにいく緑谷出久がかっこいい

オーバーホールにトドメヲさす緑谷出久©堀越耕平・集英社

全力のワン・フォー・オールで、オーバーオールにトドメを刺しにいく緑谷出久。

生物を巻き戻してしまう個性をもつエリちゃんを背中に背負うことで、フルパワーのワン・フォー・オールで体を砕かれても、砕かれた側から再生するという、破壊と再生のイタチごっこをで、フルパワーを開放しました。

スーパーサイヤ人みたいに青い光を放つ、緑谷出久が非常にかっこいいです。

ジェントルに空気弾を放つ緑谷出久

ジェントルに空気弾を放つ緑谷出久©堀越耕平・集英社

雄英の学園祭を妨害しようとするジェントルを全力で止めにかかった緑谷出久。

習得したての「空気弾」を駆使して、ジェントルを捉えました。

黒鞭で自動車を捕縛して被害を抑えた緑谷出久

黒鞭を使う緑谷出久©堀越耕平・集英社

エンデヴァーのもとにインターンに訪れた際、エンデヴァーに恨みをもつヴィランが夏雄を誘拐しました。

そのヴィランが、自動車を投げ飛ばして被害を拡大させようとした際、鍛錬していた「黒鞭」を使って自動車を捕縛して被害を防ぎました。

エンデヴァーのもとでの鍛錬の成果を早速実践で活かす、緑谷出久がかっこいいです。

黒鞭で死柄木弔捕縛して攻撃する緑谷出久

黒鞭で死柄木弔捕縛して攻撃する緑谷出久©堀越耕平・集英社

改造手術によって覚醒した死柄木弔。手で直接触れたものだけではなく、間接的に接触したものまで崩壊させることができるなど、恐ろしいまでに個性が強化されていました。

そんな死柄木弔を封じ込めるために、7代目継承者である志村菜奈の個性「浮遊」を使って浮かび、5代目継承者の万縄大悟郎(ばんじょうだいごろう)個性「黒鞭」で捕縛しました。

そのうえで、ワン・フォー・オールの100%スマッシュを放った緑谷出久です。

土壇場で、歴代継承者の個性を組み合わせて使用する緑谷出久がかっこいいです・・!

まとめ

緑谷出久は、王道のジャンプ漫画らしい主人公ですが、作中で痛みに涙を流したり、弱音を吐いたり、その脆さや弱さもたくさんを見せています。

また、作中初期は特に、おどおどした気の弱い陰キャっぽさも満載でした。

ただ、ある意味そんな人間臭さがあるからこそ、より多くの読者から共感を集める魅力的な主人公になったといえます。

今後も緑谷出久のかっこいい姿を追跡しつつ、本記事をアップデートしていきたいと思います!

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。