鬼滅の刃

胡蝶しのぶの名言・名シーンまとめ!美しき蟲柱のすべて

目次

胡蝶しのぶの名言・名シーンまとめ

胡蝶しのぶの名言:そんなだからみんなに嫌われるんですよ

胡蝶しのぶの名言引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

那田蜘蛛山 (なたぐもやま)にて、鬼を連れた炭治郎をかばう理由を問われてもはっきりと答えようとしない冨岡義勇に対して、放った名言です。

笑顔で毒づくあたりが胡蝶しのぶのサイコパスっぽさを際立たせています。

さらに畳みかけるように『すみません嫌われている自覚がなかったんですね』と追い打ちをかけるあたりには、ドSっぽさを感じますね・・・

胡蝶しのぶの名言:今日は月が綺麗ですね

胡蝶しのぶの名言引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

那田蜘蛛山 (なたぐもやま)にて、鬼の蜘蛛に対して、挨拶を交わす胡蝶しのぶの名言です。

鬼に対して、まるで人間に話しかけるように挨拶を交わすのは、ある意味異様ですね・・・

姉・胡蝶カナエの『鬼と仲良くする』という意思を、自分の本心とは反して引き継ごうとしているがゆえに、このような挨拶をしているのかもしれません。

ちなみに、『月が綺麗ですね』は、夏目漱石の小説では『I Love you』を意味する言葉として有名で、そのため『月が綺麗ですね』は告白を意味する言葉なので、知っている人は、胡蝶しのぶに『月が綺麗ですね』と言われるのはドキッとするかもしれません・・・

胡蝶しのぶの名言:人を殺した分だけ私がお嬢さんを拷問します

胡蝶しのぶ名言引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

同じく那田蜘蛛山 (なたぐもやま)にて、胡蝶しのぶが蜘蛛の鬼に放った名言です。

カワイイ顔して『目玉をほじくり出したりお腹を切って内臓を引き摺り出したり』『その痛み苦しみを耐え抜いた時あなたの罪は許される』など、かなりえぐいことを言っています・・・

『胡蝶しのぶ=サイコパス説』 が浮上するきっかけにもなった名言です。

胡蝶しのぶの名言:鬼を殺せる毒を作ったちょっとすごい人なんですよ

胡蝶しのぶの名言引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

蜘蛛の鬼を殺した際に放った名言です。

胡蝶しのぶが頸を切り落とすことができないこと、鬼を殺せる毒を開発した凄い人であることがわかるシーンでした。

胡蝶しのぶ名言:頑張ってますね

炭治郎と胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

蝶屋敷における機能回復訓練の際、夜一人で炭治郎が瞑想をしている際に、胡蝶しのぶがふいに表れた際の名言・名シーンです。

いきなり表れて顔面近くまで顔を寄せてくる胡蝶しのぶに、堅物デコ真面目な長男も顔が真っ赤になっています・・・!

これは見ている方もドキドキするシーンでしたね・・・!

胡蝶しのぶ名言:君には私の夢を託そうと思って

炭治郎と胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

瞑想中の炭治郎の横に座り、自らの想い・夢を炭治郎に託した胡蝶しのぶの名言です。

胡蝶しのぶの姉、胡蝶カナエは「鬼と仲良くする」という理想をもった柱でした。しかし、上弦の弐・童磨との戦闘で殺されています。

胡蝶しのぶはそんな姉の想いを引き継ごうとしていたのですが、自分の中に渦巻く鬼に対する憎悪がどうしても消えず、姉の理想を追うことに限界を感じているようでした。

その点について胡蝶しのぶは『少々疲れまして・・・』と弱音をもらしています。

そこに鬼の妹・禰豆子を連れた姉のように優しい心をもつ炭治郎が現れ、自らの想い・夢を託そうとしたのです。

それほどに胡蝶しのぶは限界に来ていたのでしょう・・・

胡蝶しのぶ名言:私はいつも怒っているかもしれない

胡蝶しのぶの後ろ姿引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

炭治郎から『怒っていますか?』と本心を突かれて、漏れた胡蝶しのぶの名言です。

普段はひょうひょうとした胡蝶しのぶですが、内心では怒りや憎しみが渦巻いているということが明らかになったシーンでした。

この発言は、上弦の弐・童磨戦で再び出てきます。

胡蝶しのぶ名言:頑張ってください善逸君一番応援してますよ

善逸の手を握る胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

機能回復訓練の際に、モチベーションが低下していた善逸のおやる気を引き出すために、善逸が喜ぶであろう言葉を狙って口にした名言です。

年下の男を手玉に取る大人の女性の力を見せつけた胡蝶しのぶです・・・!

胡蝶しのぶの名言:姉さんに触らないでください

人売りの手を払う胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

幼い頃の栗花落カナヲを連れた人売りが、姉・胡蝶カナエに触れようとしたところをすかさず、その手を弾き飛ばしてはなった名言です。

胡蝶しのぶがいかに、姉を大切に思っているかがよく分かると同時に、昔はもっと気の強い勝気な性格が全面に出ていたことが良く分かる名シーンです。

胡蝶しのぶの名言:嫌だ 辞めない絶対姉さんの仇を取る

カナエとしのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

死にゆくカナエに復讐を誓う胡蝶しのぶの名言です。

上弦の弐・童磨との戦闘で致命傷を負い、胡蝶しのぶの腕の中で死にゆく胡蝶カナエ。そんな姉に対して、鬼の特徴を問いただし、胡蝶しのぶは復讐を誓います。

この時、姉・胡蝶カナエからは、鬼殺隊はやめて普通の女子として生きてほしいといいますが、胡蝶しのぶは聞き入れませんでした。

この点にも、胡蝶しのぶの勝気な性格が表れているといえます。

胡蝶しのぶの名言:感情の制御ができないものは未熟者です 未熟者

我慢するしのぶ引用:©吾峠呼世晴/集英社

胡蝶カナエの仏壇の前で、自らの感情を抑えようとする胡蝶しのぶの名言です。

胡蝶しのぶは、姉の生前と死後ではその性格が大きく異なっているように見えます。

生前はより勝気で少し男勝りな印象がありましたが、カナエの死後は、どこか飄々とした何を考えているかわからないミステリアスな印象が強くなりました。

胡蝶カナエの死後に『鬼と仲良くする』という姉の理想を追求するために、感情の制御をするようになったために、表面では飄々とした穏やかな感じを装いつつも、心の奥深くでは勝気で感情的になりやすい性格が潜むようになったと考えられます。

胡蝶しのぶの名言:私の全体重三十七キロ分 致死量のおよそ七十倍です

胡蝶しのぶ名言引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

上弦の弐・童磨との戦闘に際して、自らの体に藤の花の毒を仕込むことで、童磨の弱体化を狙った際に、いかにその毒の量が凄いかがわかる名言です。

自らの命を犠牲にしてでも、童磨を弱らせようとする、胡蝶しのぶの覚悟が窺い知れるシーンです。

胡蝶しのぶの名言:二つめは老化の薬が望ましいですね

薬を開発する胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

珠世 (たまよ)と一緒に、無残を倒すための毒を開発する胡蝶しのぶが、老化の作用を提案した際の名言です。

この薬によって、鬼舞辻無残は9000年近く老化が進み、大きく弱体化させることに成功しました。

この薬がなければ、無残を倒すことは不可能といっても過言ではないので、胡蝶しのぶと珠世は、鬼滅の刃の世界のMVPといっても過言ではない働きをしたのです。

胡蝶しのぶの名言:つらいも何もあるか私の姉を殺したのはお前だな?

童磨を睨む胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

童磨を見て、姉の仇であることを確信した際の名言です。

『この羽織に見覚えはないか?』と今までに見せたことない怒りと憎しみの表情を浮かべる胡蝶しのぶが非常に印象的でした。

今まで抑え込んでいた、鬼に対する憎しみや怒りが、溜まり切った火山のように爆発して噴火しているような状態といえます。

胡蝶しのぶの名言:正気とは思えませんね貴方、頭は大丈夫ですか?本当に吐き気がする

怒れる胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

サイコパスの童磨の変態性にさらに怒りが増す胡蝶しのぶの名言です。

童磨戦では胡蝶しのぶのドSな一面が、たくさん拝めるので非常に楽しいですね・・・!笑

胡蝶しのぶの名言:そう私怒ってるんですよ炭治郎君 ずっとずーっと怒ってますよ

怒れる胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

機能回復訓練の際に、炭治郎に『怒っていますか』と言われた際の会話を思い出して、自らの感情を語る胡蝶しのぶの名言です。

胡蝶しのぶは、感情を抑えていたものの、内心ではずっと怒っていたのです。怒り狂っていたのです。

自分の最愛の人を殺した鬼を、そしてその仇である童磨を目の前にして、改めて自分の内側にある大きな怒りを実感したシーンです。

胡蝶しのぶの名言:地獄に堕ちろ

胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

死の間際に童磨に対してはなった、胡蝶しのぶの名言です。

言葉遣いが悪くなっているのが、童磨戦の胡蝶しのぶの大きな特徴です。

那田蜘蛛山 (なたぐもやま)で見せたような、飄々とした感じではなく、むき出した怒りを憎しみをぶつけていくあたりは、感情の抑制を解き放っている様子がよくわかります。

胡蝶しのぶの名言:あ、やっと死にました?良かった

胡蝶しのぶの顔引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

童磨を、胡蝶しのぶの毒で大きく弱体化させたのち、栗花落カナヲと伊之助のコンビが見事に首を斬りとして倒しました。

そして、死の淵に立った童磨の下に、死んだ胡蝶しのぶが現れて、非常にカワイイ顔で放った名言です。

カワイイ顔して毒づく初期の胡蝶しのぶが戻ってきいるような印象のあるシーンです。

胡蝶しのぶの名言:仲間の誰かが必ずやり遂げてくれる 私はそう確信している

胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

仲間が必ず鬼舞辻無残を倒してくれると、心の底から信じる胡蝶しのぶの表情が素敵な名シーンです。

胡蝶しのぶの名言:とっとくたばれ糞野郎

笑顔の胡蝶しのぶ引用:(C)吾峠呼世晴/集英社

胡蝶しのぶ最大の名言といっても過言ではありません。

頸だけになった童磨が胡蝶しのぶが好きになったといって『一緒に地獄に行かない?』と誘うという狂気を見せた際に、笑顔で最高の暴言で返答したシーンです。

胡蝶しのぶに『一緒に地獄にいかない』と誘った童磨の無神経さはさすがとはいえますが、そんな童磨に最高の笑顔で、最高の暴言を放った胡蝶しのぶはさすがとしか言いようがありませんね・・・!

ちなみにこの時の笑顔はアップは、鬼滅の刃の最終巻発売を記念して、新聞広告に巨大アップが刷られたほどに、胡蝶しのぶの代表的なシーンなのです。

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。