鬼滅の刃

伊之助の母・琴葉(ことは)とは?伊之助を心から愛した美しき母を解説!童磨との関係は?

猪突猛進でおなじみ野生育ちの伊之助の母親・琴葉(ことは)とはどういう人物なのか?その魅力を解説していきます!

作中屈指の美形である伊之助の母親は、純粋に息子を一番に思う素敵な母親だったのです・・・上弦の弐・童磨との関係性などについても言及しますので、早速見ていきましょう!

アニコ
アニコ
伊之助のお母さんってどんな人か気になるよね・・・

伊之助の母親・琴葉とは?

伊之助の母親は那田蜘蛛山 (なたぐもやま)で伊之助が絶体絶命の危機に陥った際、走馬灯の中で一瞬登場したのみでその正体は謎でした。

伊之助の母・琴葉©吾峠呼世晴/集英社

それが最終章の無限城編の上弦の弐の童磨戦において、伊之助の母親が琴葉というかつて童磨が教祖を務める「万世極楽教」の信者であったことが判明します。

伊之助の母親・琴葉は、夫や姑から家庭内暴力を受けていたことに頭を悩ませており、唯一の救いであった伊之助に対して深い愛情を注いでいました。

伊之助のかっこいい魅力を心理学て考察!野生的美男子がモテる理由とは?今回は、鬼滅の刃に登場する「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」のかっこいい魅力や、多くの女性をファンを惹きつける人気の理由を心理学のゲイン...

そんなある日、夫が伊之助に暴力をふるおうとした際、琴葉は夫の腕にかみついて伊之助を守り、伊之助とともに家を飛び出して、万世極楽教へと逃げ込んだのです。

琴葉の過去©吾峠呼世晴/集英社

その後夫や姑が琴葉を追いかけてきたようですが、童磨の手によって殺されてしまいます。

美しい顔と綺麗な心をもつ琴葉

琴葉は、さすがは作中屈指の美形の伊之助の母親だけあってとても美人です。琴葉が美人であることはど童磨も認めています

しかし琴葉の特出すべき特徴は、好んで女性を食べる童磨が食べずに寿命が尽きるまで傍に置いておこうとしたほどに、綺麗な心の持ち主なのです。

童磨は『君のお母さんのことは食うつもりなかったんだよ』『心の綺麗な人が傍にいると心地いいだろう?』と話しています。

童磨と琴葉©吾峠呼世晴/集英社

童磨は、人間時代に新興宗教を営む両親によって教祖として祀り上げられ、苦悩する人の悩みを教祖として聞いたり、また父親の浮気に激高した母親が父親をメッタ刺しで殺した後に、自らも服毒自殺するなど、人間のどす黒い部分を見続けてきていました。

そんな童磨だからこそ、無意識のうちに純粋無垢で綺麗な心をもつ琴葉に惹かれていたと考えられます。

カッコいい童磨
無惨を超える!上弦の弐・童磨(どうま)の最強のサイコパス性を心理学で解説!無惨配下の鬼の中で、No2.の実力をもつ上弦の弐・童磨(どうま)。 蟲柱・胡蝶しのぶ、栗花落カナヲにとっては、姉である胡蝶カナエを...

また童磨は、琴葉は心が綺麗であるとする一方で、『頭が残念で良くなかった』とも言っており、一心に伊之助を愛する純粋な心を持つ一方で、物事を深く考えることができない単純な性格であったと考えられます。

伊之助と童磨©吾峠呼世晴/集英社

琴葉は、万世極楽教に逃げ込んだ際は、童磨が人食い鬼であることは知りませんでした。おそらく、純粋で真っすぐな性格の琴葉は童磨を疑ったりはしなかったのでしょう。

純粋でお人よしで母性あふれる女性というのが、琴葉のキャラクター性なのです。

伊之助に『指切りげんまん』の歌を歌って聞かせていた

琴葉はまた歌も上手かったといわれています。そんな琴葉はよく伊之助に歌を歌って聞かせており、その歌が『指切りげんまん』の歌だったそうです。

琴葉が赤子であった伊之助に歌って聞かせていた『指切りげんまん』の歌は伊之助の記憶の中に残っており、胡蝶しのぶが伊之助と『指切りげんまん』をした際に、その記憶が呼び起こされて、胡蝶しのぶを母親と勘違いしてしまったほどです。

胡蝶しのぶのかわいい魅力を心理学で考察!男を魅了する魔性の魅力の正体とは?今回は、鬼滅の刃に登場する人気キャラクター、胡蝶しのぶのかわいい魅力を心理学の研究を交えつつ考察をしていきます! 本記事を読めば、...

縫った傷を触ったり勝手に糸を引き抜かないように、伊之助『指切りげんまん』をして約束をしたのです。

胡蝶しのぶと指切りげんまんをする伊之助引用:©吾峠呼世晴/集英社
アニコ
アニコ
伊之助が15歳で胡蝶しのぶが18歳だから全然親子ほどの年の差じゃないのに、胡蝶しのぶを母親と勘違いするという伊之助の純粋さがかわいいよね・・・それだけ『指切りげんまん』の歌が記憶に残っていたんだね・・・

童磨の手から伊之助をだけを逃す

伊之助を連れて逃げる琴葉©吾峠呼世晴/集英社

万世極楽教にて一時の平穏を享受していた琴葉と赤ちゃん伊之助でしたが、そんな日々もすぐに終わりを迎えることとなります。

琴葉が、童磨が人を食べているところを目撃してしまったのです。

童磨は何とか、琴葉を言いくるめて誤魔化そうとしますが、直感的に童磨の危険性を感じ取った琴葉は伊之助を連れて、万世極楽教を脱走します。

しかし琴葉は、崖に追い込まれて逃げ場を失ってしまいます。そして琴葉は助かることを祈り伊之助だけを崖から落として逃がしたのです。

その後、追ってきた童磨に琴葉は殺され、骨も残らず食べられてしまったのです。

母親を思い出して涙する伊之助

怒る伊之助©吾峠呼世晴/集英社

実の母親・琴葉と、母親のように自らに優しくしてくれた胡蝶しのぶ、二人を殺した仇である童磨は、伊之助にとって絶対に倒さなければならない相手でした。

同じく伊之助と共闘する栗花落カナヲも、捨て子の自分を救ってくれた大恩人であり、家族である胡蝶カナエ・しのぶを殺した童磨は憎悪する仇でした。

栗花落カナヲの魅力を心理学で解説!かわいい無感情ヒロインの魅力とは?今回は、鬼滅の刃のヒロイン、炭治郎の同期・栗花落カナヲ(つゆりかなを)の魅力を心理学の知見を交えて解説していきます! 初登場時から...

自らの体内に藤の花の毒を大量に仕込んで自らを食わせるという、胡蝶しのぶの捨て身の攻撃で弱体化した童磨に対し、カナヲと伊之助のコンビが見事に首を斬り落として、仇である童磨を倒すことに成功しました。

そして伊之助は、炭治郎の『伊之助のお母さんはきっと伊之助のことが大好きだったと思うよ』という言葉を思い出し、今は亡き、自分を守って死んでいった母親を想い、大粒の涙をこぼすのです。

母を想い涙する伊之助引用:©吾峠呼世晴/集英社

まとめ

伊之助を抱く琴葉©吾峠呼世晴/集英社

純粋で綺麗な心をした琴葉は、家庭内暴力に苦しめられたり、逃げ込んだ先が人食い鬼が経営する新興宗教という、なんとも不幸な星の元に生まれた女性といえます。

そんな過酷な現実の中で、唯一の救いであり生きがいだったのが伊之助であり、琴葉は伊之助に無償の愛を注いでいたのです。

そして、そんな琴葉の愛は赤子であった伊之助の記憶の中に残っており『指切りげんまん』などトリガーとなる言葉や出来事をきっかけで、嘗て受けた無償の愛を伊之助に思い出せたのです。

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。