鬼滅の刃

【鬼滅の刃】上弦の鬼の性格ヤバさランキング!心理学的に最も凶悪な鬼は?

鬼滅の刃に登場する上弦の鬼を、戦闘における強さではなく、性格的に最も凶悪で、たちの悪い鬼は誰かを心理学の知見を交えつつランク付けしてみたいと思います!

評価のポイントとしては、性格的なタチの悪さ、厄介さ、凶悪さなどを基準にランク付けしてみたいと思います!

※後釜に入った鳴女(なきめ)と獪岳 (かいがく)は除外、上弦の陸は妓夫太郎(ぎゅうたろう)のみで考えます。

のびぃ
のびぃ
曲者揃いの上弦の鬼たちですが、性格的にタチの悪いやつらが非常に多いです・・・!

上弦の鬼の宿敵である『柱』たちの人気ランキングを下記で考察しているので併せてご覧ください!

【鬼滅の刃】柱の人気ランキングを心理学で考察!あの柱はなぜ人気なの?鬼滅の刃では、主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)以外にも魅力的なキャラクターが多数登場します。 そんな鬼滅の刃の中でも高い人気...

上弦の鬼とは?

上弦の鬼は、無残配下で特に強い12体の鬼である十二鬼月の中でも、上位6位以上の最強の鬼たちです。

上弦の鬼たちのメンツは100年以上変わっておらず、下部組織にあたる下弦の鬼たちとの戦闘力の差は相当にあるように思えます。

実際に、上弦の鬼で最下位にあたる妓夫太郎でさえ、柱を15人以上を葬っているなど、その強さは圧倒的。

胡蝶しのぶ曰く、上弦の鬼の強さは、鬼殺隊の最上級剣士「柱」3人分の強さに相当するそうです。

なので、上弦の鬼に対しては、柱単体では勝ち目がありません。実際に、上弦の参・猗窩座 (あかざ)に単独で挑んだ、炎柱・煉獄杏寿郎はギリギリまで追い詰められたものの倒されています。

それゆえに、無限城編においては、基本的に1対多数で戦闘して、何とか相手にできるレベルでした。

上弦の鬼の性格ヤバさランキング!

戦闘の能力においては文句なしの強さを誇る上弦の鬼たちが、その性格も一癖も二癖もある曲者揃いです。

以下からは、そんな上弦の鬼たちの性格特性にフォーカスしつつ、凶悪でタチの悪い上弦の鬼をランキング形式で紹介していきます!

6位:純粋に強さを求めた鬼!上弦の参・猗窩座 (あかざ)

鬼に勧誘する猗窩座 (あかざ)引用:©吾峠呼世晴/集英社

第6位は上弦の参・猗窩座 (あかざ)。100年以上も強者と戦い続けて鍛え上げた徒手空拳はまさに至高の領域に達しています。炎柱・煉獄杏寿郎を殺した憎き敵でありますが、性格凶悪度ランキングでは、最下位となりました。

煉獄杏寿郎の魅力・性格を心理学で解説!カッコいい魅力の正体とは!?鬼滅の刃に登場する煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)のカッコいい魅力や性格、強さを、心理学の知見を交えつつ解説していきます。 無...

理由としては、行動原理が『ただ強くなりたい』という純粋な想いだけであり、必要以上に人間に対して攻撃的でないという点が大きいです。

弱き者を忌み嫌うという癖のある性格をしていますが、むしろ好戦的になるのは強者に対してであり、弱い者は邪魔さえしなければ、無駄に殺生をしたりしないでしょう。

また最後は、人間時代の記憶を取り戻して、自らで自らの肉体を破壊して死亡したという点も凶悪度を下げました。

自害する猗窩座 (あかざ)引用:©吾峠呼世晴/集英社

人間時代でいえば、猗窩座 (あかざ)が最も善良な人間であり、猗窩座 (あかざ)は大切な人を失ったときに、偶々無残と遭遇して、鬼にされたという経緯も含めて、凶悪度は低いといえます。

引用:©吾峠呼世晴/集英社

そんな猗窩座 (あかざ)の過去や悪役として魅力を、下記で詳細に考察しているので併せてご覧ください!

上弦の参・猗窩座(あかざ)の悪役としての魅力に迫る!最も悲しき過去を持つ鬼映画の無限列車編にも登場予定、我らが煉獄杏寿郎 (れんごくきょうじゅろう)を倒した、炭治郎にとっても因縁の相手、上弦の参・猗窩座 (あか...

5位:弟コンプが半端ない!:上弦の壱・黒死牟 (こくしぼう)

引用:©吾峠呼世晴/集英社

鬼なのに呼吸を扱えるというチート能力をもつ黒死牟(こくしぼう)。その実力は柱の中でもトップクラスに強い、岩柱・悲鳴嶼行冥、霞柱・時透無一郎、風柱・不死川実弥、玄弥が束になってかかってようやく勝てるレベル。

純粋な戦闘能力では最も強い鬼である黒死牟 (こくしぼう)は5位です。

理由としては、猗窩座 (あかざ)同様に、鬼になった理由も、弟の縁壱を超える強さを求めたためであり、必要以上に人間に対する攻撃性を見せていないためです。

人間時代も、弟に対する嫉妬心が異常に強すぎるという点を除いては、普通に家庭をもった武家のおぼっちゃまという感じで、犯罪などは特に犯してはいませんでした。

引用:©吾峠呼世晴/集英社

威厳を備えた立ち振る舞いは、畏敬の念を覚えるような凄みを備えており、他の上弦の鬼にあるような矮小なクズさは微塵も感じさせない強者感を備えています。

しかし、鬼になった経緯として、歪んだ嫉妬心という醜い感情があったという点や、人間時代に傲慢で他人を見下す性格をしていた点から、猗窩座 (あかざ)よりも上位にランクインしました。

そんな黒死牟 (こくしぼう)の嫉妬心を心理学の知見を交えて解説しているので、下記を併せてご覧ください!

黒死牟 (こくしぼう)を心理学的に考察!弟・縁壱への嫉妬が破滅を招く理由今回は、鬼滅の刃作中最強・天才剣士である弟・縁壱(よりいち)への嫉妬の果てに鬼となった、上弦の壱・黒死牟 (こくしぼう)の心の闇を心理学...

4位:妬みが憎しみになる!:上弦の陸・妓夫太郎

妓夫太郎(ぎゅうたろう)引用:©吾峠呼世晴/集英社

第5位は、劣等コンプレックスが激しい、上弦の陸・妓夫太郎(ぎゅうたろう)です。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)は自分自身の醜い容姿に対して強い劣等コンプレックスを抱いてます。

それゆえに自分よりも恵まれた人間を見ると強い嫉妬心を抱き、その強い嫉妬心が憎しみに転換をして、攻撃対象とみなしてきます。

遊郭編で登場した際は、高身長イケメンで美人の嫁が3人いる音柱・宇随天元に対して、強い嫉妬心と憎しみをぶつけていました。

妬む妓夫太郎(ぎゅうたろう)引用:©吾峠呼世晴/集英社

人間時代から残忍で攻撃的な性格をしており、その性格と高い戦闘能力を活かして、遊郭の取り立てやを生業としていました。

猗窩座 (あかざ)や黒死牟 (こくしぼう)と比較して、性格が明らかに歪んでおり、嫉妬心が憎しみに転換して、他者を攻撃するというタチの悪い性格をしています。

現実の犯罪心理学においても、妓夫太郎(ぎゅうたろう)のように劣等コンプレックスを抱えた人間が、憎しみや不満を募らせて、犯罪に及ぶケースを指摘しており、嫉妬心が攻撃性に転じる妓夫太郎(ぎゅうたろう)の性格は危険なのです。

ただ、一方で妹・堕姫(だき)を一途に大切にする優しい兄の姿を見せるなど、救いようのないクズとは言い難い性格と判断し、中間の順位に位置付けました。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)と堕姫(だき)引用:©吾峠呼世晴/集英社

そんな妓夫太郎(ぎゅうたろう)の性格をより詳細に分析したのが下記記事です。併せてご覧ください。

妓夫太郎(ぎゅうたろう)
上弦の陸・妓夫太郎 (ぎゅうたろう)の過去を心理学で考察!性格が歪んだ原因とは?鬼滅の刃で登場する鬼の中でも、他人に対する憎悪や妬みの感情を強く持っている上弦の陸・妓夫太郎 (ぎゅうたろう)。 今回は、そんな妓...

ツンデレが可愛い妹の堕姫(だき)の魅力を下記で分析しているの併せてご覧ください。

【鬼滅の刃】堕姫(だき)とは?可愛い妹鬼の魅力を心理学解説!ギャップが可愛い!鬼滅の刃に登場する上弦の陸・堕姫(だき)。 その美貌で遊郭を支配する花魁として人間社会に紛れ込み、美しい女性に拘りその肉を喰らう。...

3位:被害妄想が甚だしい:上弦の肆・半天狗(はんてんぐ)

半天狗引用:©吾峠呼世晴/集英社

頸を斬られるたびに、分裂体を次々と生み出していくという非常に厄介な能力を持った半天狗(はんてんぐ)が3位です。

3位にランクインした理由は、人間時代のあまりのクズさ、そして自らを弱者と思い込むタチの悪い妄想性の人格障害を備えている点にあります。

半天狗(はんてんぐ)の人間時代は、わずか見開き2ページのみで表現されていました。

その短い2ページの間には、『盲人のふりをして善意で優しくしてくれる人に対して盗みや殺人』をしたり、奉行所で『自分が悪いのではなく、この手が悪いと、見苦しい言い逃れ』をする、救いようのない屑な姿が描かれていました。

半天狗の過去引用:©吾峠呼世晴/集英社

6位の猗窩座 (あかざ)、5位の黒死牟 (こくしぼう)、4位の妓夫太郎(ぎゅうたろう)に関していえば、過去に関して同情の余地がありました。

猗窩座 (あかざ)は最愛の人を毒殺されるという悲劇、黒死牟 (こくしぼう)は天才過ぎる弟がいるという兄貴の辛さ、そして妓夫太郎(ぎゅうたろう)は大切な妹が焼き殺されるという悲劇。

半天狗に関していえば、1ミリも同情の余地がないクズでした。

そういった性格は鬼になっても変わらず、常に自分本位で、自分第一の性格をしています。

また自分自身は弱い者であり、そんな自分を攻撃してくる人間は弱い者いじめをする悪人であると断定して、強い攻撃性を示してきます。

巨大化した半天狗引用:©吾峠呼世晴/集英社

柱15人を葬っている妓夫太郎(ぎゅうたろう)よりも、2ランク上に位置する時点で、半天狗が弱者であることはあり得ません。

こういった誤った思い込みを強く信じて、自らを被害者と訴える人格を、妄想性パーソナリティ障害などと呼びます。

半天狗の過去引用:©吾峠呼世晴/集英社


妄想からくる被害者意識が攻撃に転じる非常に厄介な性格をしているのです。妄想とはいえ完全に信じ込んでいるようなので、余計にタチが悪いのです。

半天狗
上弦の肆・半天狗のクズな過去と性格を心理学で考察!妄想が止まらない病?鬼滅の刃でも屈指の強さを誇る鬼である上弦の鬼。その中でも、四番手にあたる実力を持つのが上弦の肆・半天狗(はんてんぐ)。 今回は、そ...

2位:死体アートを作る猟奇殺人鬼!:上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)

玉壺(ぎょっこ)引用:©吾峠呼世晴/集英社

生き物を鮮魚に変える一撃必殺の神の手をもつ玉壺(ぎょっこ)が第2位です。

玉壺(ぎょっこ)が2位の理由は、人間の死体を使って自称アートを生み出す異常なる猟奇性と、傲慢で驕り高ぶった性格です。

玉壺(ぎょっこ)は人間時代、魚がよくとれる漁村に住んでいましたが、魚など生き物の死体をつなぎ合わせて、一つの作品にするという異常性をもっていました。

鬼になってからは、人間の死体をも繋ぎ合わせてアートにするという猟奇殺人鬼となりました。

刀鍛冶の里では、刀鍛冶たちを殺して、その死体を無残にも繋ぎ合わせてアートにするという、少年誌としてはギリギリの描写を見せつけました。

玉壺(ぎょっこ)の芸術作品引用:©吾峠呼世晴/集英社

小学生以下にも多くのファンを持つ鬼滅の刃ですが、アニメ化した際に、この玉壺(ぎょっこ)の死体アートがどのように描かれるか気になるところです。

そのまま描かれたら中々ショッキングな映像になりそうな気がします。

また性格自体も傲慢そのものであり、自分自身の能力の高さや芸術性の高さを殊更にアピールしてきます。

さらに、玉壺(ぎょっこ)の芸術品を馬鹿にした無一郎に対しては、あからさまに激昂して攻撃的になるなど、キレ易い一面もあり、タチの悪い性格をしているといえます。

激高する玉壺(ぎょっこ)引用:©吾峠呼世晴/集英社
玉壺(ぎょっこ)
上弦の伍・ 玉壺 (ぎょっこ)の狂気の過去と性格を心理学で解説!猟奇殺人鬼の心理鬼滅の刃に登場する上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)。 刀鍛冶の里編で登場し、刀鍛冶の死体を使って芸術作品(自称)を作るという狂気を見せつ...

1位:最強のサイコパス!:上弦の弐・童磨(どうま)

引用:©吾峠呼世晴/集英社

氷の血鬼術を操り、自らと同等の力を有する氷分身を作り出すという非常に厄介な能力をもち、胡蝶しのぶの姉・胡蝶カナエを殺した、上弦の弐・童磨(どうま)が栄えある第一位となりました。

童磨(どうま)は、徹頭徹尾、同情の余地のない悪であり、また自分の死に対しても動じない無感情さや、自分を殺した胡蝶しのぶを首だけになってからナンパするという異常性から、第一位としました。

童磨(どうま)は人間時代、母親が浮気性の父親を惨殺して、自らも服毒自殺するという壮絶な現場に遭遇しながらも、「部屋が汚れて困る」くらいの感情しか持たない、無感情人間でした。

引用:©吾峠呼世晴/集英社

無感情ゆえに、感情は比較的安定しており、すぐに癇癪を起してしまう鬼舞辻無残や、人間時代の記憶を取り戻して自害しちゃう猗窩座 (あかざ)などと比較しても、敵として厄介な性格をしています。

童磨(どうま)が自分の行いを悔い改めて自害したりするなんてことはあり得ません。こういった感情の冷淡さはサイコパスの特徴の一つです。

さらにサイコパス特有の共感性の低さからか、自分自身が姉の敵であるにも関わらず、『俺と一緒に地獄に行かない?』胡蝶しのぶをナンパするという異常性を見せつけました。

しのぶをナンパする童磨引用:©吾峠呼世晴/集英社

こういった無神経さは、上弦の参・猗窩座 (あかざ)にも向けられており、終始猗窩座 (あかざ)をイラつかせている様子が描かれています。

引用:©吾峠呼世晴/集英社

さらに童磨(どうま)は、万世極楽教という新興宗教の教祖をしており、生きることに悩み・苦しむ人たちを集めて教徒としています。

さらに、その教徒を自分が喰らうことで楽にするという歪んだ思想を持っており、童磨自身がそれは正しい行いであると心底信じている点も費用に厄介です。

引用:©吾峠呼世晴/集英社

他人の弱みに付け込んで信徒とした後に喰らうというのは非常にタチが悪いといえます。

無惨を超える!上弦の弐・童磨(どうま)の最強のサイコパス性を心理学で解説!無惨配下の鬼の中で、No2.の実力をもつ上弦の弐・童磨(どうま)。 蟲柱・胡蝶しのぶ、栗花落カナヲにとっては、姉である胡蝶カナエを...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

甲乙つけがたい曲者揃いで、数値付けできる領域でもないので、ランキング付けは賛否両論あると思います!

鬼の親玉、小物と評判の鬼舞辻無残の性格を下記で考察しているので併せてご覧ください!

小物!?鬼舞辻無惨の残念過ぎる性格を心理学で解説!最悪上司の心の闇とは?鬼滅の刃のラスボスでありながらも、作中の言動から「小物」と言われて馬鹿にされる鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)。 今回は、そんな残念は...
管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ