呪術廻戦

伏黒甚爾のかっこいい魅力を心理学で解説!危険そうな男はモテる!?

伏黒甚爾

呪術廻戦・伏黒恵の父親、パパ黒こと伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)

恵を禪院家に売り飛ばす交渉のカードとして扱うなど中々のクズですが、高専時代の五条と夏油を倒すほどの実力者でした。

そんな規格外の強さゆえに、伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)はクズなのにかっこいいともっぱらの評判です。

そこで今回は、伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)のかっこいい魅力を心理学の知見を交えつつ解説していきます!

のびぃ
のびぃ
伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)のような危険な雰囲気ただよう悪そうな男はモテるのです・・・
アニコ
アニコ
パパ黒かっこいいよね~

目次

伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)とは?

呪術師殺しの異名をもつ伏黒恵の父親

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

伏黒甚爾は、御三家の一つである禪院家の生まれで、伏黒恵の父親です。

「禪院」は旧姓で、恵の母親のところに婿入りしたことで「伏黒」となりました。

術師殺し”の異名を持ち、暗殺等の荒事で報酬・賞金を得るなど、全うな人間ではありません・・・笑

星漿体・天内理子の殺害を依頼され、その護衛を行う高専時代の五条悟、夏油傑と戦闘。一度は五条悟、夏油傑も倒し、天内理子の殺害にも成功しました。(すげぇ・・・)

夏油傑
夏油傑が闇堕ちする過程と理由を心理学的に考察!なぜ最悪の呪詛師に!?呪術廻戦の五条悟の同級生で、4人の特級呪術師の一人である夏油傑。 かつては五条悟の親友であった夏油傑がなぜ闇堕ちして民間人を大量に...
伏黒甚爾©芥見下々・集英社

しかし、死地に立ったことで呪力の核心に触れて覚醒した五条悟に倒されて、死亡しました。

伏黒甚爾と五条悟©芥見下々・集英社

呪力がゼロの天与呪縛のフィジカルギフテッド

伏黒甚爾と五条悟©芥見下々・集英社

伏黒甚爾は、呪術界の名門・禪院家の生まれでありながら、生まれつき呪力がありませんでした

しかし「呪力がゼロ」という生まれながらの縛り(天与呪縛)によって、驚異的な身体能力と強靭な肉体をもつフィジカルギフテッドであり、呪具と肉弾戦によるゴリ押しで、高専時代の五条悟を一度は倒しているほどの凄腕です。

五感も異常なほど発達しているようで、残穢を残さないようにしていた五条や夏油たちを、臭いや足跡だけで追尾するという、まるで警察犬のような能力も発揮していました。

また渋谷事変で、オガミ婆の降霊術で自分の孫に伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)の肉体の情報を下したところ、魂が肉体に勝てず、伏黒甚爾がコントロールを奪ってオガミ婆を殺していました。

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

そして、伏黒恵、真希、禪院直毘人、七海の4人がかりでも大苦戦していた、特級呪霊・陀艮 (だごん)をたった一人で倒すなど規格外の強さを見せつけました。

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

同じく、真希も、禪院家の生まれで呪力がない天与呪縛のフィジカルギフテッドである点は、伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)と似ていますが、真希は一般人並みには呪力がありますが、伏黒甚爾は一切皆無という点で異なります。

特級呪術師・九十九由基曰く、世界を見ても呪力がゼロなのは伏黒甚爾だけとのこと。

伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)の使用した呪具

武器庫呪霊

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

呪具を格納する呪霊で、普段は丸呑みして腹の中に隠しており、そのため結界を素通りして呪具を持ち運びできる。

戦闘時は、ショルダーバッグのように肩にかけており、様々な呪具を取り出して戦闘に使用する。

本来、呪霊を丸呑みすることは猛毒を摂取することと同義だが、天与呪縛による強化は内臓にも及んでおり、伏黒甚爾であれば問題ないというチート。

天逆鉾 (あまのさかほこ)

伏黒甚爾と五条悟©芥見下々・集英社

日本神話において、イザナギとイザナミが日本列島創造に使用した矛と同名の特級呪具。

発動中の術式を強制解除するという性能で、五条悟の無下限呪術でさえ解除してその喉を貫いていました。

万里ノ鎖 (ばんりのくさり)

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

両端のいずれかが観測されない限り、どこまでも鎖が伸びる呪具。

天逆鉾 (あまのさかほこ)とセットで用いることで、攻撃のリーチ範囲を広げていました。

禪院家での扱いは酷かった

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

最強の傭兵のような強さを誇る伏黒甚爾でしたが、呪術師としての才能や能力を重んじる禪院家において、呪力が皆無の伏黒甚爾はかなり酷く扱われたようです。

高専時代の五条悟と戦闘した際、「自分を否定した禪院家・呪術界その頂点をねじ伏せてみたくなった」と語っていることからも、伏黒甚爾は自分を軽んじた呪術界に憎しみを持っているようでした。

また、その扱いの酷さからか、伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)はグレて家を出ていき、そのまま伏黒家に婿入りしたのでした。

のびぃ
のびぃ
グレた伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)も、伏黒ママと結婚して丸くなったが、恵が生まれてすぐに伏黒ママが亡くなったことで、またグレてしまったという・・・

伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)がクズと言われる所以

伏黒甚爾は強いですが、中々にクズなのでその点を解説していきます。

ヒモなところ

伏黒甚爾は、基本的にお金がなく、女性のところを点々としているそうです。

ただ、殺し屋家業などで一度に大金を稼いだら、パーッと使ってしまうために、金欠だそうです。

全く稼ぎのないヒモというわけではなく、それなりにリターンのあるヒモだそうです・・・(作者曰く)

ギャンブル狂いなところ

伏黒甚爾が何にお金を使っているかというと基本的にギャンブルです。

初登場時、競馬場でふんぞり返って座っているという中々にダメそうな臭いがプンプンしていました・・・笑

ギャンブル自体は別に向いているわけでもなく、競馬でも大負けしていた模様。

息子の恵を交渉のカードとしか見ていない

©芥見下々・集英社

伏黒甚爾は、息子の恵を術式のわかる5,6歳のころになったら禪院家に売り払うつもりでいました。

また、孔時雨に「恵は大きくなったか?」と聞かれた際には「誰だっけ」と、本気で恵の名前を忘れているようでした。

夏油傑との戦闘の最中に「あー恵って そうだったそうだった 俺が名付けたんだった」と思い出すほどです。

伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)のかっこいい魅力とは?

近接戦闘でごり押しする戦闘スタイルがかっこいい

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

伏黒甚爾の戦闘スタイルは、圧倒的な身体能力に呪具を用いたゴリゴリの近接戦闘スタイルです。

そんな原始的なパワーごり押しスタイルで、無下限呪術の五条悟、呪霊操術の夏油傑という呪術界の天才を圧倒する様は圧巻でした。

肉弾戦におけるパワー、スピードでいえば、呪術廻戦の世界ではおそらくNo1であり、戦闘描写のかっこよさはトップクラスです。

伏黒似のルックスに筋肉質の肉体

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

伏黒甚爾は親子ということもあり、恵と顔が結構似ており、恵よりもやや人相は悪く悪人面ですがイケメンです。

さらに、天与呪縛によって生み出された肉体は、強靭さが一目でわかる筋肉質で引き締まった逆三角形の肉体をしています。

東堂のように明らかなゴリマッチョというよりも、黒いTシャツから浮き出る筋肉がかっこいいです。

伏黒甚爾がかっこいいといわれるのは、こういった肉体美も影響していると考えられます。

恋愛心理学を研究している法政大学の心理学科教授の越智啓太氏は著書『美人の正体』の中で、心理学の実験で筋肉質の逆三角形の肉体が、女性から見て最も魅力的に映るとしています。

女性は、自分や子供を守ってくるような強い男性を本能的に好きになり、その強さの象徴の一つが逆三角形の肉体なのです。

伏黒甚爾はヒモでギャンブラーですが、強く逞しいというのは間違いないですね・・・笑

危険で悪そうな雰囲気がかっこいい

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

伏黒甚爾は、その人相からして悪人面であり、その立ち振る舞いからも危険な雰囲気が漂っています。

優しい男はモテるといいますが、実は伏黒甚爾のように危険な雰囲気が漂う悪そうな男に女性は惹かれてしまうことが研究でわかっています。

英国のハートプリー大学の、18~24歳女性146人を対象にした研究によると、それなりに恋愛経験を持つとされる女性たちでさえ、自分に自信があり危険なニオイのする男性に恋をしてしまい、しかも、最終的にはそうした男性と結婚してしまうこともあるそうです。
参考:EVEN WOMEN WHO SHOULD KNOW BETTER ARE ATTRACTED TO NARCISSISTS

また、ダラム大学の研究で128人の女性に対して行った調査で、初対面の人とも話すのが上手くて、他人の意見に流されたりしない動じないで物事を堂々と言えたり、リスクも取れるというような性格が、女性から見た時に最も魅力を感じるという結果が出たそうです。
参考:【モテる性格になれる方法】悪いヤツがモテる理由とは

誰に何を言われても動じず、悪態すらもついてしまう、そんな堂々として自信に満ちた態度が女性には魅力的に映るのです。悪そうでオラオラ系の男子が良くモテるのはこのためなのです。

伏黒甚爾は、相手が天才の五条悟や夏油傑であろうが、その堂々として悪態をつくような態度は変わりませんでした。

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

こういった伏黒甚爾の堂々として自信に満ちた態度、そこから醸し出される危ない悪そうな雰囲気は、女性を惹きつける魅力になるのです・・・!

自尊心を捨てきれない人間らしいところ

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

伏黒甚爾は、禪院家で酷い扱いをうけ、また妻である伏黒ママを失い『自分も他人も尊ぶことない』生き方を選んでいました。

それゆえに、恥も外聞もなく「ドンヅラこいて」逃げたり、自分自身の自尊心など意にも介さないという強さを持ち合わせていました。

無駄な矜持やプライドも持たないからこそ、奇襲やだまし討ちのような行為も平気で実行に移せてしまうのは、ある意味伏黒甚爾の強さでした。

しかし、かつて自分を否定した禪院家・呪術界における頂点である五条悟を目の当たりにし、その五条悟をねじ伏せることで自分を肯定したいという欲求にかられました。

そのせいで、覚醒した五条悟に真っ向から挑んで、敗れ死亡してしまいました。

普段は飄々とした殺戮マシーンのような印象でしたが、最後の最後の自らの矜持を守ろうとした人間臭い一面も伏黒甚爾の魅力です。

少しだけ恵を気に掛けるツンデレっぽいところ

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

前述のとおり、伏黒甚爾は当初、恵の名前すら忘れてているなど、恵のことを禪院家に対する交渉のカードとしてしか見ていないようでした。

しかし、死に際に五条悟から『最後に言い残すことはあるか?』と問われたときは、恵のことを思い出して『2,3年もしたら俺のガキが禪院家に売られる好きにしろ』と五条悟に恵を託すような発言をしました。

また渋谷事変で、オガミ婆の降霊術で一時的に復活した際には、恵に名前を聞き、恵が『伏黒・・・』と答えると『禪院じゃねぇのか、よかったな』といい、恵を攻撃し続ける術式の暴走を止めて自害して消えました。

伏黒甚爾は禪院家に売られることが、恵にとって不幸になることだと認識しており、そのために最後最後で五条悟に恵を託すような発言をし、それで渋谷事変における『禪院じゃねぇのか、よかったな』という発言につながるのだと考えられます。

基本的に、ベースはクズでありどうしようもない父親ですが、そんな伏黒甚爾だからこそ、稀に見せる恵を気遣う姿が印象的に映るのです

これは、心理学でいうゲインロス効果という心理効果が影響しています。

ゲインロス効果とは、最初にネガティブな印象を与えておいて、その後にポジティブな印象を見せると、その差分の大きさから、よりポジティブな印象が際立って映る心理効果です。

伏黒甚爾が、普段がクズだからこそ、たまに父親らしい姿をみせると、「実はいい奴なのでは・・?」という錯覚を覚えるのです。ある意味役得という奴です・・・笑

伏黒甚爾のかっこいい名シーンをまとめて紹介!

伏黒甚爾のかっこいい名シーンをまとめて紹介していきます!

五条悟を背後から刺す伏黒甚爾がかっこいい

伏黒甚爾©芥見下々・集英社

突如現れて、あの五条悟を背後から刺す、凄腕の暗殺者っぽいかんじがかっこいい伏黒甚爾です。

夏油傑の使役する呪霊の内部から現れる伏黒甚爾がかっこいい

夏油傑の使役する呪霊の内部から現れる伏黒甚爾がかっこいい©芥見下々・集英社

五条悟を背後から刺した直後に、夏油傑の呪霊操術で使役した呪霊に飲み込まれた伏黒甚爾。

その呪霊のはらわたを掻っ捌いて悪い顔して登場するシーンがかっこいいです。

あの五条悟をザクザクと刺す伏黒甚爾がかっこいい

五条悟をザクザクと刺す伏黒甚爾がかっこいい©芥見下々・集英社

高専時代とはいえ、あの何人も触れることもできない最強の男・五条悟を、グサグサと切り刻む姿が非常にかっこいです。

夏油傑を圧倒する伏黒甚爾がかっこいい

夏油傑を圧倒する伏黒甚爾がかっこいい©芥見下々・集英社

高専2年生時とはいえ、後に特級呪術師となる夏油傑を圧倒した伏黒甚爾。

しかも、近接格闘戦術だけで瞬殺するあたりが本当にかっこいいです!

覚醒した五条悟を前に一歩も引かない伏黒甚爾がかっこいい

©芥見下々・集英社

一度は倒したはずの五条悟が、呪力の核心を得て死地から舞い戻り、完全に覚醒状態となりました。

ただでさえ最強だった男が、さらに進化してハイになった状態。

もはや絶望しかありません。しかし、そんな状態にあっても伏黒甚爾は一歩も引きません。

『勝負はこれからだろ』とクールに天逆鉾を構える姿非常にかっこいいです。

五条悟に敗れた姿もかっこいい

©芥見下々・集英社

覚醒した五条悟の虚式・茈によって、腹に風穴を開けられた伏黒甚爾。

自分が敗北、死を実感しつつも取り乱さず、悟った表情を見せる伏黒甚爾がかっこいいです。

陀艮戦に降臨した伏黒甚爾がかっこいい

©芥見下々・集英社

渋谷事変で、七海、真希、禪院直毘人、伏黒恵が交戦して大苦戦を強いられていた、特級呪霊・陀艮(だごん)。

領域展開を発動した陀艮(だごん)の領域内に、不敵な笑みを浮かべながら降りてきた、伏黒甚爾。

圧倒的な強キャラが半端ないです。

真希から軽々と特級呪具・遊雲を奪い取る伏黒甚爾

©芥見下々・集英社

天与呪縛の禪院真希は常人離れした身体能力の持ち主です。

そんな真希からあっさりと呪具を奪い取ってしまう伏黒甚爾は流石としか言いようがありませんね・・・

真希は呪術師としては呪力がない方ですが、一般人並みには呪力を有しています。

一方で、世界で唯一の呪力が皆無という特異体質の伏黒甚爾。

やっぱり伏黒甚爾は特別製なのです。

奪った遊雲を尖らせる伏黒甚爾

©芥見下々・集英社

遊雲を普通に使用すると思いきや、遊雲どうしをぶつけ合って尖らせるという斜め上の使い方を見せた伏黒甚爾。

特級呪具・遊雲は売れば5億はする代物です。そんな遊雲を削っちゃうなんて・・・

五条悟は文句なしの規格外ですが、伏黒甚爾も十分に規格外の男です。

陀艮を圧倒する伏黒甚爾がかっこいい

陀艮を圧倒する伏黒甚爾がかっこいい©芥見下々・集英社

七海、真希、禪院直毘人、伏黒恵の4人がかりでも大苦戦していた陀艮を、現れてすぐにたった一人で圧倒した伏黒甚爾。

強すぎる伏黒甚爾が非常にかっこいいです。

おわりに

伏黒甚爾は単純な戦闘能力だけでいえば作中随一です。

その強さだけではなく、筋肉質な肉体や、悪そうな雰囲気、イケメンのルックスなど、非常にモテる要素が満載のキャラクターです。

アニメ化がどのような描写になるか非常に楽しみなキャラクターの一人です。

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。