呪術廻戦

【呪術廻戦】夏油傑がかっこいい!その魅力やかっこいいシーンをまとめて紹介!

夏油傑

特級呪術師の一人で、闇堕ちした最悪の呪詛師・夏油傑

高専時代は五条悟の親友で、非常に正義感の強い優しい男でしたが、非呪術師たちの弱く醜い様に直面していく中で、非術師を皆殺しにして呪術師だけの世界を作ろうとする理想に目覚めてしまいました。

今回は、そんな夏油傑のかっこいい魅力を存分に語っていきたいと思います!

闇堕ちした特級呪術師・夏油傑とは?

夏油傑©芥見下々・集英社

夏油傑は、4人しか存在しない特級呪術師の一人

呪霊操術の使い手で、倒した呪霊を黒い球状にして取り込むことで呪霊を操ったり、その呪霊の術式を抽出することもできます。

五条悟とは高専時代の同級生で、互いに実力を認め合う親友と呼べる間柄でした。

性格は、軽薄でチャラい印象の強い五条悟と比較すると、問題児ではあるものの、行動の目的や理由を重んじる真面目な性格をしており、社会や呪術師はこうあるべきという理想を強く持っていました。

五条悟が『弱い奴らに気を遣うのは疲れる』と愚痴ったことに対して、『“弱者生存”それがあるべき社会の姿さ』『呪術は非術師を守るためにある』と答えていたのが印象的でした。

夏油傑と五条悟©芥見下々・集英社

弱者を守ることこそが強者である呪術師の責務といった考え方をしていた夏油傑でしたが、星漿体・天内理子の護衛任務を経て、醜い弱者を滅ぼして呪術師だけの世界を作るという理想に目覚め、民間人112人を殺害した呪詛師になってしまいました。

©芥見下々・集英社

前日譚である0巻において、乙骨憂太との戦闘に敗れて重傷を負い、最後は親友の五条悟に殺されました

夏油傑©芥見下々・集英社

しかし、本編において何者かが脳を入れ替えることで夏油傑の体と術式を奪い、真人ら特級呪霊と共に渋谷事変を引き起こし、五条悟を獄門疆(ごくもんきょう)に封印してしまいました。

夏油傑と五条悟©芥見下々・集英社

夏油傑の術式・能力

呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)

©芥見下々・集英社

倒した呪霊を球状の黒い球にして飲み込むことで、自在に操ることができる術式。

この黒い球は、吐瀉物を処理した雑巾の味がするというから、飲み込むのも一苦労ですね・・・笑

©芥見下々・集英社

呪霊操術は、階級換算で2級以上の差があれば、降伏を省いて無条件で取り込むことができ、主従関係のある呪霊でもその主の首を挿げ替えてしまえば、主従関係を上書して自分のものとすることができるそうです。

乙骨憂太を主としてた特級過呪怨霊・折本里香を、乙骨憂太から奪って自分のものにしようと画策しましたが、返り討ちにあってしまいました。

呪霊操術 極ノ番 『うずまき』(じゅれいそうじゅつ ごくのばん うずまき)

うずまきを放つ夏油傑©芥見下々・集英社

呪霊操術の奥義となる技。

乙骨憂太との戦闘の際に使用し、夏油傑の保有する4461体の呪を一つにしてぶつける大技を放つ際に使用していました。

また、対象の呪霊から術式を抽出してわが物とすることができる。

作中で使用した呪霊

「虹龍」(こうりゅう)

「虹龍」(こうりゅう)を放つ夏油傑©芥見下々・集英社

高専時代に伏黒甚爾との戦闘で使用。当時の夏油傑の使役する呪霊の中でも最大硬度を誇る呪霊でしたが、伏黒甚爾に切り裂かれてしまいました。

「口裂け女」

夏油傑の口裂け女©芥見下々・集英社

「わたしきれい」と不気味に聞いてくる仮想怨霊。口裂け女という名称は使われていませんが、大きく口が裂けた外観や「わたしきれい」と尋ねてくるその様はまさに有名な怪談話の口裂け女です。

仮想怨霊とはその共通の畏怖のイメージが具現化した存在であるため、有名な怪談話の妖怪などは仮想怨霊となって顕現するのです。

口裂け女は「わたしきれい」という質問に回答するまで、不可侵を強制する能力でしたが、伏黒甚爾によって破られていました。

特級仮想怨霊「化身玉藻前」(とっきゅうかそうおんりょう けしんたまものまえ)

©芥見下々・集英社

乙骨憂太に対して使用した、16体しか存在しない特級の一体。

呪霊操術 極ノ番 『うずまき』と同時に使用しましたが、能力は不明。

特級特定疾病呪霊「疱瘡神」

©芥見下々・集英社

偽夏油が渋谷事変において、冥冥に対して使用した、天然痘に対する恐怖から生まれた呪霊。

領域展開を習得しており、敵を棺桶に封じ込めて、棺桶ごと墓地に埋葬。3カウントを数えて、3カウントに達すると病を患って死亡する。

冥冥を追い詰めるものの、黒鳥操術・神風(バードストライク)で貫かれて倒されました。

夏油傑のかっこいい魅力を解説

以下では、夏油傑のかっこいい魅力を解説していきます。

五条悟と並ぶほどの強さ

夏油傑と五条悟©芥見下々・集英社

夏油傑は、五条悟には及ばないものの、4人しか存在しない特級呪術師に名を連ねており、高専時代から圧倒的な強さを有していました。

五条悟からの信頼も厚く、天内理子の護衛任務の際、寝ていない五条悟を夏油傑が心配した際は、五条悟から『問題ねぇよ、オマエもいる』と声を掛けられていました。

夏油傑と五条悟©芥見下々・集英社

五条悟と夏油傑の最強コンビは本当にかっこいいです。

知性を感じさせる

単純な戦闘能力においては五条悟には及ばない夏油傑ですが、物事の理解力や戦闘におけるIQなどは、夏油傑が上回っているといっても過言ではありません。

天内理子の護衛の際は、『俺たち最強だから大丈夫でしょ』と呑気な五条悟に対して、夏油傑は『盤星教(ばんせいきょうは非術師集団、警戒すべきはやはり『Q』だ』などと、状況を分析して作戦を立てていました。

夏油傑と五条悟©芥見下々・集英社

また、天内理子のいる中学校内に呪詛師が現れた際は、『悟は礼拝堂。黒井さんは音楽室、私は正体不明2人を』と即座に指示を出していました。

夏油傑©芥見下々・集英社

高専時代の関係性でいえば、楽観的な五条悟は虎杖で、冷静な夏油傑は伏黒に近い立ち位置でした。

こういった冷静に状況を分析して、作戦を立てる知性的なところも夏油傑のかっこいいところであります。

正義感の強い男だった

夏油傑と五条悟©芥見下々・集英社

夏油傑は闇堕ちする前は、人一倍正義感の強い男でした。

“弱者生存”それがあるべき社会の姿さ』『呪術は非術師を守るためにある』など、弱きものを守るのは強き者(呪術師)の責務という意識を強くもっていました。(どこかの炎柱のような素晴らしい信念です・・・)

また、一人称で『俺』を使用する五条悟に対しては、目上の人の前では最低でも『僕』もしくは『私』にするべきだと、高校生とは思えないような礼儀正しさ、律義さを持ち合わせていました。

五条悟©芥見下々・集英社

やや堅苦しい感じの性格ですが、こういった正義感の強いとろこも夏油傑のかっこいいところでした・・・

仲間想いの優しいイケメン

©芥見下々・集英社

夏油傑は、五条悟の陰に霞んではいますが、ロン毛や仏のような難易度の高い髪形が似合うほどにかっこいいルックスをしています。

しかも、190㎝の五条悟と並んでも引けを取らない高身長イケメン・・・笑

冥冥も夏油傑のことを『五条君より君を買っていた』『ニヒルな笑顔もチャーミングだった』と語っています。

また、夏油傑が闇堕ちした要因の一つに、仲間である呪術師たちの死を憂いていたというのがあります。

七海の同級生で、夏油傑を慕っていた灰原雄の死体を前にして、『呪術師というマラソンゲーム』『その果てにあるのが仲間の屍の山だとしたら』と語り、その後間もなくして夏油傑は呪詛師となってしまいました。

また、112人の村人を皆殺しにしたのも、その村人たちが、呪力を持っていたミミナナを、牢屋に閉じ込めて迫害していたことがきっかけになっています。

©芥見下々・集英社

仲間を大切に思う優しい心の持ち主であったからこそ、醜い弱者のために仲間が傷つき、死ぬことが我慢ならなかったのです。

夏油傑のかっこいい名シーンをまとめて紹介

五条悟とのコンビがかっこいい

夏油傑と五条悟©芥見下々・集英社

五条悟と夏油傑のコンビ。二人が並んで立つ様は本当に絵になるしかっこいいです。

再び、このコンビが拝める日が来るといいですね・・・

五条悟と一触即発な夏油傑がかっこいい

五条悟と夏油傑©芥見下々/集英社

高専時代に主義の違いから、一触即発となった夏油傑と五条悟。

最強の男・五条悟にもひるまず、喧嘩を売れる同年代なんて夏油傑くらいなものです。

近接戦闘も強い夏油傑がかっこいい

夏油傑©芥見下々・集英社

呪詛師を近接戦闘で殴り倒した夏油傑。

呪霊を操って戦う夏油傑は、一見近接戦闘は不得手かと思われましたが、そんなことはありませんでした、近接戦闘においても十分な強さを有しているのです。

伏黒甚爾 (ふしぐろとうじ)にキレる夏油傑がかっこいい

©芥見下々・集英社

天内理子を目の前で銃殺し、親友である五条悟も殺したという伏黒甚爾 (ふしぐろとうじ)に、静かに怒りを露わにする夏油傑がかっこいいです。

闇堕ちした夏油傑もかっこいい

©芥見下々・集英社

闇堕ちした直後の夏油傑。非常に凄みがあり、かっこいいです。

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。