僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ】飯田天哉のかっこいい魅力を解説!地味だけど人気な理由とは?

僕のヒーローアカデミアの飯田天哉。メガネと七三ヘアが似合う真面目なルックス通り、正義感の強い真面目を絵に描いたような堅物人間

雄英高校の入学試験で初めて登場した時は、その強すぎる正義感から、高圧的な態度で、ぶつぶつとうるさい緑谷出久を注意するなど、あまり良い印象はありませんでした。

しかし、作品が進むに連れて徐々に、仲間思いで優しく素直な人間性が明らかになり、その人気は高まっていき、第6回公式人気キャラクター投票では4位に食い込むという大健闘を見せました

今回は、そんな一見地味なのに人気のある飯田天哉のかっこいい魅力を解説していきたいと思います・・・!

飯田天哉とは?

飯田天哉の誕生や身長は?

ヒーロー名インゲニウム
個性エンジン
誕生日8月22日
身長179cm
担当声優石川界人

飯田天哉の性格は真面目すぎる学級員長

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

飯田天哉は、主人公・緑谷出久の同級生で雄英高校の1年A組。名門とされる聡明(そうめい)中学校出身のエリート。

初登場時は、雄英高校の入学試験で、ぶつぶつうるさい緑谷出久を口うるさく注意していたのが印象的でした。

その後も、緑谷出久を試験の妨害のために受験しているのではないかと疑いの目をかけるなど、何だかウザい奴という印象が強かったです。緑谷出久も爆豪と並列で怖い人と認識していました。

しかし、実際のところは、ただ馬鹿真面目で、真面目すぎるがゆえに融通が利かず、頑固になりがちなだけで、根は優しい性格ということが判明していきました。

入学試験の際に、緑谷出久にキツく当たってはいましたが、すぐにその過ちを認めており、頑固でありながらも、自分の非は素直に認めて謝罪できる心の強さを持っています。この潔さは飯田天哉のかっこいいところといえます。

また、そのルックス的にも、性格的にも、ザ・学級委員長というタイプでしたが、最初は緑谷出久に投票で破れて、その学級委員長の座を譲りました。

しかし、マスコミの雄英構内への乱入で発生したパニックに鎮めた一件を経て、緑谷からの推薦で委員長になりました。

学級委員長としての責任感は非常に強く、ことあるごとに「僕は学級委員長なんだ」と言い、自分のことだけではなく、クラス全体のこと、他のクラスメイトのことも自分ごとのように考え行動しています。

飯田天哉は真面目だが天然?

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

ただ、真面目なのはいいが、若干ズレた天然っぽい一面があるのも飯田天哉の魅力です。

例えば、雄英が全寮制になって各自の部屋が与えられた際、飯田の部屋には大量のメガネが陳列されていました。

これは、「訓練で破損した時のため」の大量の予備のメガネだったのですが、まるで眼鏡屋のような光景に飯田天哉の天然っぷりが現れていました。

また、教師陣の無茶振りも、これは「鍛錬のため」「訓練の一環」なのかと好意的に解釈して納得してしまいます。

例えば、林間合宿で限界を超えて自分を追い込む激しい訓練の後、ヘトヘトになった状態で夕食の準備まで自分たちでやれという理不尽な状況でも、「災害時など避難先で消耗した人々の腹と心を満たすのも救助の一貫」「さすが雄英!無駄がない!」と好意的に解釈。

さらに「みんな!世界一美味いカレーを作ろう!」とA組全員を焚きつけるなどして、イレイザーからは「飯田便利」と言われるほどでした・・・笑

また言葉遣いや言動もちょっとずれており、林間合宿でこうたに金的を殴られた際は、飯田天哉は「なぜ緑谷くんの陰嚢を!!」とキンタマではなく、陰嚢という医学の専門用語のような言い回しを使っていました。

また、体育祭の時、母親から電話がかかってきた際、なぜか飯田天哉の体全身もバイブレーターのようにブルブルと震える、謎の反応を見せました。

とにかく、言動の端々に、天然という、斜めうえをいく反応を見せるのが飯田天哉であり、それがまた飯田天哉の魅力になっています。

飯田天哉の兄・インゲニウムとの関係は?

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

飯田天哉の家系は、親子三代ヒーローという有名なヒーロー一家。

飯田天哉は次男にあたり、兄の飯田天晴(いいだ てんせい)は、ターボヒーローインゲニウムという名前で活躍する、都内に65人ものサイドキックを抱える大人気ヒーローでした。

飯田天哉はそんな兄を強く尊敬しており、兄のような「規律を重んじ人を導く愛すべきヒーロー」を目指しているということを、誇らしく語っていました。

しかし、保須市でヒーロー殺し・ステインに襲われて重傷を負わされてしまいました。その時の怪我が原因となって二度とヒーローができない体になってしまい、事実上の引退となりました。

憎しみの感情が湧き上がった飯田天哉は、尊敬する兄の仇を打つために、単身、ヒーロー殺しに戦いを挑みました。

しかし、ステインの圧倒的な力の前に絶対絶命のピンチの陥ってしまいましたが、たまたま近くにいた緑谷出久と轟焦凍が助太刀して助かりました。

飯田天哉は。緑谷出久と轟焦凍が、駆けつけても、まだ一人で復讐することに固執していました。

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

復讐心という私心に突き動かされる飯田天哉を、本物のヒーローだけしか認めないステインは「偽物」と言い捨てました。

エンデヴァーに対する復讐に固執して「自分がなりたいもの」を見失っていた轟焦凍は、飯田天哉の気持ちを理解しつつ、『なりてぇもんちゃんとみろ!!』と鼓舞しました。

この轟焦凍の言葉に、我に返った飯田天哉は。自分一人での復讐に拘ることをやめて、緑谷出久と轟焦凍と協力して、ステインを倒しました。

飯田天哉の個性:エンジン

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

飯田天哉はふくろはぎにエンジンがついており、そのエンジンから生まれる加速や脚力を駆使して戦うのが基本スタイルです。

移動最高スピードは、A組No1で、50mを3秒で走ることができるなど圧倒的です。

また、180cm近くある体躯から繰り出される蹴り技の威力は抜群で、サポート科の発目からは「F1エンジン搭載の装甲車」と例えられるほどです。

エンジンにはエネルギーが必要で、エネルギー補給は100%オレンジジュースという可愛さです・・・笑(炭酸を補給するとエンストする模様・・・)

トルクオーバー・レシプロバースト

体育祭の時に見せた、飯田家に代々伝わる必殺技。

トルクの回転数を操作して、爆発的な加速を可能にする技で、目にも止まらぬ程の爆速での移動を可能にします。

騎馬戦において使用し、緑谷出久から鉢巻きを一瞬で奪い去りました。

体育祭では、緑谷出久への対抗心から使用したが、本来とは誤った使い方のようで、使用後は1分ほどエンジンが使用できなくなるという弱点があります。

レシプロ エクステンド

ヒーロー殺し・ステインとの戦闘時に使用。

レシプロバーストのブーストを蹴り技に転換した技。

レシプロターボ

レシプロバーストは当初、時間制限のある技でしたが、成長した飯田天哉は、その制限を克服してさらなるスピードと持続時間を手にしました。

初めて披露したのは、B組との交流戦の際で、直線でのトップスピードはグラントリノにも勝るほどでした。

レシプロターボの習得方法は、ふくろはぎのエンジンマフラーを引き抜いて、新しいマフラーを生やすという、力技でした・・・笑 (マフラーを抜く際は激痛を伴う模様・・・)

飯田天哉のかっこいい魅力とは?

以下からは、飯田天哉のかっこいい魅力をかっこいいシーンと併せて解説していきます。

なんだかんだで熱いところがかっこいい

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

飯田天哉は、その外見から真面目で堅物なガリ勉っぽいキャラに見られがちです。(ちびまる子ちゃんの学級委員丸尾くん的な・・・)

しかし、その心の底には燃え盛る炎を宿す、非常に男らしい熱い心の持ち主です。

雄英高校体育祭の騎馬戦の時は、仲の良い緑谷出久にチームに誘われたが、静かにライバル心を燃やしていた飯田天哉は、その誘いを断り、あえて緑谷出久とは敵として闘うことを選びました。

この時の、飯田天哉の行動からは、馴れ合いよりも、ライバルと競い合うことを選ぶ、熱い性格が見て取れます。

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

また、ヴィラン連合に拐われた爆豪勝己を救い出そうと動き出した、轟焦凍、緑谷出久、切島鋭児郎らを、心底心配して全力で止めようとしました。

かつて自分がヒーロー殺しに対する復讐心に駆られ。無鉄砲な行動をしたことを諫めてくれた轟焦凍と緑谷出久が、自分と同じ過ちを犯そうとしていることに心底憤っていました。

正義感が強く、熱い心の持ち主の飯田天哉だからこそ、感情的にもなって、危険な行動をする同級生を止めようとしたのです。

七三メガネというガリ勉ぽい外見だからこそ、こういった飯田天哉の熱い一面には、意外性が生まれて、より印象的に映るのです。

自分の想いを素直に表現できるところがかっこいい

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

飯田天哉は、仲間思いのやさしい性格の持ち主で、感情表現も豊かなでわかりやすいタイプです。

ツンデレっぽい爆豪勝己や、クーデレっぽい轟焦凍とは違い、わりやすく自分の思いや感情を表現します。

緑谷出久をライバルと思っていながらも、体育祭のときは、心の底から緑谷出久に対して声援を送り、また緑谷出久をすごいと思えば素直に認めて、褒めることができます。

個人的には、こういった、自分の思いを素直に表現できるところも、飯田天哉のかっこいいところだと思います。

(自分がライバル心を燃やしている相手を素直に認めて、褒めたり、相手の健闘を讃えたりすることって意外と難しいです・・・特に男子は・・・笑)

ただ、その素直すぎる性格ゆえに、体育祭では、”対等に戦いたい”というサポート科の初目明の熱い言葉に乗せられて(騙されて)、初目明の持ち込んだサポートアイテムを付けされられ、初目明の売り込みの道具に利用されてしまっていました。

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

こういった素直に人を信じて騙されちゃうところは、飯田天哉のかわいいところです・・・笑

メガネを外した顔が意外とかっこいい

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

飯田天哉は、戦闘中などに、稀にメガネが外れた姿が描かれたことがありますが、意外とかっこいいです。

この稀に見せるイケメンな感じも、飯田天哉のかっこいい魅力です。

稀に見せるからこそ、そこに希少性の原理という心理効果が生じて、より一層かっこよく見えてしまう心理もあると推察されます。

同じジャンプ漫画の呪術廻戦の最強イケメン・五条悟もたまにしか素顔を見せないからこそ、たまに見せる顔がより一層インパクトが大きく、印象に残るのです。

おわりに:天然なところがクッション材になっている

引用:©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

飯田天哉は、全体的に、真面目すぎて堅苦しいし、声も大きくて感情表現も豊かなので、基本的に暑苦しいタイプです。

でも、時折、ちょっと天然っぽい一面を見せることで、それがクッション材になって、真面目すぎる一面も、暑苦しい一面も、良い個性としてファンに受け入れられていると考えられます。

どんなキャラも、真面目一辺倒では鬱陶しですが、天然っぽい「外し」の要素を入れることで、全体として豊かな個性を持つキャラとして受け入れられるのです。

管理人
のびぃ
大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ