僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ】299話のネタバレ・考察|ホークスの過去が遂に明らかに!?

エンデヴァーの人形を抱く幼いホークス

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)299話「邦画の辛いヤツ」のネタバレ・考察やっていきます!

死柄木弔率いる超常解放戦線との死闘を経て、大きな深手を負ったヒーローたち。

298話では病院で未だ目を覚まさない緑谷出久、エンデヴァーの姿が描写されいましたが、果たしてどうなるのでしょうか・・・

前回298話のネタバレは下記からご覧ください!

ヒロアカ298話の爆豪
【ヒロアカ】298話のネタバレ・考察|緑谷出久の容態がやばい!?僕のヒーローアカデミア298話『崩れゆく音』のネタバレ・考察やっていきます! 前回297話で、タルタロスから脱獄したオールフォーワ...

ヒロアカ299話のネタバレ

明かされるホークスの過去

「ヒーローがいるのはテレビの向こう側」「アニメと変わらない架空の存在だと思ってた」とホークスのモノローグ。

場面は、ボロボロのトタンの小屋。『啓悟ォ』と叫ぶ声とともに、バキッと殴る音が響く。

ホークスの過去©堀越耕平・集英社

『街に何しに行った!?』『バレんと思ったか小賢しい!!』『何しに行った!?あ!?俺を売りに行ったのか!?誰に売った!?』と幼いホークスに暴力をふるい責め立てる父親。

『羽が・・・ビリビリして・・・街で何かあったと思って・・・でもおさまったから途中で帰ったんだ、誰にも見られとらん』と幼いホークス。

『嘘をつくな人と関わるな!!』『家を出るな何もするな!!』と怒鳴りたてる父親。

素知らぬ顔で母親が『テレビつかん』と話しに入る。

ホークスの父親と母親©堀越耕平・集英社

「父は昔端金欲しさに人を殺したそうだ」「その逃走中に母が父を匿いそのまま俺が産まれた」とホークスのモノローグ。

『どけ!!』『背中を向けるな!言っただろうが!何度目だ!』と幼いホークスを蹴り飛ばす父親。

父親は日常的にホークスに暴力を振るっていたようです。

『遠見絵の”個性”に頼ったんだいかんかった・・・』『いや違う遠見絵がこいつを産まなきゃ』『こいつが産まれなけりゃ・・・!』『俺はまだ自由だった!』と恨み節をホークスにぶつける父親。

そんな父親に『ねぇ逃げないでね』とすがるように問いかける母親。

「父も母もぶっ壊れていた」「こうはならないとじっと耐えていた」とホークスのモノローグ。

ホークスの父親と母親©堀越耕平・集英社

そんなある日ホークスが家に戻ると、『あの人捕まっちゃったって・・・』『どうしよう啓悟・・・車盗んで逃げて・・・それで・・・捕まっちゃったって』『・・・・エンデヴァーに』と力なく語る母親。

幼いホークスと母親©堀越耕平・集英社

「瞬間」「架空は現実に」「ヒーローは実在した!」と衝撃を受けた様子のホークス。

エンデヴァーの人形©堀越耕平・集英社

母親は、父親を匿っていた罰を恐れて、すぐに幼いホークスを連れて家を出ました。

しかし、生活能力が皆無の母親は路上に座り込み『なんでもいいからお金を持ってきて』『あの人の子でしょ何のために産まれてきたの』『何のためにその羽が付いているの』と幼いホークスを責めるありさま。

幼いホークスと母親©堀越耕平・集英社

そんな母親を見つめながら幼いホークスは、エンデヴぁーの人形を抱きかかえながら、母親に『ケーサツに行こう』と促すなど「正しくあろうと」していました。

場面は移り、公安ものと思わしき黒づくめの男二人が、母親と幼いホークスの前に立ち、『今後ご家族ごとこちらで全面支援させていただきます』と語りました。

『ご家族・・・!?他にいるように見えますか・・!?』と母親。

『えぇですから全面支援とは』『「鷹見」との関わりを一切抹消し新たな人生を歩んでいただくものでございますと』と語る黒づくめの男。

©堀越耕平・集英社

ここよりホークスはその能力を買われて公安に身を置くことになったのです。

ベストジーニストの車でどこかに向かうホークス

場面は変わり、ベストジーニストの運転する車内。

『ホークス!!』というベストジーニストの問いかけで目を覚ましたホークス。

ホークスとベストジーニスト©堀越耕平・集英社

『もうじき着くぞ』と声をかけるベストジーニストに対し、『すんません俺だけ快眠して』とホークス。

『全くだ』『セントラルの医療技術がなければおまえはまだ死の淵を彷徨っていたし』

『脳無から着想を得た仮死状態にする手術など!私は受けなかった!』『おかげで今も身体はボロボロ』『ダメージデニムのようにな!!』とベストジーニスト。

ベストジーニスト©堀越耕平・集英社

『すんません下手な細工じゃごまかせないと進言したのは俺です』『脳無をつくれる奴が裏に潜んでたんで』

『手術は成功!仮死状態の貴方を荼毘に届けた』『奴は遺体鑑定を求めてきましたが本物ですから何事もなくパス』『荼毘は貴方の死を信じ込みそして・・・』

『遺体の共有保管を提案してきた』『効果的な場面で使うべきだと・・・』『こうして貴方の身体は奴らの息のかかった施設で保存された・・・』『まぁこちらの効果的な時期でこっそり蘇生させましたけどね』と、荼毘を信用させるためにベストジーニスト殺害を装った偽装工作の裏側を語りました。

©堀越耕平・集英社

するとベストジーニストが『ほつれ(トラブル)が見えた』と車を急旋回。

路上では『変革の時だ!!これからは食神BOYが商店街を管理するぜぇ~』と暴れるヴィランの姿。

車に乗ったまま、食神BOYに迫り、車が飛び出した繊維によってヴィランを瞬時に捕縛してしまいました。

ヴィランを捕縛するベストジーニスト©堀越耕平・集英社

ヴィランを捕縛したベストジーニストは『警察と管轄のヒーローは?』と周囲の人間に尋ねましたが、『警察は脱獄の一件で手一杯』『ヒーローは批判の的にされるや否や事務所を畳んでトンズラこいちまった』と嘆き節が返ってきました。

「ここもか」と感じ取ったベストジーニストは『では私のサイドキックを配置しよう』と提案。

その提案に、喜びの顔を見せる住人もいれば、怪訝そうな表情を見せる住人が入り乱れていました。

©堀越耕平・集英社

ヒーローに対する不信感の高まりが感じられる一面でした。

ホークスの母親の住む家にて

ホークスの母親の住む家に着いた、ホークスとベストジーニスト。

『回復して表に出る前に確認しなきゃいけない』とホークス。

「羽飼」と書かれた表札の家。(ホークスの母親の性と考えられます。)

スッカラカンになった家の中には、荼毘の使いが来てホークスと父親のことを話してしまったことを謝罪し、家を出たことを告げた母親からの手紙がありました。

ホークスの母親の家に着いたホークスとベストジーニスト©堀越耕平・集英社

『・・・やっぱ漏れるとしたら母さんだよなぁ・・』とため息交じりに語るホークス。

『それは・・・キツイな・・・』とベストジーニスト。

『いえ、「鷹見」の抹消は俺と母の関係が消えるということです』『それでいいと思ったんです救うのじゃなく見限った』『人を助けたいって奴がですよ』『それが返ってきただけ』『むしろスッキリすわ』と、かつて自分が母親を見限った罪が巡り巡って返ってきたと自嘲気味に語るホークス。

ホークス©堀越耕平・集英社

『・・・公安は現在実質機能停止』『俺に支持を出す人がもういない』『縛るもんがなくなった』とホークス。

そして、再びホークスの幼少期。

外に出たいとうるさい幼いホークスを黙らせるため、ホークスを外に連れ出した母親。

その道中ホークスの母親は『こっちでいいでしょ』『オールマイトは高いし』とセールで安くなっていたエンデヴァーの人形を幼いホークスに買ってあげました。

幼いホークスと母親©堀越耕平・集英社

そして『あんたも』『この人みたいに強くなんな』と声をかけました。

再び、もぬけのからになったホークスの母親宅。

『ジーニストさん』『追い詰められたとき自由を得た時って人の性が表れますよね』と語るホークス。

『だから分倍河原は良い奴でした』『人の役に立とうと必死だった』『俺もそうありたい』と続けるホークス。

ホークスとベストジーニスト©堀越耕平・集英社

自らの羽を使い自動車事故で人命を救助し、母親に買ってもらったエンデヴァー人形を大事そうに抱きかかえる幼いホークスの姿が描かれます。

©堀越耕平・集英社

『荼毘の語った轟家の話が本当だとしても・・・』『きっと今は違う』

『片付けなきゃいけないことが死ぬほどあります』『まずは俺の原点から・・・』『エンデヴァーさんが困ってる』と力強く語るホークスの姿。

ホークス©堀越耕平・集英社

299話はここで終了です・・!

次回300話のネタバレは下記からご覧ください!

【ヒロアカ】300話のネタバレ・考察|エンデヴァーの心が折れた!?僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)300話『地獄の轟くん家2』のネタバレ・考察やっていきます! 前回299話では、ホークスが母親の...

ヒロアカ299話の考察

荼毘によって、エンデヴァーが家族に対して働いた非道、さらにその荼毘がエンデヴァー家の長男・轟燈矢(とうや)ということが一般に知れ渡る事態となり、その信用が大きく失墜したエンデヴァー。

それだけではなく、死んだと思っていた長子・轟燈矢(とうや)が、生きていてヴィラン連合の一員になっていたという事実に完全に茫然自失となっていました。

現在は、病院で眠っている状態でしたが、たとえ目が覚めたとしてもしばらくは戦闘ができる精神状態ではないでしょう。

さらに、世間からの厳しいバッシングを浴びせられることは間違いなく、それがさらに変わろうとしていたエンデヴァーの心に大きな影を落とすことは間違いありません。

公安にいて諜報活動に長けていたホークスであれば、エンデヴァーの失った信頼や、折れた心を立ちなおせる、戦術・策略を編み出してくれることでしょう。

ホークスがいかにしてエンデヴァー復活の算段を立てるのか、今後の展開から目が離せませんね・・・!

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。