僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ】295話のネタバレ・考察|掃討作戦ついに決着!?

ヒロアカ295話

僕のヒーローアカデミア295話『しつこい』のネタバレ・考察やっていきます!

前回294話で、自らの身体を抉りとることでベストジーニストの捕縛から脱出して、圧縮の能力でスピナーと死柄木を奪還したミスターコンプレックス。

スピナーに5秒稼ぐからそのうちに死柄木を目覚めさせろと言ったミスターコンプレックス。見事に奪還を果たし、あとはスピナーが死柄木を目覚めさせることができるのか・・・

前回294話のネタバレは下記からご覧ください!

ミスターコンプレックス
【ヒロアカ】294話のネタバレ・考察|ミスターコンプレックスの過去とは?僕のヒーローアカデミア294話『ラストステージ』のネタバレ・考察やっていきます! 前回293話のラストで遂に切島が投げ込んだ麻酔が...

ヒロアカ295話のネタバレ

緑谷が「危機感知」の個性を使用

「起きて」という呼び声にはっと目を覚ます緑谷出久。

荼毘の熱風に押されて落下し、気を失っていた模様。

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

荼毘と抗戦中だった轟の身を案じる緑谷出久ですが、轟の生存を確認し一安心したところで、頭を刺すような感覚に襲われました。

それは4代目の個性「危機感知」によるものでした。

まだ習得訓練をしていない個性が、黒鞭の時のように溢れ出てしまったことで、頭に大きな負荷がかかり、緑谷出久は意識を失いそうになっていました。

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

ミスターコンプレックスの脱出ショウ

『一世一代・・・脱出ショウの開演だ!!』と抉れた脇腹から血をまき散らして走るミスターコンプレックス。

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

ミスターコンプレックスの狙いは、わずか数秒の時間稼ぎでした。スピナーが何とかして死柄木を目覚めさせるための。ある意味最後の仕上げまでは他人と運任せの状態でした。

一番死柄木を慕っていたスピナーに賭けたのです。

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

すかさずルミリオンがミスターコンプレックスを吹き飛ばし、後方のスピナーと死柄木を狙います。

死柄木を目覚めさせようとしていたスピナーは、「皆を身に着けると・・・不思議なんだ」「胸がムカムカして吐きそうなのに心がどこか落ち着くんだ」と語っていた死柄木を思い出し、死柄木がよく顔に着けていた「手」を再び、意識が混濁していた死柄木の顔に着けました。

「ただ思いだしてくれたらと・・・」

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

すると『ドッ』という地鳴りが当たり一面に響きわたり、ルミリオン、ベストジーニストらは吹き飛ばされてしまいました。

そして『本当に・・良い仲間を持った・・・』『心とは力だ彼の心が原点を強く抱けば抱くほど』『共生する僕の意識も強くなる』『憎しみを絶やすな弔』と、死柄木の中に共生するオールフォーワンが語り始めました。

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

すると脳無が一斉に退却を始めました。

『電波をうまく扱えば脳無たちに具体的な信号を送ることも可能だ』『孵化したての弔にはまだ難しいだろうね』とオールフォーワン。

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

退却を始めたのを見てスピナーが『死柄木待てコンプレックスが!マキアはどうする!?それにトガも・・・』と呼びかけます。

『いいんだ伊口くん』『弔は負けたワンフォーオールとエンデヴァーに』と死柄木(オールフォーワン)。

そして『その代償は潔く差し出そう』『全ては僕のために』と脳無を連れて退散する死柄木(オールフォーワン)。

逃げるヴィラン連合の食らいつくヒーローたち。

手足が動かないので、口から黒鞭を出して追いすがる緑谷出久。

『この体が仕上がったらまた会おう出来損ないの緑谷出久』と死柄木(オールフォーワン)。

『お前は黙ってろ・・・!オールフォーワン!!』と緑谷出久。

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

『また会おう』と追いすがる緑谷出久を弾き飛ばした死柄木(オールフォーワン)。

「大勢殺した・・・!」「皆を傷つけた」「許せるハズがない許せないけれど」「あの時・・・オールフォーワンに飲まれたおまえが」「あの時のおまえが」「おまえの顔が」

ヒロアカ295話©堀越耕平・集英社

「救けを求めたように見えた」という緑谷出久のモノローグで、295話終了です。

次回296話のネタバレは下記からご覧ください!

296話の麗日お茶子
【ヒロアカ】296話のネタバレ・考察|ミッドナイトが死亡・・!?僕のヒーローアカデミア296話『極々、地獄』のネタバレ・考察やっていきます! 前回295話で、死柄木の体に共生するオールフォーワン...

<ヒロアカ295話の考察

死柄木のオリジン

死柄木がいつも着けていた家族たちの亡骸の手。

その手を付けたことで、死柄木が原点を強く抱き、そのことで死柄木の中で共生していたオールフォーワンがより強く表れる形になりました。

ヒロアカにおいて原点を思い出すことは、パワーアップイベントです。いわゆるオリジンというやつですね。

オールマイトが神野区でオールフォーワンを倒した際も、自分の原点となるオリジンを呼び起こしたことで、限界を超えた力を発揮してオールフォーワンを倒しました。

今回は、そのオリジンの力が、ヴィラン側である死柄木において発揮されました。

死柄木にとっては、父や母を殺した忌まわしき過去こそが原点であり、そしてその亡骸である手はまさにその原点を呼び起こさせるものでした。

死柄木が仲間になる可能性が浮上?

最後に、緑谷出久が「お前の顔が」「救けを求めたように見えた」と語りました。

これは、中学時代にヘドロヴィランに捕まった爆豪を救出に走った時に口にした言葉と同じであり、緑谷出久が死柄木を救出の対象として見てしまったことの現れです。

ヴィラン連合は悪でありながらも、それぞれの葛藤や過去も描かれており、純粋な悪とも言い難いです。

その中において、現状、徹頭徹尾、言い訳の余地のない悪がオールフォーワンです。

最終的には、死柄木とも共闘してオールフォーワンを倒すという結末も考えられます。

ヴィラン側に荼毘・轟燈矢がいます。轟家が完全に和解し、エンデヴァー・ショート・荼毘の共闘も描かれるかもしれません。

ただ、轟家の問題は相当に根深いので、これを簡単に解消してしまっては読者も納得しないでしょう・・・

また、緑谷出久が誰かれ構わずヴィランですら助けようするのはどうなのでしょうか・・・正直その行動にはあまり共感ができないので、敵は敵として最後まで攻撃対象として捉えていて欲しいなと個人的には思います・・・

管理人
のびぃ
早稲田大学卒。大学時代、新世紀エヴァンゲリオン・攻殻機動隊・風の谷のナウシカを身体論的に論じた論文とか書いたり、アニメをテーマにした授業を喜んで履修してました。 ハード過ぎる職場でメンタル病んだのをキッカケに心理学にのめり込む。元来のアニメ好きが高じて、アニメを通して人生に役立つ心理学を学ぶアニメンタリズム運営しています!アニメキャラ考察を楽しみつつ、心理学の智識も学べる一石二鳥系のメディア。
\ Follow me /
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。